アプリの注文の管理、払い戻しの手続き

Play Console のウェブサイトまたはアプリでは、アプリの注文を確認できるほか、ユーザーが購入したアイテムの払い戻し、定期購入の解約の管理を行えます。

Google Play の払い戻しポリシーは Google Play ヘルプセンターで参照できますが、払い戻しに関する独自のポリシーを設定しておく必要があります。また、払い戻しや解約に関して購入者から販売者に直接問い合わせられるようにしてください。払い戻しを行う際は、貴社のポリシーに沿って対応してください。

: ユーザーとして購入したアイテムの払い戻しを確認する方法については、Google Play ヘルプセンターをご覧ください。

アクセスと権限

アカウントの所有者は、Play Console の販売者向け機能にアクセスできます。

それ以外のチームメンバーがこれらの機能にアクセスするには、次の権限のいずれかまたは両方をアカウントの所有者から付与してもらう必要があります。

  • 売上データの表示: この権限が [グローバル] に設定されている場合、ユーザーは売上レポートと販売レポートを表示できます。
  • 注文の管理: 1 つのアプリに対する「アプリ情報の表示」権限と、[グローバル] に設定された「注文の管理」権限を持つユーザーは、この特定のアプリの注文のみを管理できます。

注: Play Console の権限は Google お支払いセンター内で管理される権限とは異なります。

注文の検索

Play Console ウェブサイトを使用する
  1. Play Console にログインします。
  2. 左側で [注文管理] を選択します。Order management
  3. 注文検索ボックスにオーダー ID またはユーザーの完全なメールアドレスを入力し、注文を検索します。
Play Console アプリを使用する
  1. Play Console アプリ Console アプリ を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. [最新の注文] カードまで下にスクロールし、[注文の管理] をタップします。
  4. 注文をタップすると、商品の詳細、費用、税金と手数料、注文履歴が表示されます。注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。

注文ステータス

[注文管理] ページに、各注文のステータスが表示されます。ステータスの意味は次のとおりです。

ステータス 説明
請求可能 注文の処理中です。
キャンセル済み 注文の処理中にユーザーによってまたは支払いに関して問題が発生したため、支払いがキャンセルされました。
請求済み 支払いが正常に請求されました。
一部払い戻し済み 支払いの一部払い戻しが行われました。
お支払いの不承認 ユーザーのお支払い方法が不承認となりました。
払い戻し済み 支払いの全額払い戻しが行われました。

払い戻しや解約を行う注文の種類を選択する

ユーザーが購入したアイテムに対し全額払い戻しまたは一部払い戻しを行うことができます。

アプリ内購入と有料アプリの払い戻し

Play Console ウェブサイトを使って全額払い戻しを行う

  1. Play Console にログインします。
  2. 左側のメニューで、注文管理アイコン Order management を選択します。
  3. 払い戻し対象の注文を選択します。
    • 注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
    • 一度に複数の注文の払い戻しを行う場合は、同一ユーザーからの注文のみを選択してください。
  4. [払い戻し] をクリックします。
  5. 該当する払い戻し理由を選択します。
  6. [送信] をクリックします。
    • [送信] ボタンを選択できない場合、その注文はすでに払い戻し済みです。

Play Console アプリを使って全額払い戻しを行う

  1. Play Console アプリ Console アプリ を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. [最新の注文] カードまで下にスクロールし、[注文の管理] をタップします。
  4. 払い戻しを行う注文を選択します。注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
  5. 価格の下の [払い戻し] をタップします。
  6. 該当する払い戻し理由を選択します。
  7. [払い戻し] をタップします。
    • [払い戻し] ボタンを選択できない場合、その注文はすでに払い戻し済みです。

Play Console ウェブサイトを使用して一部払い戻しを行う

アプリ内購入の一部払い戻しを行う場合は、Play Console ウェブサイトをご使用ください。

: 有料アプリの一部払い戻しは行えません。一部払い戻しを行えるのは、2018 年 3 月以降の注文のみです。

一部払い戻しを行う場合、払い戻し率は販売者へのお支払い分と取引手数料にも適用されます。たとえば、注文の 50% の一部払い戻しを行う場合、販売者へのお支払いの 50% と Google への取引手数料の 50% がユーザーに払い戻されます。

一部払い戻しを行うには:

