通知

To get the most out of Google Home, choose your Help Center: U.S. Help Center, U.K. Help Center, Canada Help Center, Australia Help Center.

Works with Nest のサポート終了

September 29, 2023をもって、Works with Nest(WWN)接続は機能しなくなります。家のスマートホーム化は、Google Home アプリの [自動化] タブまたはスクリプト エディタ(現在パブリック プレビューで利用可能)でルーティンを作成することで、Works with Google Home を通じて継続できます。

詳しくは、こちらのコミュニティ フォーラムの投稿をご覧ください。

Works with Google Home への移行

すべて開く すべて閉じる

Works with Google Home への移行は Google アカウントから行う

Google Nest デバイスを Works with Google Home、スクリプト エディタ、Amazon Alexa で使用するには、Nest アカウントを Google アカウントに移行する必要があります。Google アカウントに移行すると、元に戻すことはできません。

Google アカウントに移行すると、1 つのアカウントによるシームレスなエクスペリエンスを利用できるようになるほか、Nest アプリと Google Home アプリの両方で家の設定や家のメンバーを調整できるようになります。Google アカウント、Google Home アプリ、Works with Google Home プログラムで利用できる新しい機能にもアクセスできるようになります。

Nest アカウントと関連データを Google アカウントに移行する前に、この記事全体をお読みいただき、Nest アプリのアカウントに関するよくある質問をご覧になることをおすすめします。

アカウントを移行したら、Google Home アプリで Works with Google Home デバイスを接続する必要があります。

スクリプト エディタで自動化を作成する

スクリプト エディタは、Google のインテリジェンスを活用して、スクリプトで自動化を簡単に作成、編集することによるパーソナライズされたスマートホーム エコシステムの構築およびスマートホームの実現を支援します。より高度な自動化の作成、編集には、Google Home のスクリプト エディタ(現在、パブリック プレビューで利用可能)を利用して、ほとんどの開始条件とアクションのほか、Google のプロダクトやサードパーティ製デバイスがサポートするすべてのトレイトにアクセスすることができます。

複数のトリガーやブール条件の組み合わせなどの高度なロジックにより、アプリで現在行える以上のスマートホーム デバイスのオーケストレーションを行えます。このスクリプト エディタには 100 を超える新しい機能が用意され、ユーザーが考える家や家で行いたい操作を反映できるようにしています。

Google Home の Alexa スキルに切り替える

Google Nest Alexa スキルは Google Home アプリと連動します。このスキルは、September 29, 2023に無効となった WWN の Alexa スキルの後継となります。Google Nest のスキルを使用することで、Alexa を介する Google Nest サーモスタットの操作や Google Nest カメラのライブ ストリームの表示が可能となります。

Google Nest Alexa スキルは、移行した Google アカウントでのみ機能します。

最新の Google Nest Alexa スキルに切り替える

最新の Google Nest Alexa スキルは Google Home アプリと連動します。このスキルは、Works with Nest で実行されている現在の Alexa スキルの後継となります(Works with Nest も 2023 年 9 月 29 に無効となります)。Google Nest のスキルを使用することで、Alexa を介する Google Nest サーモスタットの操作や Google Nest カメラのライブ ストリームの表示が可能となります。Google Nest Alexa スキルなどのパートナー エコシステム統合は、移行した Google アカウントでのみ機能します。

新しい Google Nest Alexa スキルを有効にする

  1. Google Home アプリ Google Home アプリ を開きます。
  2. お使いのアカウントをタップします。
  3. 表示されている Google アカウントが Google デバイスにリンクされているアカウントであることを確認します。正しいアカウントであれば、 をタップしてアカウントのウィンドウを閉じます。アカウントを切り替えるには、プルダウン アイコン をタップし、別のアカウントまたは [別のアカウントを追加] をタップします。
  4. 設定アイコン をタップします 次に [+ 追加] をタップします。
  5. [サービス] [Amazon Alexa スキル] をタップします。
  6. 画面上の手順に沿って Alexa アプリでスキルを有効にします。

詳しくは、Amazon Alexa を使用して Google Nest 製品を操作するをご覧ください。

その他の WWN パートナー コネクション

Google アカウントに移行した後は、Works with Google Home プラットフォームで利用できる代わりの接続を探すことができます。

  • Works with Google Home は機能が異なるため、Nest とサードパーティ製スマートホーム製品の連携方法も変わります。
  • Google Nest、Google、パートナーの各デバイスでトリガーされるルーティンはすべて、ルーティンまたは一般ユーザー向けスクリプト エディタを使って、Google Home アプリでセットアップおよび管理します。
  • 既存のデバイスと接続の一部は Works with Google Home でサポートされていない場合があります。Google に対応しているかどうかをデバイスのアプリでご確認ください。

WWN でよく使用されている機能として、Nest の在宅 / 外出中の状況に応じて自動的にトリガーされるルーティンがあります。Works with Google Home は、これまでに数多くのパートナーやデバイスと連携しており、ルーティンとシームレスに統合されています。ルーティンを使用すると、外出時や就寝時の簡単なトリガーに基づいてスマート デバイスを連携させる方法を誰でもすぐにカスタマイズできます。

Nest と Google アシスタントの移行

Google アシスタントと Google Home アプリにすでに接続されている既存の Nest デバイスの移行を効率化しました。Nest アカウントを移行する際に、Google アシスタントで使用しているのと同じ Google アカウントを選択するだけで済みます。

以前から設定してある Nest デバイスの接続と Google アシスタントは、移行前と同様に機能します。既存の Nest デバイス名、家と部屋の割り当て、アシスタント ルーティンはすべて保持され、アカウントの移行後も継続されます。

サードパーティの接続に対しデータへのアクセスを有効にした場合は、パートナー コネクション ツールを使用して Google Nest パートナーと共有するデータを選択できます。

Google Nest Doorbell(電源直結型 / 第 1 世代)に関するお知らせ

Google Nest のスピーカーやディスプレイで Google Nest Doorbell(電源直結型 / 第 1 世代)からのドアホンの通知を引き続き受け取るには、Nest アカウントを Google アカウントに移行する必要があります。アカウントの移行が完了すると、ドアホンの通知を引き続き受け取ることができます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー