DNS を変更する

ドメイン ネーム システム(DNS)は、インターネットの電話帳にたとえることができます。DNS はドメイン名(「google.com」など)のアドレス帳を保持し、ドメイン名を IP アドレスに変換します。

DNS を変更する方法

: 詳細設定を変更するには、通常どおり Google Home アプリを使用してデバイスを管理している場合でも、Google Wifi アプリを使用する必要があります。Play ストア(Android)または App Store(iOS)からアプリをダウンロードしてください。

  1. Google Wifi アプリ を開きます。
  2. [設定と操作] タブ 次に [ネットワークおよび全般] をタップします。
  3. [ネットワーク] で、[ネットワークの詳細設定] 次に [DNS] をタップします。
  4. 目的の DNS を選択します。カスタム DNS を選択した場合は、プライマリ サーバーのアドレスとセカンダリ サーバーのアドレスを入力します。
  5. [保存] をタップします。
DNS の仕組み

ブラウザに URL を入力すると、ブラウザは DNS でドメイン名を検索します。たとえば、ブラウザに www.google.com と入力すると、ブラウザは DNS に Google の IP アドレスをたずねます。DNS は、Google のドメイン名に割り当てられた IP アドレス(74.125.239.35 など)を返します。次に、ブラウザはその IP アドレスに接続し、目的のウェブページを開きます。

これは、電話にたとえるとわかりやすくなります。たとえば、あなたは母親に電話する場合、連絡先リストから「母」を選択します。電話は「母」という名前とその電話番号を関連付けて、発信されます。

DNS の選択方法

Google Wifi と Google Nest Wifi では 3 つの方法から選択できます。

  • 自動: Google Public DNS、または一定の条件を満たす場合はご利用のISP の DNS を使用します。デフォルトでは、自動が選択されます。
  • ISP の DNS: ISP の DNS を使用します。
  • カスタム: カスタムまたはサードパーティの DNS を指定できます。カスタム DNS では、IPv4 と IPv6 の両方について 2 つの異なるサーバーリスト(プライマリとセカンダリ)に対応しています。

    注: カスタム DNS を使用する際にはご注意ください。指定した DNS が機能しない(IP が間違っている、またはその DNS がダウンした)場合、DNS エントリを手動でオーバーライドしない限り、接続済みのデバイスはいずれもインターネットにアクセスできなくなります。このような場合でも、ルーターまたはメイン Wifi ポイント自体はインターネットに接続できるため、別の(機能している)DNS に戻すことができます。そのためには、Google Wifi アプリを使用しているデバイスが、(スマートフォンのモバイル ネットワークなど、該当のルーターまたはメイン Wifi ポイントを利用しない)別の接続でインターネットにアクセスすることが前提となります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。