Web to App Connect でパフォーマンスを最適化する

このイラストは、Web to App Connect を使用して Google 広告のパフォーマンスを最適化する様子を示しています。
Web to App Connect 機能を使用すると、カスタマー ジャーニーにおいてウェブからアプリにシームレスに移動するユーザー エクスペリエンスを既存顧客と見込み顧客の両方に提供できます。Web to App Connect を使用すると、広告をクリックしたユーザーは、ディープリンクによってモバイルアプリ内の関連するページに直接誘導されるので、モバイルアプリから目的の操作を簡単に完了できます。また、購入、登録、カートへの追加など、その後のアプリ内コンバージョン アクションを測定して、キャンペーンのパフォーマンスを追跡し最適化することもできます。

Web to App Connect でカスタマー エクスペリエンスとキャンペーン パフォーマンスを向上させる方法については、オンデマンドの解説動画をご登録のうえご視聴ください


ウェブからアプリへの最適なエクスペリエンスを提供することが重要な理由

  • 米国の小売業者の 83% が、アプリユーザーは非アプリユーザーと比較してより多く購入する傾向があると回答しています*。
  • 消費者の 73% が、ブランドがサービスにおいて優れたアプリ エクスペリエンスを大切にしていることが重要だと回答しています**。
  • 消費者の 62% が、ウェブサイトよりもアプリを利用する最大のメリットは利便性であると回答しています**。

*出典: Google / Ipsos、米国、2023 年 3 月。
**出典: Google / Storyline Strategies、米国、2022 年 2 月と 2022 年 2 月の比較。


Web to App Connect インターフェースを使用するメリット

  • ウェブからアプリにシームレスに移動できるため、ユーザー エクスペリエンスが向上します。
    • アプリをインストール済みのモバイル ユーザーを、ディープリンクによってモバイルアプリ内の関連するページに直接誘導します。
    • アプリをインストールしていないモバイル ユーザーは、引き続きモバイルサイトに誘導されます。
  • アプリ内のページに誘導する広告クリックのコンバージョン率は、モバイルサイトに誘導する場合のコンバージョン率と比較して平均で 2 倍高くなります*。
    • アプリに備わっている機能(保存済みのユーザー情報やプッシュ通知など)を利用して、さらにユーザー エクスペリエンスを高めます。
    • キャンペーンのパフォーマンスを最適化して、価値の高いアプリユーザーのエンゲージメントを維持し、コンバージョンを増やします。

*出典: Google データ、グローバル部門、2022 年 2 月。


主な特長

  • ディープリンク: モバイル デバイスのユーザーを、ウェブサイトではなくアプリ内の関連するページに直接誘導できます。広告をクリックしたユーザーは、アプリ内の指定したページに直接移動できます。
  • コンバージョン トラッキング: 商品の購入、アカウントの登録、電話での問い合わせ、ニュースレターの購読申し込みを行ったかどうかなど、ユーザーが広告をクリックしてアプリに移動した後の行動を測定します。広告主様があらかじめ定義した価値行動をユーザーが行ったとき、そのユーザー行動をコンバージョンと呼びます。
  • 入札戦略: ウェブ キャンペーンを使用して最適化するアプリ内コンバージョン アクションを選択します。スマート自動入札を使用すると、コンバージョン数の最大化やコンバージョン値の最大化など、ご指定のビジネス目標に合わせてパフォーマンスが自動的に向上するため、広告キャンペーンのパフォーマンスを改善できます。

ご利用の開始については、Google アカウント マネージャーにお問い合わせください。

 

ウェブ ファーストの広告主様の場合、シームレスなカスタマー ジャーニーを構築し、ウェブとアプリのチャネルから最大限の価値を引き出すには、ウェブ キャンペーンとアプリ キャンペーンの両方を使用している広告主様向けのベスト プラクティス ガイドをご確認ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
16930548006587746756
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
73067