スピーカーやディスプレイを使用してテレビのオン、オフを切り替える

Google Nest または Google Home のスピーカーやディスプレイを使用して音声でテレビをオンまたはオフにできます。

必要なもの

  • Google Nest または Google Home のスピーカーやディスプレイに接続されている Chromecast。テレビをスピーカーやディスプレイにリンクする方法をご確認ください。
  • HDMI-CEC 対応のテレビ(Consumer Electronics Control(CEC)を有効にする)。 
    • CEC 対応の一般的なテレビとして、AOC、日立、Insignia、ITT、LG、Magnavox、三菱電機、オンキヨー、Panasonic、Pioneer、Philips、Samsung、Sharp、Sony、Sylvania、東芝、Vizio 製のテレビがあります。
    • CEC は多くの場合、デフォルトで無効になっています。一般に、テレビの設定で CEC を有効にすることができます。CEC の設定場所は、テレビによって異なります。
    • お使いのテレビが CEC に対応しているかどうかや、CEC を有効にする方法がわからない場合は、テレビのメーカーにお問い合わせください。
  • Chromecast をコンセントなどの電源に接続して、テレビをオフにしても Chromecast がオンのままになるようにします。Chromecast をテレビの USB ポートに接続している場合、テレビをオフにすると Chromecast もオフになり、Chromecast が音声コマンドに応答しなくなります。
  • Chromecast をサウンドバーまたは AVR に接続している場合は、そのデバイスで CEC を有効にします。
  • Chromecast のファームウェアが最新版であること。詳細については、Chromecast のファームウェア バージョンをご覧ください。
  • テレビのファームウェアが最新版であること。

音声コマンドを使ってテレビをオンまたはオフにする

操作: 「OK Google」と言ってから:
テレビをオンにする

「テレビをオンにして」、「<デバイス名> をオンにして」

「テレビの電源をオンにして」、「<デバイス名> の電源をオンにして」

テレビをオフにする

「テレビをオフにして」、「<デバイス名> をオフにして」

「テレビの電源をオフにして」、「<デバイス名> の電源をオフにして」

注: テレビの電源をオフにすると、コンテンツのテレビへのキャストが停止されます。他のソースでコンテンツを再生している場合、そのコンテンツは再生され続けます。

テレビのオン / オフ操作に関するヒントとテクニック

  • スピーカーやディスプレイに複数のテレビをリンクしている場合は、音声コマンドで操作対象のテレビを毎回言う必要があります。例: 「OK Google, <リビングのテレビ> をオンにして」。
  • メディア再生デバイスを設定すると、テレビの名前を毎回言わずに済むようになり、音声コマンドで常にそのデバイスを操作できるようになります。

問題の修正

音声コマンドが機能しない場合、特に以前は機能していた場合は、以下の操作をお試しください。
  1. Chromecast のファームウェアが最新版であることを確認します。
  2. テレビの取扱説明書をチェックして、テレビのファームウェアが最新版であることを確認します。これは、テレビのメーカーに問い合わせて確認することもできます。
  3. CEC が有効になっていることを確認します(一部のテレビでは、特定の設定を調整すると、CEC が自動的に無効になる場合があります)。
  4. Chromecast を別の HDMI ポートに接続します。
  5. テレビの電源プラグをコンセントから抜き、10 分待ってから再び差し込みます。
  6. 別の音声コマンドを使用してみます。
  7. 短時間の間にテレビのオン / オフを繰り返し行うと、音声コマンドが一時的に機能しなくなることがあります。この場合、約 10 分待ってから再試行します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。