レスポンシブ検索広告の地域の挿入機能について

地域の挿入機能を使用すると、ユーザーの所在地やよく訪れる地域、関心を示した地域に合わせて、レスポンシブ検索広告の広告文をカスタマイズできます。レスポンシブ検索広告の地域の挿入機能を使用すると、商品やサービスを提供している地域を広告文で目立たせることができます。たとえば、「大阪のホテル」、「名古屋のホテル」、「24 時間対応の横浜の水道業者」などの広告見出しを設定して、ユーザーの所在地やよく訪れる場所、関心を示した地域に合わせて広告をカスタマイズできます。

この記事では、Google 広告でのレスポンシブ検索広告の地域の挿入機能の仕組みと設定方法について説明します。

メリット

  • メッセージのカスタマイズ: 地域や関心を示した地域に合わせて広告をローカライズできます。詳しくは、このような地域が設定される仕組みについての記事をご覧ください。
  • 効率性: 数千行をアップロードして広告カスタマイザ ファイルを管理する代わりに、表示する市区町村、都道府県、国に合わせて広告をカスタマイズできます。

仕組み

たとえば、千葉県内のすべての市区町村を対象地域とする配送サービスを提供しているとします。市区町村ごとに個別の広告見出しを作成する代わりに、広告見出しに地域の挿入コードを使用すれば千葉県内をターゲットに設定できます。

広告見出しコード: {LOCATION(City)}に配送

: 広告見出しにコードを挿入する際は、大文字、小文字を正しく表記してください。

Google 広告では、このコードが広告グループ内の地域に置き換えられます。広告見出しには 1 か所、説明文は 2 か所まで地域を選択できます。地域を挿入しない場合には広告見出しが 3 つ以上必要です。デフォルトのテキストを使用してもかまいません。地域には、市区町村、都道府県、国を設定できます。

始める前に

地域は、キャンペーンの地域ターゲティングから選択します。キャンペーンの地域ターゲティングがビジネスに適した範囲に設定されており、地域の挿入機能に設定されたレベルがキャンペーンのターゲット地域に適していることを確認します。

レスポンシブ検索広告の地域の挿入機能を設定する

レスポンシブ検索広告を作成するに記載された手順に沿って設定します。

  1. 広告文を入力するときには、中かっこ({)を入力し、プルダウン メニューから [地域の挿入] を選択します。
  2. [デフォルトのテキスト] には、テキストを地域で置き換えられない場合に表示する語または語句を入力します。これは省略可能です。
  3. 表示する地域のレベルを選択します。
    • 市区町村
    • 都道府県
  4. [適用] をクリックします。

左側のページメニューで [地域] に移動すると、ターゲット地域を表示、管理できます。お客様の地域は [ターゲット地域] セクションに表示されます。

留意点

広告文には Google 広告ポリシーが適用されます。

地域の挿入機能に関する問題を解決する方法

地域の挿入機能が機能しない理由はいくつか考えられます。

  • レスポンシブ検索広告を作成すると、デフォルトで、広告見出しと説明文は順不同で表示されます。広告見出しや説明文を特定の位置に固定すると、個々の広告見出しや説明文が広告内のどこに表示されるかを調整できます。地域の広告見出しを固定するには、広告見出しが 3 つ以上必要です。
  • 地域を挿入しない場合には広告見出しが 3 つ以上必要です。デフォルトのテキストを使用してもかまいません。
  • 地域の挿入機能の文字数の条件を満たしていることをご確認ください。広告見出しの文字数が制限を超える場合は、選択した地域名の一部が表示されないことがあります。
  • キャンペーンの地域ターゲティングがビジネスに適した範囲に設定されており、地域の挿入機能に設定されたレベルがキャンペーンのターゲット地域に適していることを確認します。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。