ゲストと Google Home

ご自宅でお使いの Google Home は、「OK Google」という起動ワードを言えば誰でも操作が可能です。

Google Home で認識されないユーザーとのやり取りはすべて、セットアップしたアカウントの [マイ アクティビティ] ページに表示される

Google Home をセットアップしたユーザー以外のユーザーがその Google Home デバイスとやり取りし、声がデバイスで認識されない場合、そうしたやり取りの履歴は、デバイスのセットアップに使用された Google アカウントのアクティビティ履歴に保存され、myactivity.google.com からアクセスできます。ゲストに Google Home の使用を許可する場合は必ず、やり取りの内容が Google により保存されること、また、ユーザーがその保存された情報の確認や削除ができることを伝えてください。家にゲストがいるときには、マイクミュート ボタンを使う、デバイスをしまっておく、といった対処を検討することもおすすめします。

家にいる本人以外のユーザーも、Google Home のマルチユーザー機能を使えば、自分のアカウントを Google Home に追加できます。このように他のユーザーがアカウントを追加し、Google Home とやり取りするときに声が認識される場合、そうした操作の内容は、そのユーザー自身のやり取りの履歴(myactivity.google.com)に保存されます。
 

Google Home にアクセスを許可したアカウントに基づく情報については、誰でも Google Home に尋ねることができる

お持ちの Google Home が自分の声を認識できるようにマルチユーザー機能をデバイスで設定していない場合、Google Home で利用可能にしている情報については、家の中にいる誰でも尋ねることができます。また、Google Home のマルチユーザー機能で、誤って別のユーザーの声があなたの声として登録された場合、Google Home からそのユーザーにあなたの情報が伝わるおそれがあります。お使いの Google Home で他のユーザーがアカウントに基づく情報(リマインダー、カレンダーのエントリなど)にアクセスするのを防ぐには、Google Home アプリでアカウントに基づく情報を無効にします。こうした設定はデバイスごとに管理できるので、たとえば、寝室の Google Home に、キッチンの Google Home とは異なる内容で情報へのアクセスを許可することが可能です。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。