国別の手数料

Google 広告では、一部の国において広告配信の手数料が新しくなります。各手数料の詳細については、手数料が適用される国を選択してください(たとえば、オーストリアのデジタル サービス税については、オーストリアを選択してください)。

国別の手数料について

一部の国では、広告が配信されるたびに広告費用に加えて規制実施事業費またはデジタル サービス税が請求される場合があります。これらの新しい手数料は、対象となる国でビジネスを行う費用に伴うものです。

フランスの規制実施事業費

2021 年 5 月 1 日より、フランスで配信される広告には、次回の請求書または明細書に 2% のフランス規制実施事業費が追加されます。規制実施事業費(ROC)は、フランスにおけるデジタル サービス税の法令遵守に関わる費用の一部を補うために追加されます。

Spain Regulatory Operating Cost

As of May 1, 2021, 2% Spain Regulatory Operating Costs will be added to your next invoice or statement for ads served in Spain. The Regulatory Operating Costs are being added to cover part of the cost of complying with Digital Services Tax legislation in Spain. 

オーストリアのデジタル サービス税

2020 年 11 月 1 日より、オーストリアで配信される広告には、次回の請求書または明細書に 5% のオーストリア デジタル サービス税が追加されます。この金額はオーストリアの新しいデジタル サービス税に基づいて算出されます。

英国のデジタル サービス税

2020 年 11 月 1 日より、英国で配信される広告には、次回の請求書または明細書に 2% の英国デジタル サービス税が追加されます。この金額は英国の新しいデジタル サービス税に基づいて算出されます。

トルコの規制実施事業費

2020 年 11 月 1 日より、トルコで配信される広告には、次回の請求書または明細書に 5% のトルコ規制実施事業費が追加されます。この規制実施事業費は、トルコにおいて規制遵守の複雑さとそのためのコストが大幅に増加したことに伴い追加されます。

手数料請求のタイミング

自動支払いおよび毎月の請求書発行によるお支払いの場合

手数料は毎月末に Google 広告の費用に加算されます。この加算分は次回請求時にお支払いいただきます。また、アカウントの予算を設定している場合は、アカウントの予算にも手数料が加算されます。たとえば、予算が 10,000 円、オーストリアで配信される広告のオーストリア デジタル サービス税が 500 円の場合、10,500 円(および VAT などお客様の国で適用される税金)が請求されます。アカウントの予算の調整に関する詳細

新しい手数料は、お客様の国で適用される税金(消費税、VAT、GST、QST など)の対象となります。お客様の国で適用される税金(消費税、VAT、GST、QST など)は、新しい手数料に加えて請求されます。

手動支払いまたは前払いの場合

手動支払いをご利用の場合、または自動支払いのアカウントで前払いを行った場合、広告費用を使い切った後でこれらの手数料を請求され、次の前払いから自動的に差し引かれる未払い残高が残る場合があります。たとえば、トルコで配信された広告の規制実施事業費が 500 円で、新たに 10,000 円を支払った場合、広告表示に使用できるクレジットは 9,500 円(10,000 円 - 500 円)となり、利用可能な残高は 9,500 円と表示されます。

新しい手数料は、お客様の国で適用される税金(消費税、VAT、GST、QST など)の対象となります。お客様の国で適用される税金(消費税、VAT、GST、QST など)は、新しい手数料に加えて請求されます。

手数料を確認するには

手数料は Google 広告アカウントの次のいずれかで確認できます。

  • 毎月の請求書または明細書(国ごとに個別の項目として表示)
  • Google 広告アカウントの [取引] セクション
    • 手数料は特定の国で配信される広告に対して請求されます。デジタル サービス税または規制実施事業費の請求額を表示するには、ツールアイコン Google Ads | tools [Icon] をクリックして、[料金] で [概要] を選択し、左のメニューから [料金の履歴] をクリックします。

手数料の計算方法

手数料は特定の国で配信された広告の表示回数またはクリック数に基づいて請求されます。複数の国で広告を掲載する場合、対象となる国のユーザーに配信された広告に対してのみ請求されます(たとえば、ドイツ、オーストリア、ポーランドで広告を掲載する場合、手数料が適用される国において発生する手数料のみが請求されます)。

キャンペーンがある特定の国のユーザーに向けられていると明示的に表現されたものでなくても、ビジネスを展開している地域に対して、たとえば英国のユーザーが関心を持っていると考えられる場合には、英国のユーザーに広告を表示することもあり得ます。そのため、広告主様の責任で、キャンペーンのターゲットが正確に設定され、配信対象として想定する国で広告が確実に配信されていることを確認していただく必要があります。Google では、有効なクリックが発生した結果、またはキャンペーンのターゲット設定に基づいて広告が表示された結果として発生した規制実施事業費やデジタル サービス税の払い戻しは行いません。

広告が配信されている国を確認するには、次の手順でカスタム レポートを作成します。

  1. 定義済みの距離レポートを作成します。
  2. デフォルトの行をすべて削除します。
  3. [国/地域(ユーザーの所在地)] 行を追加します。

配信先として想定していない国で広告が配信されている場合は、ターゲット設定からその国を明示的に除外することをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。