Works with Nest の詳細

Works with Nest は、他社メーカーのスマートホーム製品が Nest の学習内容を利用して操作をカスタマイズする(外出時に照明を消すなど)手段として 2014 年に登場しました。スマートホームはその後大きく進化し、人とデバイスの関わり方やデバイスの管理方法も変わってきました。音声、スマートディスプレイ、家全体の自動化ルーティンは、今日のスマートホームの中心であり、Google アシスタントはこうした機能を提供する主要なプラットフォームへと進化しました。

Works with Hey Google への移行

Works with Nest(WWN)は、サードパーティのパートナーが Nest 製品へアクセスし制御するための独自の方法でした。WWN は Nest 製品と完全に統合されており、Nest 製品のステータスを確認したり変更したりできました。Nest アプリで移行していない Nest アカウントを利用するユーザーの場合、Works with Nest 接続はパートナーがサポートしている限り引き続き機能します。

Works with Hey Google(WWHG)は、接続されているすべての製品を Google アシスタントで操作できるようにする機能です。Google アシスタントを使って、Home アプリまたはアシスタント アプリでアシスタントのルーティンを作成できます。Google は、自宅で使用される製品を特に意識した WWHG の 2 つの新しい試みとして、デバイス アクセス在宅のルーティンを発表しました。

デバイス アクセスの詳細や自宅を便利にするその他の方法については、ブログを参照してください。

Works with Nest プログラムへの幅広い変更について詳しくは、Nest の変更内容に関するよくある質問のページと、Works with Nest の最新情報についてのブログ記事をご覧ください。

すべて展開  すべて折りたたむ

Google アカウントから始まる Works with Hey Google への移行

Nest ユーザーは、アカウントの準備が整い次第、Nest アカウントを Google アカウントに移行するようにメールで招待されます。Google アカウントに移行すると、1 つのアカウントによるシームレスなエクスペリエンスを利用できるようになるほか、Nest アプリと Google Home アプリの両方で家の設定や家のメンバーを調整できるようになります。

: Nest アカウントから Google アカウントへの移行は任意です。移行の完了後は元に戻せません。移行プロセス時に、すべての WWN サードパーティ製品接続を削除して切断する必要があります(これも元に戻すことはできません)。この記事全体をお読みいただき、Nest アプリのアカウントに関する FAQ をご覧になったうえで、ご自身にとって現時点でのアカウントの移行が適切かどうか判断されることをおすすめします。Nest アカウントと関連データを Google アカウントに移行する作業は、準備ができた時点でいつでも行うことができます。ただし、招待メールが届いてから移行することを強くおすすめします。

Nest アカウントを Google アカウントに移行すると、すでに所有している他のスマートホーム パートナー製品を使って、Google Home アプリまたはアシスタント アプリから Works with Hey Google のルーティンを作成できます。ただし、外出時にスマート電球を自動的に消灯するなど、WWN を介して連携していた一部のパートナー デバイス、接続、サービス、および機能については、WWHG では利用できない場合があります。こうした在宅 / 外出中の状況に応じた機能を WWHG 向けに開発中ですが、2020 年初頭までは利用できません。

WWHG ルーティンでもっと多くのスマートホーム デバイスと機能がサポートされるまで、移行を控えたいというご意見があることも承知しております。Google では、この移行期間中のサービスの中断を最小限に抑えるよう全力を尽くしています。Google の計画は以下のとおりです。

  • Nest アカウントを移行できるようになりましたら、招待メールをお送りします。Nest アカウントから Google アカウントへの移行は任意です。移行の完了後は元に戻せません。
  • アカウントを移行する場合、移行後は現在お使いのすべての WWN デバイス接続は機能しなくなります。
  • Nest アカウントを移行しない場合、既存の WWN デバイス接続は、お使いの Nest アカウントと Nest アプリで引き続きご利用になれます。しかし、Google アカウント、Google Home アプリ、WWHG プログラムで提供される新機能にはアクセスできません。Nest アカウントでご利用可能な既存の WWN 接続に変更を加える場合は、必ずお知らせいたします。
  • 2019 年 8 月 31 日以降、新しい WWN 接続を作成することはできませんが、既存の接続は、お使いの Nest アカウントで引き続きご利用になれます。
  • 在宅 / 外出中の状況に応じた自動ルーティンなど、同様の WWN 機能が WWHG プラットフォームで利用可能になった時点で招待メールが届き、Nest アカウントから Google アカウントへの移行を最小限の中断で行うことができます。移行後は、Google Home アプリを使用して WWHG パートナー デバイスを追加して接続し、新しいアシスタント ルーティンを設定する必要があります。これにより、外出時や就寝時の簡単なトリガーに基づいてスマート デバイスを連携させる方法をカスタマイズできます。

万能のソリューションを構築することはできないため、高い評価を得ているデベロッパーと速やかに協力し、可能な限り中断を抑えながら、Google Nest を最大限に活用できる有益なインタラクションの作成とサポートに取り組んでいます。Google では引き続き、お客様にとって有意義な方法で心地よい家を作り出すために必要なツールを提供していくことを目指しています。

Amazon Alexa などの WWN 接続の移行

Nest デバイスと、Works with Nest を使用している他社の接続エコシステム(Amazon Alexa など)との連携についてご説明します。現在の Alexa 向け Nest スマートホームのスキルなどのパートナー エコシステム統合は、移行した Google アカウントでは機能しません。しかし、Google では Amazon などのエコシステム パートナーと協力して、移行された新しい Google アカウント対応の Nest デバイス接続を作成できるよう検討しています。

Works with Nest、Nest アカウントの移行、移行後に行う Nest デバイスと承認済みエコシステム パートナーとの再リンクに関しては、注意すべき点がいくつかあります。

Amazon Alexa と Google Nest
  • 現在の Alexa 向け Works with Nest のスキルに代わる新しい Google Nest のスキルがあります。新しいスキルを使用すると、Amazon Alexa を介して Nest サーモスタットを管理し、Nest カメラのライブ ストリームを表示できます。
  • アカウントを移行する場合、現在の Alexa と Nest との接続を切断する必要があります(これは元に戻せません)。
  • Alexa の接続に加えて、他の Works with Nest の接続がある場合は、Nest アカウントの移行準備が整ったことをお知らせする招待メールを受け取るまでは、Nest アカウントの移行を行わないことをおすすめします。ただし、Nest アカウントの移行は任意であり、Google アカウントへの移行をいつでも選択できます。
  • 移行を遅らせて、Alexa を使って既存の Works with Nest のスキルを使い続けることも選択可能です。
その他の WWN パートナー接続
  • 他にも既存の Works with Nest パートナー接続がある場合は、Google アカウントに移行できますが、その一環として、既存の Works with Nest 接続を削除して切断する必要があります(この操作は元に戻せません)
  • Google アカウントに移行した後は、Works with Hey Google プラットフォームで利用できる代わりの接続を見つけることができます。Works with Hey Google は機能が異なるため、Nest とサードパーティ製スマートホーム製品の連携方法も変わります。Nest、Google、パートナーの各デバイスでトリガーされるルーティンはすべて、Google Home アプリからアシスタントのルーティンを使って、セットアップおよび管理します。既存のデバイスと接続の一部は、Works with Hey Google でサポートされていない場合があります。Works with Hey Google(スマートホーム)にアクセスして、お使いのスマートホームのパートナー デバイスがサポートされているかどうかをご確認ください。
  • Works with Nest で最もよく使用されている機能として、Nest の在宅 / 外出中の状況に応じて自動的にトリガーされるルーティンがあります。Google アシスタントにも同じ機能を搭載し、より多くのデバイス オプションの中から選択していただけるように取り組んでいます。Works with Hey Google はすでに 3,500 以上のパートナーおよび 30,000 以上のデバイスと連携しており、アシスタントのルーティンとシームレスに統合されています。ルーティンを使用すると、外出時や就寝時の簡単なトリガーに基づいてスマート デバイスを連携させる方法を誰でもすぐにカスタマイズできます。
Nest と Google アシスタントの移行
Google アシスタントと Home アプリにすでに接続されている既存の Nest デバイスの移行を効率化しました。Nest アカウントを移行する際に、Google アシスタントで使用しているのと同じ Google アカウントを選択するだけで済みます。Google アシスタントと以前に設定したことがある Nest デバイス接続は、移行前と同様に機能します。既存の Nest デバイス名、家と部屋の割り当て、アシスタント ルーティンはすべて保持され、アカウントの移行後も継続されます。

 

サードパーティの接続に対してデータへのアクセスを有効にしている場合は、Partner Connections ツールを使用して Google Nest パートナーと共有するデータを選択できます。

Works with Nest について

すべて展開  すべて折りたたむ

Works with Nest とは

Nest 製品は、センサーとアルゴリズムを使用してユーザーについて学習し、
ユーザーのニーズを予測します。Works with Nest を使うと、家中の他の製品が
Nest の学習内容を利用して操作を
さらにカスタマイズすることができます。製品を Nest に接続すると、自分でプログラムしなくても
自動的に操作を開始してくれます。

家にある製品が増えるほど、自動的に
対応してくれる操作が増えます。

Works with nest partner logo

以下に、Works with Nest の接続例と、接続によって実現できることをご紹介します。

When it works with Nest, it just works.

: 以下の例では、Nest アプリで有効なアカウントを持っていること、ご自宅で Wi-Fi インターネット サービスが稼働していること、Nest 製品などの製品が Wi-Fi に接続されていることが必要となります。

例: 全員が外出中の場合(在宅 / 外出アシスト)

Works with Nest 製品は、在宅か外出中かに応じて、自動的に適切な操作を行うことができます。これを在宅 / 外出アシストといいます。たとえば、外出時に Works with Nest 製品は以下のような操作を行うことができます。

  • スマートライト システムを自動的にオンにして、在宅中のように演出します。
  • スマート給湯器をエネルギー効率の高いモードに切り替えます。
  • 電動ウィンドウ シェードを閉めて、家を快適で安心な状態に保ちます。
  • 接続中のコンロやオーブンがオンのままの場合は、オフにするオプション付きで通知を送信します。

在宅 / 外出アシストについては、以下の記事をご覧ください。

在宅 / 外出アシストの詳細

在宅 / 外出アシストが家を在宅または外出に切り替えるときの判断方法

例: Nest Protect がアラームを鳴らしている場合

Google Nest Protect 煙・一酸化炭素警報が、高濃度の煙または一酸化炭素を感知してアラームを鳴らすと、Works with Nest 接続で以下のようなことができます。

  • スマートライト システムを点滅させて、家族にアラームを知らせます。
  • 庭にある接続中の散水用スプリンクラーをオンにして、火災の延焼を防ぎます。
  • 接続中の電話システムに、自宅からユーザーに電話をかけるように指示します。

Works with Nest パートナーは増え続けています。もしかしたら、ご自宅にはすでに Nest 対応製品があるかもしれません。製品のパッケージに「Works with Nest」バッジが付いているかどうか確かめてみてください。

Works with Nest 接続を使用するための要件

Works with Nest 接続を使用するには、2019 年 8 月 19 日より前に Nest アカウントを設定している必要があります。Nest アカウントを Google アカウントに移行すると、この接続は機能しなくなります。

(1)2019 年 8 月 31 日以降、新しい Works with Nest 接続を設定することはできませんが、既存の接続は、お使いの Nest アカウントで引き続きご利用になれます。  

(2)一般的に、WWN 接続を使用するには、Nest アプリのアカウントにすでに Nest 製品が 1 つ追加されている場合、別のサードパーティのアプリまたはデバイスを追加するだけで済みます。しかし、WWN 接続にはそれぞれ異なる要件があります。

たとえば、一酸化炭素や煙が感知されたときに WWN 接続を使用して Wi-Fi 照明システムを点滅させるには、Nest Protect が必要になります。

また、Nest 製品を接続するサードパーティ製のデバイスも必要です。これはリモコン照明からフィットネス トラッカーまで何でもかまいません。

Nest のある家へのアクセスを家族アカウントで共有している場合、Nest のある家の所有者と共有アクセス権を持つユーザー(誰でも可)の両方が WWN 接続を設定できます。WWN 接続を設定した後は、Nest のある家のメンバー全員が WWN 接続を使用、管理、削除できるようになります。Nest のある家に招待されてアクセスを共有されたユーザーが行える操作については、以下の記事をご覧ください。

