データドリブン アトリビューションに切り替える際のおすすめの方法

コンバージョン アクションのアトリビューション モデルを「データドリブン」に変更した後は、「キャンペーン」レポートに変化が生じます。また、入札単価と目標を確認し、更新する必要があります。

[キャンペーン] で見込まれる変化

アトリビューション モデルの変更後は、[キャンペーン] タブのレポートに変化が生じます。

  • 少数値の貢献度: 特定のコンバージョンに対する貢献度は、選択したアトリビューション モデルに応じて、貢献度の高い広告のインタラクションに分配されます。その結果、[コンバージョン] と [すべてのコンバージョン] 列に初めて小数点が表示されるようになります。
    例 1
    [線形] モデルを選択したとします。ユーザーがキーワード 1 > キーワード 2 の順に経路を進み、その後コンバージョンに至った場合、そのコンバージョンの結果として [コンバージョン] 列の各キーワードに 0.5 が表示されます。
  • 所要時間: Google 広告では、広告が操作された日付に基づいてコンバージョンが報告されます。ラストクリック アトリビューション以外のモデルでは、それぞれ異なる時点で発生した複数のインタラクション間でコンバージョンに対する貢献度が共有されるため、「キャンペーン」レポートに関連する所要時間が増加する可能性があります。その結果、アトリビューション モデルを変更した直後の数日間は、一時的にコンバージョンが若干低下することがあります。

    所要時間がビジネスのレポートに与える影響を把握するには、[経路の指標] アトリビューション レポートの [コンバージョン達成までの平均日数] を確認します。コンバージョン達成までの平均日数が経過してから、掲載結果を評価することをおすすめします。

入札単価と目標を更新する

アトリビューション モデルを変更した場合、[コンバージョン] 列に含まれる各コンバージョンの入札単価と目標を更新することをおすすめします。更新を行わない場合、コンバージョンのアトリビューションを変更した影響により入札単価が過多 / 過小となる可能性があります。

個別単価設定のみを使用している場合は、新しいデータに基づいて最適化を開始するまで、掲載結果に影響は(プラスにもマイナスにも)ありません。ただし、「目標コンバージョン単価」や「目標広告費用対効果」の入札戦略を使用している場合、目標を変更することが特に重要です。以下に例を示します。

例 2

目標コンバージョン単価制を使用しているとします。コンバージョン アクションを「データドリブン」モデルに変更すると、過去 2 週間の 2 種類のキャンペーンのラストクリックの掲載結果について、[コンバージョン] 列に次のように表示されます。

  • 「ブランド」(目標到達プロセスの下流)キャンペーン: コンバージョン単価 500 円、コンバージョン 200 回
  • 「一般」(目標到達プロセスの上流)キャンペーン: コンバージョン単価 2,000 円、コンバージョン 50 回

目標コンバージョン単価制を使用しているため、上記の目標は入札で使用される目標と同じものとなります。

過去のデータドリブン アトリビューションの掲載結果を反映した「コンバージョン(現在のモデル)」列を確認し、次の内容をご覧ください。

  • 「ブランド」(目標到達プロセスの下流)キャンペーン: コンバージョン単価 667 円、コンバージョン 150 回
  • 「一般」(目標到達プロセスの上流)キャンペーン: コンバージョン単価 1,000 円、コンバージョン 100 回

目標コンバージョン単価を元の 500 円と 2,000 円のまま、「ラストクリック」から「データドリブン」モデルに切り替えると、コンバージョン数の変化により入札単価が影響を受けるため、「ブランド」キャンペーンでは安く入札され、「一般」キャンペーンでは高く入札される可能性があります。

入札単価と目標の調整を計算する

目標コンバージョン単価の場合

  1. [キャンペーン] タブで、新たに選択したアトリビューション モデルに従ってコンバージョン アクションの掲載結果を確認します。このとき、[コンバージョン(現在のモデル)] 列と [費用 / コンバージョン(現在のモデル)] 列をレポートに追加します。詳しくは、掲載結果データの表の表示項目を追加、削除する方法をご確認ください。
  2. 追加した現在のモデルに関する列のデータと、[コンバージョン] 列と [費用 / コンバージョン] 列のデータとを比較し、変化を確認します。
  3. [費用 / コンバージョン] 列で変化率を計算します。
  4. 下の例を参考にして、キャンペーンごとに、前のコンバージョン単価の目標を 3. の変化率を使って調整し、新たにコンバージョン単価の目標を設定します。

: 分析期間を選択する際は、クリックからコンバージョンまでの所要時間が影響しないように、目安として過去数週間は対象期間から除外することをおすすめします。

例 3

9 月 1 日にコンバージョン アクションのアトリビューション モデルを更新したとします。過去 14 日間(8 月 18 日~31 日)のデータを除外する必要があるため、8 月 4 日~17 日のデータで目標コンバージョン単価調整比を計算します。

キャンペーン 費用 コンバージョン数 費用 / コンバージョン コンバージョン(現在のモデル) 費用 / コンバージョン(現在のモデル) tCPA 調整比
一般 1 25,000 円 200 125 円 280 89 円 +29%
一般 2 50,000 円 600 83 円 520 96 円 +16%

「一般 1」キャンペーンの場合、コンバージョン単価が 36 円下がっています。この低下分を調整するには、tCPA を 29%(36÷125=0.29)下げます。

「一般 2」キャンペーンの場合、コンバージョン単価が 13 円上がっています。この増加分を調整するには、tCPA を 16%(13÷83=0.16)上げます。

目標広告費用対効果の場合

新しい目標広告費用対効果の計算手順は上記と似ていますが、列が異なります。

  1. [キャンペーン] タブで、新たに選択したアトリビューション モデルに従ってコンバージョン アクションの掲載結果を確認します。このとき、[コンバージョン値(現在のモデル)] 列と [コンバージョン値 / 費用(現在のモデル)] 列をレポートに追加します。詳しくは、掲載結果データの表の表示項目を追加、削除する方法をご確認ください。
  2. 追加した現在のモデルに関する列のデータと、[コンバージョン値] 列と [コンバージョン値 / 費用] 列のデータとを比較し、変化を確認します。
  3. [コンバージョン値 / 費用] 列で変化率を計算します。
  4. 下の例を参考にして、キャンペーンごとに、前の目標広告費用対効果を 3. の変化率を使って調整し、新たに目標広告費用対効果を設定します。

: 分析期間を選択する際は、クリックからコンバージョンまでの所要時間が影響しないように、目安として過去数週間は対象期間から除外することをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。