Google ディスプレイ ネットワークにおける匿名 URL のサポート終了

Ads.txt の要件に準拠するために、Google ディスプレイ ネットワークにおける匿名 URL のサポートを終了しました。

質問 1: 匿名広告枠のみをターゲットにしていても、レポートに「xyz.anonymous.google.com」以外の URL が表示されるのはなぜですか。

Google ではこれまで、パブリッシャーが広告主様にサイト名を開示せずにプレースメントを提供できるようにしていましたが、Ads.txt の要件に準拠するため、パブリッシャーは匿名 URL を使用できなくなりました。これにより、広告が配信されたページの正確な URL が表示されるようになります。仮名化プレースメント(例: 「xyz.anonymous.google.com」)をターゲットにしていた場合は、ターゲットにしていたパブリッシャーの識別可能なプレースメントに置き換えられています。

この変更はレポートにのみ関係しており、キャンペーン設定で指定されているどの設定(入札単価、ターゲティング、コンバージョンなど)にも影響しません。

質問 2: Ads.txt とは何ですか。

Ads.txt は、Interactive Advertising Bureau Tech Lab によって導入されたツールであり、広告主様やパブリッシャーなど、オンライン広告業界の関係者への透過性を実現するために作成されました。パブリッシャーは、広告枠の販売が承認されているすべての販売者がリストされた、一般公開の .txt ファイルをホストします。これは、オンライン広告業界の関係者(およびその他の興味のあるユーザー)が広告枠の偽装防止のために参照できます。

たとえば、広告を購入した広告主様は、広告が配信されているプレースメントがわかり次第、パブリッシャーの ads.txt ファイルを確認し、承認済みの販売者を通じて広告枠を購入したかどうかを確認できます。IAB のウェブサイトのこちらのページでは、これらの .txt ファイルの使用方法について詳しく説明しています。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー