スマート アシスト キャンペーンのキーワードのテーマについて

キーワードのテーマは、Google 検索の検索結果にあわせて広告を掲載しやすくするための、単語またはフレーズです。適切なキーワードのテーマを選択すると、お客様が提供する商品やサービスを探しているユーザーにリーチするうえで役立ちます。この記事では、キーワードのテーマの仕組みと、スマート アシスト キャンペーンに適したキーワードのテーマを選択するためのヒントを説明します。

仕組み

キーワードのテーマはそれぞれ、複数の類似した単語とフレーズで構成されています。たとえば、「パン屋」というキーワードのテーマでは、ユーザーが「近くのパン屋」、「地元のパン屋」、「ケーキ屋」と検索した際に広告が表示されます。

広告が有効になった後は、キャンペーンの検索フレーズを確認し、お客様のビジネスと関連性の低いフレーズを無効にできます。また、広告が表示されるタイミングをご自身で管理できます。

注: 他の種類の Google 広告キャンペーンでキーワードに慣れている方にとって、キーワードのテーマはキーワードと似て見えます。ただし、スマート アシスト キャンペーンでは、1 つのキーワードのテーマで、複数のキーワードを関連付けることができます。膨大な量のキーワードをリストに入力する必要がないので、時間を節約できます。また、検索内容に応じて広告を適切に表示できるので、広告の成果が向上します。

価値の高いキーワードのテーマをスマート アシスト キャンペーンに追加する

キャンペーンにキーワードのテーマを追加する際のおすすめの方法をいくつかご紹介します。

最大 7〜10 個のキーワードのテーマを設定する

広告は複数の類似する単語とフレーズに対して表示されるため、いくつかのキーワードのテーマを設定すると、残りは自動で設定されます。キーワードのテーマを追加しすぎると、関連性の低い検索結果に広告が表示される可能性があります。

ユーザーの立場で考える

お客様が提供している商品やサービスを検索する際に、ユーザーはどのようなフレーズで検索する可能性が高いでしょうか。ユーザーが使用する特定の単語やフレーズがある場合は、それらをキーワードのテーマとして含めることをおすすめします。

広告戦略を意識する

宣伝する対象は、ビジネス全体でしょうか、それとも特定の商品やサービスでしょうか。たとえばご自身のパン屋で温かい飲み物を販売していても、ケーキやその他の焼き菓子を宣伝したいとします。キーワードのテーマは、宣伝する商品(この場合は飲み物ではなく、ケーキとその他の焼き菓子)に合わせて絞り込んでください。
選択した単語を広告文に反映することもおすすめします。広告のリンク先には、ウェブサイトの中で最も関連性の高いページをお選びください。

キーワードのテーマごとに分けてキャンペーンを作成する

さまざまな種類の商品やサービスを販売している場合は、それぞれにキーワードのテーマをターゲット設定した複数のキャンペーンを運用できます。特定の商品やサービスの宣伝に力を入れる場合は、その広告に予算を多く割り当てることもできます。

キーワードのテーマを変更するには:

  1. Android 向け Google 広告アプリを開きます。
  2. 上部のメニュー アイコン をタップして、[アカウントの概要] を選択します。
  3. データを確認するキャンペーンを見つけて、[詳細] をタップします。
  4. 下にスクロールして、[キーワードのテーマ] カードの [編集] をタップします。
  5. キーワードのテーマを編集します。
  6. [保存] をタップします。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。