ホテル キャンペーンのおすすめの設定方法とヒント

Google 広告のホテル キャンペーンでは、柔軟な課金オプションのある入札ツールがいくつか用意されており、入札単価の調整を行うことなくターゲット市場を自動的に捉えることができます。

この記事では、ユーザーの需要が急速に変化する状況で、スマート自動入札戦略を利用してホテル キャンペーンへの投資をフル活用するためのおすすめの入札方法およびヒントを説明します。

ホテル キャンペーンを最小限の労力で効率的に管理するためのベスト プラクティス

  • 目標と成果目標を決めます。キャンペーンと広告グループを使用して特定のホテルの目標やターゲットを設定する方法について詳しくは、Google 広告のホテル キャンペーンについてをご覧ください。
  • 利用可能なリソースとリスク許容度を考慮します。照合による調整が可能な場合は、コミッション(宿泊課金型)プログラムを検討してください。このプログラムでは、キャンセルの数が多くなるのを抑えられます。調整ができない場合、調整の必要がないコミッション(コンバージョン課金型)入札戦略を利用します。
  • 適切な入札戦略が決まったら、ボリュームまたはコンバージョン率の急激な増減など、条件の変化を考慮して適切なコミッション率または入札単価を設定する方法を確認します。
  • 旅行者の行動の変化を把握し、それに応じて入札単価を調整します。たとえば、特定のデバイスタイプや予約可能期間への移行があったり、地域によって COVID-19(新型コロナウイルス感染症)から回復する時期が異なるために特定の市場で急増がみられたりする場合があります。

以下に、入札戦略に関連する複雑さへの対処に役立つヒントをいくつかご紹介します。

1. ホテル キャンペーンに適した入札戦略を特定する

クリックやコンバージョンの傾向が絶えず変化するなか、スマート自動入札は、ユーザーの所在地などのオークション時のシグナルに基づいてターゲット市場を獲得するのに役立ちます。

入札単価を頻繁に更新して変化に迅速に対応できるだけの十分なリソースがない場合は、次のいずれかのスマート自動入札戦略の活用を検討してください。

注: どのスマート自動入札戦略でも、ホテル キャンペーンのコンバージョン トラッキングが必要です。
  • コミッション(宿泊課金型): キャンセルのリスクを排除できます。旅行者が実際に宿泊した後にのみ料金が発生します。ホテル広告のコミッション(宿泊課金型)の詳細
    • 宿泊が完了した後に照合レポートをアップロードする必要があります。
  • コミッション(コンバージョン課金型): ユーザーの需要が急速に変化している場合も、予約数に合わせて自動的に最適化できます。予約が発生した場合にのみ料金が発生します。詳しくは、ホテル広告のコミッション(コンバージョン課金型)をご覧ください。
    • コンバージョン トラッキングを設定できない場合でも、クリック単価制を使用すれば入札単価調整を使用して最適化を行うことができます。
  • 拡張 CPC(eCPC): より多くの予約を獲得できるように上限クリック単価を自動調整します。ただし、ご自分でも調整が可能です。詳しくは、ホテル広告の拡張クリック単価をご覧ください。

ヒント: eCPC またはコミッション(コンバージョン課金型)を使用している場合は、Google 広告のコンバージョンのインポート機能を使用してオフライン コンバージョンをアップロードすることもできます。これは、パートナーのウェブサイトで予約が発生する場合や、予約の確定前に予約後プロセスが必要な場合に有用です。ただし、通常はオンラインのコンバージョン トラッキングの方が遅延が発生しないため、スマート自動入札のパフォーマンスが向上します。

2. 現在のトレンドを考慮して入札単価を設定する

キャンペーンの入札単価の設定で入力したコミッション率や上限クリック単価は、掲載結果や予算を適切に管理するための最善の方法です。次のヒントを参考にしてください。

  • キャンセル率が高くなることを考慮します。コミッション(宿泊課金型)ではキャンセル率が自動的に考慮されますが、コミッション(宿泊課金型)を使用していない場合は、通常より高いキャンセル率を考慮した入札単価の設定が必要になる場合があります。

キャンペーンでコミッション(コンバージョン課金型)を使用して、コミッション率 17% で最も収益の高い予約を自動的に獲得しているものの、予約の 40% がキャンセルされている場合は、コミッション率を 10~11% に変更することで、キャンセル分を差し引いた広告費用対効果を改善できます。
  • 今後の変化を想定します。スマート自動入札では、過去のコンバージョン率に基づいて、コンバージョンが最適化されます。過去 1 か月のトレンドではみられなかった急激な変化が起こると予想される場合は、それに応じて入札単価と目標を調整してください。

A 国は、国内旅行の規制を来月解除すると発表しました。過去 1 か月間と比較して、旅行需要が今後数週間で大幅に高くなることがわかっています。このチャンスを捉えるには、A 国のトラフィックがあるキャンペーンについては、コミッション率(スマート自動入札を使用している場合)または CPC を引き上げることを検討します。

3. トレンドの変化を常に把握しておく

以下の追加ツールを使用すると、旅行者の行動の変化を特定できます。

  • Google 広告のレポート: Google 広告には、ホテル キャンペーンのデータの分割の基準として使用できる、旅行プランに固有のディメンション(事前予約やレートタイプなど)が数多く用意されています。こうしたトレンドは、キャンペーンの設定や入札単価設定に役立つ情報として使用できます。
  • Think with Google: Think With Google では、旅行者への効率的なアプローチに役立つマクロのトレンドや傾向を定期的に公表しています。たとえば、Google トレンドをチェックして、さまざまな地域の「営業中のホテル」に対する検索インタレストを確認できます。
  • 入札単価シミュレーション: コミッションまたはクリック単価を使用している場合は、ホテル キャンペーンの入札単価シミュレーションを使用して、入札単価の変更が表示回数やクリック数、コンバージョン数などのパフォーマンス指標にどのように影響するかを推測できます。
注: 入札単価シミュレーションは、過去 7 日間の履歴データを使用するため、今後の掲載結果を予測するものではありません。

4.入札単価調整可能なセグメントごとに目標を調整する

ホテル キャンペーンでは、入札単価調整ディメンションが数多く用意されており、スマート自動入札を利用しているかどうかに関係なく、目的に合わせて最適化できます。ホテル キャンペーンの入札単価調整は、コミッション(コンバージョン課金型)、eCPC、クリック単価の入札戦略に対応しています。

ユースケースに応じて、次の入札単価調整を適用できます。

  • キャンセル前の広告費用対効果を考慮して自動的に最適化するコミッション(コンバージョン課金型)を使用しており、キャンセルされる可能性が高い予約へのトラフィックを減らしたいと考えています。また、「当日」の予約はキャンセルされる可能性が高いことがわかっています。こうした需要を捉えるには、予約可能期間を使用してプラスの入札単価調整を設定するか、長期の予約期間にマイナスの入札単価調整を適用することをおすすめします。
  • クリック単価制を使用しており、外出自粛中のユーザーのトラフィックがモバイルに著しく移行していることがわかりました。このパターンを考慮して、デバイスタイプ別の入札単価調整を設定することをおすすめします。
    • スマート自動入札を使用している場合、こうしたトラフィックの変化は自動的に考慮されます。

掲載結果の指標を適用されている入札単価調整ディメンションによって分割することで、入札単価調整の掲載結果を評価できます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー