サイトワイド タグ設定のトラブルシューティング

Google 広告のキャンペーン データを正確に測定するには、サイトワイド タグを使用して、お客様のサイトと同じドメインの Cookie(ファーストパーティ Cookie)を設定できるようにします。自動タグ設定を有効にしている場合は、クリックの発生後にこれらのファーストパーティ Cookie で GCLID(「Google クリック ID」)と AUID(「広告主ユーザー ID」)のパラメータが保存されるようになります。これらの Cookie には、ユーザーの一意の ID またはユーザーをサイトに導いた広告クリックの一意の ID が保存されます。その後コンバージョン ページで同じタグが呼び出されると、保存された GCLID と AUID に基づいてコンバージョンが適切に測定されます。

いずれかのサイトワイド タグ ソリューショングローバル サイトタグ(gTag)Google タグ マネージャーGoogle アナリティクス)を導入済みでもアカウントに警告が表示されている場合は、下記の手順でコンバージョンが正確に測定されていることを確認してください。

自動タグ設定が有効になっているか確認する

コンバージョンを正確に測定するには、Google 広告アカウントで自動タグ設定を有効にする必要があります。これにより、広告でクリックが発生した後に、ランディング ページに自動的に GCLID パラメータと AUID パラメータが追加され、サイトワイド タグ設定ソリューションで実装されているファーストパーティ Cookie に保存されるようになります。手順についてはこちらをご覧ください。こちらの手順に沿って、自動タグ設定が実際に機能しているか確認することもできます。

自動タグ設定は ValueTrack パラメータに対応しています。新たなパラメータを URL に追加する必要がある場合は、こちらの記事をご確認ください。

すべてのページでサイトワイド タグが呼び出されているか確認する

GCLID を収集してファーストパーティの Cookie に保存するには、すべてのランディング ページにサイトワイド トラッキング ソリューションが導入されている必要があります。サイトワイド タグを設置していないランディング ページがある場合、そのページの表示につながるクリックは測定されません。広告で使用されているランディング ページを確認するには、左側のページメニューで [ランディング ページ] をクリックします。

[コンバージョン トラッキング対応率] 列を参照すると、ランディング ページのファーストパーティ Cookie によってコンバージョンをトラッキング可能なクリックが全体に占める推定割合を確認できます(ファーストパーティ Cookie によるコンバージョン トラッキングは、最も精度の高いコンバージョン測定方法です)。対応率が 100% に満たない場合、ブラウザによってはコンバージョン トラッキングに漏れが生じていることを示します。詳しくはコンバージョン トラッキング対応率についてをご覧ください。

Google タグ マネージャーを使用している場合は、コンバージョン リンカーを必ず有効にする

ドメインに関連付けられたファーストパーティ Cookie にクリックデータを保存するには、コンバージョン リンカー タグを使用します。この機能を使用すると、コンバージョンを効果的に測定できるようになります。ユーザーが広告やプロモーションをクリックして訪れる可能性があるページにはすべてコンバージョン リンカー タグを設置しましょう。全ページでコンバージョン リンカー タグが配信されるようにしてしまうことをおすすめします。

コンバージョン ページで以前使用していたタグを確認する

コンバージョンが重複してカウントされないようにするには、コンバージョン ページから従来のタグが削除されている旧 Google 広告コンバージョン トラッキングまたは旧 Floodlight タグ)ことを確認します。この確認には Google Tag Assistant を使用します。Google 広告アカウントで [ツール] > [コンバージョン] > [コンバージョンを選択] > [ウェブページ] を表示して、ウェブページのリンクにアクセスすると、古いタグが設置されているか確認できます。古いタグがある場合は削除して、サイトワイド タグのみを設置してください*。

*グローバル サイトタグ(gTag)または Google タグ マネージャーを使用している場合にのみ該当します。Google アナリティクスを Google 広告にリンクして使用している場合は、従来のタグを設置したままでかまいません。

Google アナリティクス使用時はプロパティと Google 広告のリンクを正しく行う

アナリティクスのプロパティを Google 広告とリンクする際のリンク先には、コンバージョン アクションが作成された Google 広告アカウントを選ぶ必要があります。コンバージョンを作成したのが Google 広告のクライアント センター(MCC)アカウントであれば、リンク先も MCC アカウントにします。MCC アカウントで作成したコンバージョン アクションを使用している子アカウントをリンク先にすることはできません。

複数のドメインまたは複数の Google 広告アカウントについて確認する

Google 広告アカウントで複数のドメインを使用している場合は、すべてのドメインでサイトワイド タグ ソリューションを使用していることを確認します。Google 広告を Google アナリティクスにリンクして使用している場合は、Google アナリティクスのすべてのアカウントとビューが Google 広告アカウントにリンクされていることを確認します。

Google 広告アカウントが複数ある場合は、各アカウントですべてのコンバージョンがサイトワイド タグ ソリューションで測定されていることを確認します。一部のアカウントに Google アナリティクスがリンクされていないことや、複数のドメインを使用している場合に一部のドメインでサイトワイド タグが設置されていないことがあります。

コンバージョン ページのドメインを確認する

コンバージョン ページのドメインは、広告のランディング ページのドメインと同じである必要があります。そうでない場合は、クロスドメイン トラッキングを導入する必要があります(Google 広告コンバージョン トラッキング用の gTag の設定方法Google アナリティクスの設定方法Google タグ マネージャーの設定方法)。パターン(異なるドメイン、パス、サブドメインなど)があるかどうか確認してください。次の 3 つのケースは区別されます。

  • ドメインがランディング ページと同じ: 変更は不要
  • 顧客のドメイン(ランディング ページとは異なる): クロスドメイン ソリューションが必要
  • 第三者ドメイン: その第三者がサイトワイド タグを導入しない限り、長期的には機能しない

設定した Cookie がコンバージョン ページへ移動後も利用可能か確認する

コンバージョンを正確に測定するには、ランディング ページのファーストパーティ Cookie で取得された GCLID と AUID が、コンバージョン ページでもブラウザで取得できる必要があります。それには、コンバージョンに至ったユーザーのブラウザで Cookie が設定されている必要があります。ユーザーがコンバージョン ページに到達する前に、サイトによって Cookie が削除されていないか、デベロッパー チームに確認してください(デベロッパー ツールでコンバージョンをテストして、GCLID と AUID が Cookie に追加されているかどうかを確認できます)。

タグから JavaScript の部分を削除していないことを確認する

<img> タグ(ピクセルのみの実装)を使用すると、ブラウザによってはトラッキングが影響を受ける可能性があります。ウェブサイトで完全な JavaScript サイトワイド タグを使用していることを確認してください。

iframe 内からコンバージョン トラッキングを呼び出すことはできない

既存のタグ(Floodlight タグや他のトラッキング ソリューションなど)を使用して、コンバージョン トラッキング タグを実装(ピギーバック)することはできません。これらのタグは別のドメインから呼び出されるため、設定された Cookie はファーストパーティ Cookie とはみなされません。

全サイト(モバイルサイトを含む)で上記すべての手順を確認する

Google 広告キャンペーンで、トラフィックを異なるサイトドメインに送信している場合や、それらのサイトのモバイル版を使用している場合は、全サイトにサイトワイド タグを適切に設置することが重要です。また、本ドキュメントで説明しているすべての手順を確認して、すべてのコンバージョンが正確に測定されるようにすることも必要です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。