画像および映像、スクリーンショット、動画

Google Play でアプリの機能を紹介するスクリーンショットや動画をアプリの [ストアの掲載情報] ページに追加すると、新しいユーザーにアプリをアピールできます。

画像および映像、スクリーンショット、動画は、Google Play だけでなく Google の他のサービスでも、アプリの紹介や宣伝に使用されます。

  • ストアの掲載情報に画像および映像を追加すると、すべてのテスト版トラックでストアの掲載情報に表示されます。
  • Google が所有するサービスにおけるアプリのプロモーションを制限するには、アプリの [価格と配布] ページで [マーケティングの除外] チェックボックスをオンにします。

アプリの画像および映像は、Play Console で以下の手順で管理できます。

  1. Play Console にログインします。
  2. すべてのアプリ」アイコン すべてのアプリ をクリックします。
  3. アプリを選択します。
  4. 左側のメニューで、[ストアでの表示] > [ストアの掲載情報] をクリックします。
  5. [画像および映像] で、画像のアップロードや YouTube 動画の追加を行えます。

画像および映像にはそれぞれ異なる要件があります。Google Play ストアの掲載情報に画像や映像を追加するにあたっては、下記の内容をご確認のうえ、注意事項を把握しておいてください。

スクリーンショット

スマートフォン、タブレット(7 インチおよび 10 インチ)、Android TV、Wear OS by Google など、対応しているデバイスの種類ごとに、最大 8 枚のスクリーンショットを追加できます。デバイスごとにスクリーンショットをアップロードするには、[スクリーンショット] で各デバイスのタブをクリックします。

  • タブレット: アプリを Google Play の [タブレット向けに設計] セクションの対象にしたい場合は、タブレットのスクリーンショットを追加する必要があります。タブレット向けにストアの掲載情報を最適化するには、タブレット アプリの品質チェックリストをご確認ください。
  • Wear OS by Google: Wear OS by Google デバイスにアプリを配布する場合、アプリの「Wear OS by Google」タブに少なくとも 1 枚のスクリーンショットを追加する必要があります。Wear OS のスクリーンショットを追加する際のおすすめの方法は次のとおりです。
    • 丸型のデバイスと角型のデバイス向けのスクリーンショットをアップロードします。スクリーンショットを選ぶときは、多くの Wear OS by Google デバイスが丸い形状をしている点を考慮してください。
    • 1 つの画像ファイルに複数のスクリーンショットを含める場合、各画像ファイルのスクリーンショットは 2 枚までにします。
    • Wear では Play ストアの背景は暗いため、背景が透明なスクリーンショットを追加することをおすすめします。

  • Android TV: アプリを Android TV デバイスに販売または配布する場合は、アプリを公開する前に、アプリの [テレビ] タブに 1 枚以上のスクリーンショットを追加する必要があります。
    • Android TV のバナー画像も必須です。
    • テレビのスクリーンショットは Android TV デバイスでのみ表示されます。

要件

ストアの掲載情報を公開するには、2 枚以上のスクリーンショットを用意する必要があります。

  • JPEG または 24 ビット PNG(アルファなし)
  • 最小サイズ: 320 ピクセル
  • 最大サイズ: 3840 ピクセル
  • スクリーンショットの最大サイズを最小サイズの 2 倍以上にすることはできません。

Play ストアの一部のセクションには、おすすめのゲームのグループがスクリーンショットとともに表示されます。ゲームをこのセクションの対象とするには、3 枚以上の横向きスクリーンショットが必要になります。

  • アスペクト比 16:9(横向き)

表示される場所

アップロードされたスクリーンショットは、Google Play のウェブサイトと Android アプリのアプリ詳細ページに表示されます。

: 動画が利用可能であれば、Google Play の先頭のサムネイルには動画が表示されます。その後はユーザーが閲覧しているデバイスに適した順に、左から右へスクリーンショットが表示されます。Google Play ウェブストア(play.google.com)では、スマートフォンよりもタブレットのスクリーンショットが優先して表示されます。

高解像度アイコン

ストアの掲載情報を公開するには、高解像度のアイコンが必須です。高解像度のアイコンはアプリのランチャー アイコンの代わりにはなりませんが、以下のデザイン ガイドラインに準拠してアプリのランチャー アイコンを高精細、高解像度にしたものを使用してください。

要件

  • 32 ビット PNG(アルファ付き)
  • サイズ: 512 ピクセル x 512 ピクセル
  • ファイルの最大サイズ: 1024 KB

表示される場所

高解像度アイコンは、Google Play 上のさまざまな場所で使われます。

ヘッダー画像

公開したアプリが Google Play で注目のアイテムとして取り上げられるようにするためには、ヘッダー画像が必要になります。ヘッダー画像は、アプリを効果的にアピールして、新しいユーザーを引き付けるためのツールです。