家族アカウントと、家へのアクセスを共有する方法について

Works with Nest 接続を設定する方法

Works with Nest 接続を使用するには、2019 年 8 月 19 日より前に Nest アカウントを設定している必要があります。2019 年 8 月 31 日以降、新しい Works with Nest 接続を設定することはできませんが、既存の接続は、お使いの Nest アカウントで引き続きご利用になれます。

新しい Works with Nest 接続を設定するには、Works with Nest デベロッパーのウェブサイトおよび製品パッケージの指示に従います(Works with Nest のロゴをご確認ください)。この設定は、Nest と Works with Nest 接続デベロッパーとの間で個人情報(メールアドレスなど)を交換することなく安全に行われます。設定を開始するには、Works with Nest パートナー アプリまたはウェブサイトを使用して OAuth プロセスを起動し、Nest デバイスデータにアクセスするための権限を付与します。承認されると、Works with Nest 接続が自動的に有効になります。

Works with Nest 接続を設定する方法

Works with Nest 接続を確認して管理する方法

Works with Nest(WWN)接続に関する基本情報、接続が最後に使用された日時、データにアクセスするために付与した権限は、Nest アプリで確認できます。

  1. Nest アプリのホーム画面で、設定アイコン Nest settings icon をタップします。
  2. Works with Nest アイコン Works with nest icon をタップします。
  3. ここで、現在設定しているすべての WWN 接続を確認できます。詳細情報を表示するには、表示する接続をクリックまたはタップします。
  4. Nest 製品のデータにアクセスできるように接続に付与した権限が表示されます。

    [Last used] の横に、WWN 接続の最終使用時刻が表示されます。これは、接続が正常に動作していることを確認する場合やトラブルシューティングを行う場合に便利です。

Nest のある家の所有者と、共有アクセスを持っているユーザーの両方が、WWN 接続の設定、使用、管理、削除を行えます。そのため、誰かを招待して家へのアクセスを共有した場合は、ここで招待した人のアクティビティを確認することもできます。

WWN 接続がうまくいかない場合は、以下の記事をご覧ください。

Works with Nest 接続のトラブルシューティング方法

使用しなくなった接続を削除するには、以下のセクションをご覧ください。

Works with Nest 接続を削除する方法

Works with Nest 接続の使用を停止したい場合は、いつでも簡単に削除できます。接続を削除した後も、WWN 製品は接続を有効にする前と同じように動作します。

  1. Nest アプリのホーム画面右上にある設定アイコン Nest settings icon をタップします。
  2. Works with Nest Works with nest icon を選択します。
  3. リストから削除する Works with Nest 接続を選択します。
  4. 画面下部の [Remove connection] をタップします。
  5. 次に、選択した内容を確認します。

注: アカウントに複数の家があり、両方で接続が有効になっている場合は、もう一方の家についても削除するかどうかを選択する必要があります。

別の家に切り替えるには、アプリのホーム画面でメニュー アイコン 下向き矢印 をタップしてから、画面下部で目的の家を選択します。

Google はプライバシーを重視しています

使用する Works with Nest 接続にかかわらず、どのデータを共有するかを管理できます。データへのアクセスを許可する前に、何を共有するかを常に把握できます。気が変わった場合は、いつでも接続を削除できます。

Google が連携しているすべての Works with Nest デベロッパーは、ユーザーが共有に同意した情報の利用方法について制限する各種ガイドラインにも従う必要があります。メールアドレスなどの個人を特定できる情報は、Nest では共有されません。接続に応じて、暖房換気空調システムの仕様、煙と一酸化炭素のステータス、在宅と外出中のステータス、ピーク時間特典プログラム イベントなどの、基本的な家およびデバイスデータへのアクセスを要求する場合があります。詳細については、以下のページをご覧ください。

Nest と Works with Nest デベロッパーの間で共有されるデータ

Nest のプライバシー ステートメント

Nest デベロッパーになる

Nest デベロッパー プログラムは、Actions on Google スマートホームに移行しています。詳しくは、Google アシスタント デベロッパー コミュニティ プログラムをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
1633396
false