ゲストと Google スマートホームのデバイス

家を訪れた人にも、その家の Google のスマートホームのデバイスとサービスを利用してもらうことができます。たとえば、ゲストを含め家にいる人全員が、「OK Google」と話しかけるかデバイスのボタンを長押しして、家のスピーカーやディスプレイを有効にできるよう設定できます。Google のスマートホームのデバイスとサービスのご利用時に Google がユーザーのプライバシーをどのように保護するかについては、下記の説明と、Google Nest のプライバシーに関するよくある質問の記事をご覧ください。Google アシスタントとプライバシーの詳細についてもご確認ください。

ゲストによる操作の可視性

Google スマートホームをセットアップしたユーザー以外の誰かが、アシスタントなどを使ってその家のデバイスとやり取りし、その声がデバイスで認識されない場合、そうしたやり取りの履歴はデバイスのセットアップに使用された Google アカウントのアクティビティ履歴に保存されます。そのアカウントの持ち主は myactivity.google.com から履歴にアクセスできます。ゲストにそうしたデバイスの使用を許可する際は、やり取りの内容があなたの Google アカウントに保存され、あなたがその情報を確認、削除できることを、必ずそのゲストに説明してください。家にゲストがいるときには、マイクをミュートする、電源から外す、デバイスをしまっておく、といった対処をすることもおすすめします。

あなた以外の人も、その人のアカウントで Voice Match をセットアップすることにより、アカウントをデバイスに追加できます。その場合、その人のやり取りは、そのアカウントの履歴(myactivity.google.com)に保存されます。

Google Nest Wifi または Google Wifi のデバイスを使っている家でゲストが Wi-Fi ネットワークを使用する場合は、ゲストの情報の一部(IP アドレス、MAC アドレス、データ使用量など)をあなたの Wifi アプリまたは Home アプリで確認でき、その情報があなたのアカウントに関連付けられます。

自分の情報へのゲストのアクセスを制限する

あなたの声をスピーカーまたはディスプレイが認識できるようにデバイス上でマルチユーザー機能をセットアップ(Voice Match をセットアップ)していない場合、あなたがデバイスで利用可能にしている情報について、家にいる全員がそのデバイスに尋ねることができます。また、デバイスのマルチユーザー機能が、録音されたあなたの声や別のユーザーの声をあなたの声と誤って認識した場合は、そのデバイスからそのユーザーにあなたの情報が伝わるおそれがあります。

あなた以外の人がデバイスからリマインダーやカレンダーの内容などの個人情報にアクセスできないようにするには、Google Home アプリでアカウントに基づく情報をオフにします。この設定はデバイスごとに管理できるため、寝室のデバイスに、キッチンのデバイスとは異なる設定で情報へのアクセスを許可するといったことが可能です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。