重要: アプリのストアの掲載情報ページにヘッダー画像を表示するには、プロモーション動画を追加する必要があります。

要件

  • JPEG または 24 ビット PNG(アルファなし)
  • サイズ: 1024 ピクセル x 500 ピクセル

表示される場所

ヘッダー画像は、アプリのストアの掲載情報でスクリーンショットの前に表示されます。プロモーション動画を追加している場合、再生ボタンはヘッダー画像にオーバーレイし、ユーザーがプロモーション動画を再生できるようになります。

ヒント

  • アセットの枠線の近く、特にフレームの下部 3 分の 1 の範囲近くには広告文や重要なビジュアル情報を含めないでください。
  • テキストを追加する場合は、大きいサイズのフォントを使用してください。
  • 画像はアプリアイコンとは別に単独で表示されることがあります。
プロモーション画像

古いバージョンの Android OS(4.0 より前)でのプロモーションに使用します。この画像がなくても、ストアの掲載情報の更新を送信することは可能です。

要件

  • JPEG または 24 ビット PNG(アルファなし)
  • サイズ: 180 ピクセル x 120 ピクセル
テレビバナー

Android TV 対応アプリを公開するにはバナーアセットが必須です。バナーアセットは、Android TV に表示されるアプリのアイコンのようなものです。作成の際はその点を念頭に置いてください。

: アプリのバナーアセットは、Android TV デバイスにのみ表示されます。

要件

  • JPEG または 24 ビット PNG(アルファなし)
  • サイズ: 1280 ピクセル x 720 ピクセル
360 度立体画像

Daydream 対応のアプリを公開するには、[ストアの掲載情報] ページに 360 度立体画像を追加する必要があります。

360 度立体画像は、Daydream デバイスの Play ストア内に掲載されるアプリの背景画像として使用できるように作成してください。

要件

  • JPEG または 24 ビット PNG(アルファなし)
  • サイズ: 4096 ピクセル x 4096 ピクセル
  • 360 度立体
  • ファイルの最大サイズ: 15 MB

プロモーション動画

[プロモーション動画] に YouTube URL を入力すると、プロモーション動画をストアの掲載情報に追加できます。プロモーション動画は必須ではありませんが、アプリの特色を楽しく魅力的に伝えることができるため、ユーザーを効果的に引き付けられる方法として強くおすすめします。

注意事項

プロモーション動画を追加する際に特に留意すべき点は以下のとおりです。

  • 動画の収益化を無効にしてください。Google Play をブラウジングするユーザーに対しては、第三者の広告ではなく、デベロッパー自身のアプリが表示されるようにする必要があります。
  • 動画の YouTube URL を使用してください。YouTube の再生リストやチャンネルの URL は使用しないでください。
  • 年齢制限のある動画は使用しないでください。
  • 動画の短縮リンクではなく YouTube 動画の完全なリンクを使用してください。
    • 使用可: https://www.youtube.com/watch?v=yourvideoid
    • 使用不可: https://youtu.be/yourvideoid
  • Google Play には、おすすめのゲームを集めて動画を表示するセクションがあります。こうしたセクションにゲームが表示されるようにするには、横向きの動画を用意してください。

Play ストアで収益化している動画

ストアの掲載情報に動画が含まれている場合、その動画を引き続き Google Play で表示できるようにするには、2019 年 11 月 1 日までに広告を無効にする必要があります。これは、2019 年 9 月より Google Play において、コンテンツをユーザーが見つけやすくなるようストア掲載情報の動画が自動再生されるようになるためです。そうした動画が収益化されていると(つまり、YouTube での収益化が有効になっていたり、著作権で保護されたコンテンツが含まれていて収益化の対象になっていたりすると)、広告が表示されることでユーザーの混乱を招くおそれがあります。

動画を有効な状態にしておくには、次の操作のいずれかが必要となります。

  • 動画の収益化を無効にする
  • 収益化の対象となっていない別の動画をアップロードし、Google Play Console で動画の URL を更新する

著作権で保護されたコンテンツを使用している動画では、その動画の収益化を無効にしても広告が表示されることがあります。そのような場合には、別の動画(収益化の対象になっている著作権保護コンテンツが含まれないもの)を使用することが必要となります。

動画を収益化していたり動画に著作権保護コンテンツを使用していたりするにもかかわらず上記の措置を取らなかった場合、その動画は 2019 年 11 月 1 日以降、ストアの掲載情報では再生されなくなります。

表示される場所

プロモーション動画は、Google Play のアプリのストアの掲載情報やプロモーション領域でスクリーンショットの前に表示されます。ユーザーは、ヘッダー画像にオーバーレイする再生ボタンを選択すると、プロモーション動画を再生できるようになります。

ヒント

  • 動画は、アプリの最も魅力的な特徴に焦点を当てた、短い(30 秒~2 分)ものを用意してください。
  • Android 4.4 Kitkat 以降を搭載したデバイスをお持ちの場合は、adb shell コマンド screenrecord を使って、動画をデバイスから直接撮影してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。