  1. Play Console にログインします。
  2. 左側のメニューで、注文管理アイコン Order management を選択します。
  3. 払い戻し対象の注文を選択します。
    • 注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
    • 一度に複数の注文の払い戻しを行う場合は、同一ユーザーからの注文のみを選択してください。
  4. [払い戻し] をクリックします。
  5. [部分的な払い戻し] の横のスイッチを青色になるまでクリックします。
  6. 払い戻し率(100% より小さい値)または課税前の金額(注文の合計より小さい額)を入力します。
    • 課税後の払い戻し額が自動的に生成されます。
  7. 該当する払い戻し理由を選択します。
  8. [送信] をクリックします。
    • [送信] ボタンを選択できない場合、その注文はすでに払い戻し済みです。
    • 同一の注文に対し一部払い戻しを複数回行うことは可能ですが、注文の合計以上の額を払い戻すことはできません。
定期購入の解約

定期購入を解約すると、次回からの請求が停止され、現在の請求対象期間が終了するまで定期購入が継続されます。

重要: 定期購入を解約しても払い戻しは行われません。

Play Console ウェブサイトを使用する

  1. Play Console にログインします。
  2. 左側のメニューで、注文管理アイコン Order management を選択します。
  3. キャンセルする注文を選択します。注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
  4. [定期購入を解約] を選択します。

Play Console アプリを使用する

  1. Play Console アプリ Console アプリ を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. [最新の注文] カードまで下にスクロールし、[注文の管理] をタップします。
  4. キャンセルする注文を選択します。注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
  5. 価格で、[定期購入を解約] > [定期購入を解約] をタップします。
定期購入の払い戻し(払い戻しと取り消しを含む)

ユーザーが行った定期購入に対し全額払い戻しまたは一部払い戻しを行うことができます。

Play Console ウェブサイトを使って全額払い戻しを行う

  1. Play Console にログインします。
  2. 左側のメニューで、注文管理アイコン Order management を選択します。
  3. 解約または払い戻しを行う定期購入を選択します。注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
    • 払い戻しと取り消し: 定期購入に含まれている最新の注文の払い戻しを行う場合、注文の払い戻しとユーザーの定期購入の削除が直ちに行われます。また、以降の定期購入が自動的に解約されます。Google Play Developer API でもこの操作を行えます。
    • 払い戻しのみ: 定期購入に含まれている以前の注文の払い戻しを行う場合、その注文の払い戻しは行われますが、定期購入については引き続き有効となります。Google Play Developer API でもこの操作を行えます。
  4. 該当する払い戻し理由を選択します。
  5. [送信] を選択します。

Play Console アプリを使って全額払い戻しを行う

  1. Play Console アプリ Console アプリ を開きます。
  2. アプリを選択します。
  3. [最新の注文] カードまで下にスクロールし、[注文の管理] をタップします。
  4. キャンセルする注文を選択します。注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
  5. 価格の下の [払い戻し] をタップします。
  6. 該当する払い戻し理由を選択します。
    • 払い戻しと取り消し: 定期購入に含まれている最新の注文の払い戻しを行う場合、注文の払い戻しとユーザーの定期購入の削除が直ちに行われます。また、以降の定期購入が自動的に解約されます。Google Play Developer API でもこの操作を行えます。
    • 払い戻しのみ: 定期購入に含まれている以前の注文の払い戻しを行う場合、その注文の払い戻しは行われますが、定期購入については引き続き有効となります。Google Play Developer API でもこの操作を行えます。

  7. [払い戻し] をタップします。

Play Console ウェブサイトを使用して一部払い戻しを行う

定期購入の一部払い戻しを行う場合は、Play Console ウェブサイトをご使用ください。

: 有料アプリの一部払い戻しは行えません。一部払い戻しを行えるのは、2018 年 3 月以降の注文のみです。

一部払い戻しを行う場合、払い戻し率は販売者へのお支払い分と取引手数料にも適用されます。たとえば、注文の 50% の一部払い戻しを行う場合、販売者へのお支払いの 50% と Google への取引手数料の 50% がユーザーに払い戻されます。

一部払い戻しを行うには:

