新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を踏まえ、Google では、サポート担当者の予防対策の一環として、人員を減らして業務を行っています。そのため、担当者の対応に通常より時間がかかる場合がありますが、ご了承のほどお願い申し上げます。その他のサポートについては、ヘルプセンターをご覧ください。

パソコン版 Google ドライブを使用する

ドライブ ファイル ストリームの名称がパソコン版 Google ドライブに変わりました。Google では同期クライアントを統合してバックアップと同期の機能をパソコン版 Google ドライブに実装し、ユーザー エクスペリエンスを改善しています。機能の詳細については、パソコン版ドライブへの変更についての記事をご覧ください。

ファイルの同期とその仕組み

パソコン版ドライブを使用すると、クラウドとパソコンとの間でファイルを同期できます。同期とは、クラウドからファイルをダウンロードしたり、パソコンのハードドライブからファイルをアップロードしたりするプロセスのことです。同期が完了すると、パソコンのファイルとクラウドのファイルが一致します。パソコンまたはクラウドのどちらかでファイルを編集、削除、移動すると、もう一方で同じ変更が反映されます。ファイルはこのようにして常に更新され、どのデバイスからでもアクセスできます。

パソコン版ドライブでは、[マイドライブ] のファイルの同期方法として、ミラーリングまたはストリーミングのどちらかを選択できます。ミラーリングとストリーミングのどちらを使用するかによって、パソコン上のファイルの保存場所は異なります。

ファイルのミラーリングとストリーミング

パソコン版ドライブを使用すると、Google ドライブに保存されているファイルにパソコンからアクセスできます。ファイルに加えた変更は同期されます。共有ドライブ、USB、その他のパソコン上のすべてのファイルが、クラウドからパソコンにストリーミングされます。[マイドライブ] のファイルの同期方法として、ミラーリングまたはストリーミングのどちらかを選択できます。

ファイルをミラーリングすると、[マイドライブ] 内のすべてのファイルがクラウドとパソコンに保存されるため、ハードドライブの容量が使用されます。インターネットに接続していないときでも、パソコン版ドライブ アプリを実行していないときでも、すべてのファイルにいつでもアクセスできます。ファイルにはパソコン上のフォルダからアクセスできます。

ファイルをストリーミングすると、[マイドライブ] 内のファイルはクラウドに保存されます。ファイルを開いてオフラインで利用できるようにする場合にのみ、ハードドライブの容量が使用されます。オフラインで利用できないファイルには、インターネットに接続しているときにのみアクセスできます。アプリを実行しているときにのみ、すべてのファイル(オフラインで利用可能なファイルを含む)にアクセスできます。ファイルには、パソコン上のマウント済みドライブからアクセスできます。

重要: Google ドライブと同期しているパソコン上のフォルダには、これらのオプションは適用されません。パソコン上のフォルダは、Google ドライブの [パソコン] タブに同期されます。

ミラーリングからストリーミングに切り替える

[マイドライブ] のファイルの同期方法をミラーリングからストリーミングに切り替えると、パソコン上のファイルの場所が変更されます。ストリーミングを使用すると、パソコン上の仮想ドライブからファイルにアクセスできます。[マイドライブ] のファイルのミラーリング先だったフォルダはパソコン上に残りますが、同期は行われなくなります。変更内容が失われることを避けるために、このフォルダを削除できます。

Windows の場合は、パソコンからこのフォルダを削除する前にパソコン版ドライブを終了する必要があります。

重要: Google ドライブからパソコンにファイルをストリーミングするために、パソコン版ドライブは仮想ドライブを使用します。この仮想ドライブのサイズは、パソコンの空き容量によって異なります。

パソコン上のフォルダのオプション

フォルダを Google ドライブと同期したり、Google フォトにバックアップしたりできます。

  • Google ドライブと同期する場合: フォルダ内のすべてのファイルがアップロードされ、パソコンと Google ドライブとの間ですべての変更が同期されます。任意のデバイスを使用して、drive.google.com または Google ドライブ アプリからこれらすべてのファイルにアクセスできます。
  • Google フォトにバックアップする場合: 写真と動画のみがアップロードされます。パソコンと Google フォトとの間で変更が同期されることはありません。任意のデバイスを使用して、photos.google.com または Google フォト アプリから写真と動画を見ることができます。
重要: 写真と動画を保存する場合は、Google フォトのみにバックアップすることをおすすめします。ドライブとフォトの両方にファイルを保存すると、フォルダ内の写真と動画が 2 回アップロードされるため、Google アカウントの保存容量を余分に使用します。
macOS に権限を割り当てる

macOS の場合は、特定のフォルダやデバイス([デスクトップ]、[ドキュメント]、[ダウンロード] の各フォルダ、リムーバブル ボリューム、ネットワーク ボリューム、フォト ライブラリなど)へのアクセス許可を求めるために、パソコン版ドライブなどのアプリケーションが必要です。

パソコン版ドライブは、同期(Google ドライブとの同期、Google フォトへのバックアップ、またはこの両方)の対象として選択したフォルダまたはデバイスへのアクセスのみを求めます。ユーザーがリアルタイム プレゼンス機能または Bluetooth キーを使ってログインすることを選択した場合は、パソコン版ドライブもこれらへのアクセスを求めます。

エラーのトラブルシューティングを行う

パソコン版ドライブでは、[アクティビティ] に「エラーが発生しました」と表示されることがあります。エラーのリストを表示するには、バナー内のリンクをクリックするか、[設定] 次に [エラーリスト] をクリックします。

FileProvider を使用してストリーミングを行う

FileProvider は、パソコン版ドライブがクラウドからパソコンにファイルをストリーミングするための方法です。FileProvider はファイルのストリーミング先となるパソコン上の場所を選択します。この場所を変更することはできません。

Google ドライブのパソコンタブと同期する

パソコン上のフォルダを Google ドライブと同期すると、(ウェブ版とモバイル版の両方で)ドライブの左側にある [パソコン] に同期対象のフォルダが表示されます。ウェブ版またはモバイル版のこれらのフォルダでアイテムを追加、編集、移動、削除する操作を行うと、その変更はパソコンにも反映されます。

ローカル キャッシュ ディレクトリの場所を変更する

Google ドライブからパソコンにファイルをストリーミングする際、ローカル キャッシュ ディレクトリが作成されます。

  • このディレクトリには、ユーザーが開いてオフラインで利用できるようにしたファイルに関するデータが保存されます。
  • このキャッシュにより、パソコン版ドライブはファイルを迅速に開くことができるようになります。
  • キャッシュのディレクトリ パスが使用できない場合、パソコン版ドライブは使用できません。

ローカル キャッシュ ディレクトリの場所を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. パソコン版ドライブを開きます。
  2. 設定アイコン 設定 次に [設定] をクリックします。
  3. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. 「ローカルにキャッシュされたファイルのディレクトリ」を見つけて、[変更] をクリックします。
  5. 新しいキャッシュの場所を選択します。
  6. [変更] をクリックします。
リムーバブル デバイス

外付けハードドライブなどのリムーバブル デバイスに保存されているフォルダをバックアップすることができます。

リムーバブル デバイスには、複数のフォルダを作成できます。移行中にこれらのフォルダを継続的に同期またはバックアップするには、リムーバブル デバイスを接続した状態にしておく必要があります。

重要: USB デバイスは移行されません。
Google フォトにフォルダをバックアップする

フォルダ内に含まれているファイルの 95% 以上が写真と動画である場合は、Google フォトにのみファイルをバックアップするようにします。

  • 以前ドライブと同期していて、フォトにもバックアップしていた場合は、写真と動画を 1 か所のみにアップロードすることで保存容量を節約できます。
  • ドライブのみと同期していた場合でも、今後は写真と動画のみがアップロードされるため、保存容量を節約できます。ドライブと同期する場合は、サムネイルやメタデータを含むすべてのコンテンツが同期されます。
  • 以前ドライブと同期していた場合、ファイルはドライブに残ります。

重要: USB デバイスは移行されません。

フォルダの同期を停止した場合

フォルダの同期を停止すると、新しいファイルや編集したファイルがパソコンとクラウドの間で同期されなくなります。新しいファイルを追加したり既存のファイルを変更したりしても、これらの変更はクラウドにアップロードされません。

すべてのファイルをアップロードするには、フォルダの同期を継続してください。

パソコン版ドライブのタブ

Google ドライブには 3 つの主な保存場所([マイドライブ]、[共有ドライブ]、[パソコン])があります。これらはドライブ内でタブとして表示されます。

ドライブと同期しているパソコン上のフォルダは、[パソコン] タブで確認できます。[パソコン] タブではパソコンごとにフォルダがグループ化されるため、以前同期していたパソコンが表示されることがあります。

[マイドライブ] タブのフォルダは、パソコンにストリーミングしたりミラーリングしたりできます。これらのフォルダには、パソコンの仮想ドライブからアクセスできます。

Apple 写真のシステム フォト ライブラリ

Google フォトにバックアップできるのは、システム フォト ライブラリのみです。他の Apple のフォト ライブラリは、ドライブと同期できます。Apple のフォト ライブラリをドライブと同期するように選択すると、ライブラリ内のすべてのコンテンツ(サムネイルやその他のメタデータなど)が同期されます。アカウントを移行すると、パソコン版ドライブで iCloud 全体のサイズを確認できないことがあります。

システム フォト ライブラリは、iCloud 写真、共有アルバム、マイフォト ストリームで使用できる唯一のライブラリです。フォト ライブラリが 1 つだけの場合は、それがシステム フォト ライブラリになります。フォト ライブラリが複数ある場合は、Google フォトで最初に作成したまたは最初に開いたフォト ライブラリがシステム フォト ライブラリになります。MacOS Catalina 以降を現在ご利用の場合は、iCloud から写真と動画をダウンロードして Google フォトにアップロードするために、ハードドライブの容量が一時的に使用されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
5044059
false