入札戦略の種類

クリック、表示回数、コンバージョンのうち、どの目標を重視するかに応じて入札戦略を選択します。

クリックを重視

クリック単価 (CPC) 制では、お客様の広告をユーザーがクリックした場合のみ料金が発生します。サイトへの集客が主な目的である場合は、[クリックを重視] を選択し、さらに次のいずれかの方法を指定することをおすすめします。

  • 入札単価を自動調整する(自動入札)
    1 日の予算を設定すると、その予算内で最も多くのクリックが得られるよう自動的に調整されます。自動入札の詳細をご確認ください。

  • クリック単価を手動で設定する(個別単価設定)
    入札単価の自動調整では、ユーザーが広告をクリックした場合のみ料金が発生しますが、クリック単価の手動設定では上限クリック単価をご自身で指定できます。広告グループ単位、または個々のキーワードやプレースメントに対して入札単価を設定できます。個別単価設定の詳細をご確認ください。

表示回数を重視

クリックを重視して入札単価を設定し、発生したクリックに対して料金をお支払いいただく代わりに、広告の表示回数を基準として入札単価を設定できます。この入札戦略ではインプレッション単価 (CPM) 制が使用され、広告表示 1,000 回ごとにお支払いが発生します。広告を表示することが一番の目的である場合は、この入札戦略を使用してください。

[クリックを重視] で [クリック単価を手動で設定する] を選択した場合と同様、広告グループ単位、キーワード単位、またはプレースメント単位で入札単価を設定できます。たとえば、特定のキーワードやプレースメントの収益性が高いとわかった場合、それらのキーワードやプレースメントに広告予算を多く割り当てることができます。表示回数を重視した入札戦略の詳細をご確認ください。

コンバージョンを重視(コンバージョン オプティマイザー)

この高度な入札戦略では、キャンペーンの各広告グループについて、上限コンバージョン単価(CPA)または目標コンバージョン単価を設定できます。コンバージョン単価(CPA)制の詳細をご確認ください。

キャンペーンで使用できる単価設定方法の詳細をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

false
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false