  1. Play Console にログインします。
  2. 左側のメニューで、注文管理アイコン Order management を選択します。
  3. 払い戻し対象の注文を選択します。
    • 注文の検索では、オーダー ID やユーザーの完全なメールアドレスを検索条件に指定できます。
    • 一度に複数の注文の払い戻しを行う場合は、同一ユーザーからの注文のみを選択してください。
  4. [払い戻し] をクリックします。
  5. [部分的な払い戻し] の横のスイッチを青色になるまでクリックします。
  6. 払い戻し率(100% より小さい値)または課税前の金額(注文の合計より小さい額)を入力します。
    • 課税後の払い戻し額が自動的に生成されます。
  7. 該当する払い戻し理由を選択します。
  8. [送信] をクリックします。
    • [送信] ボタンを選択できない場合、その注文はすでに払い戻し済みです。
    • 同一の注文に対し一部払い戻しを複数回行うことはできますが、注文の合計以上の額を払い戻すことはできません。

払い戻し手続きや定期購入の解約を行った後

  • 払い戻しを行った後にその払い戻しを取り消すことはできません。
  • 取引手数料は販売者に払い戻されます。払い戻された手数料は次の収益レポートで確認できます。
  • Google からのお支払い処理の前に注文の払い戻しをした場合は、その払い戻し分は次回のお支払いに含まれません。Google からのお支払い処理後に注文の払い戻しをした場合は、以降のお支払いから払い戻し額が差し引かれます。
  • 払い戻しを行った結果、アカウントの残高がマイナスになり、その状態が 48 時間以上継続した場合は、利用規約に従い、通常はお支払いの受け取りに使用する銀行口座からの引き落としで残高の回収が行われます。銀行口座から引き落とされる金額は、引き落とし日時点のマイナス残高と同額です。

定期購入の解約

  • 解約した定期購入については今後の請求が停止します。
  • [注文の詳細] ページに [解約] の注文ステータスが表示されます。
  • 解約した定期購入を再開することはできません。
  • Google Payments から購入者宛てに定期購入が解約されたことを通知するメールが送信されます。

注文の払い戻し理由

心当たりのない払い戻し済みの注文が表示されている場合は、Google による払い戻しである可能性があります。この払い戻しはユーザーへの特別払い戻しまたは法律に従って行われたもので、デベロッパー販売 / 配布契約に沿って表示されています。

次に、払い戻しが可能な場合の例を示します。

  • ユーザーが有料アプリを返品する: 有料アプリの購入から 2 時間以内であれば、ユーザーは全額払い戻しを受けることができます。同じアプリで返品を行える回数は 1 回のみです。同じアプリを再度購入しても、2 回目以降の返品はできません。
  • ユーザーが払い戻しをリクエストする: ユーザーは Google Play で払い戻しをリクエストできます。
  • 不正購入または意図しない購入: サポートチームは、誤って行われた購入やユーザーの同意なく行われた購入に対し払い戻しを行うことがあります。

アカウントの審査

安全なショッピング環境を提供し、利用規約が遵守されているかを確認するため、Google の担当者が定期的に支払いプロフィールを審査します。この審査中は、一時的にアカウントからの払い戻し手続きを行うことができなくなります。

この理由により通常の払い戻しができなくなることはまれであり、審査を受けることは異常な事態ではありません。払い戻し手続きが最初は承認されなかった場合も、その 24 時間後にアカウントから再び払い戻し手続きを行えるようになります。

払い戻しや定期購入の解約ができない

ブロックされているために払い戻しや定期購入の解約を行えないというメッセージが表示されるのは、デベロッパー アカウントの上限に達しているためです。

アカウントで払い戻しや解約の上限に達した場合、Play Console アカウントの所有者に Google からメールが届きます。

この制限が解除されるまでの時間は Play Console で確認できますが、その前に払い戻しや定期購入の解約を行う必要がある場合は、アカウント所有者からサポートチームに問い合わせることができます。

一部払い戻しを行えません

一部払い戻しを行えない場合は、次のような理由が考えられます。

  • 一部払い戻しは、アプリ内購入と定期購入でのみ可能です。有料アプリでは一部払い戻しを行えません。
  • お支払い方法によっては、一部払い戻しに対応していません。
  • Google で購読の注文については払い戻しを行えません。
  • 2018 年 3 月以前の注文については一部払い戻しを行えません。

関連コンテンツ

銀行口座情報の更新方法、販売者 ID の検索方法、税率の設定方法などについて詳しくは、販売者向けのガイドラインをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。