ランディング ページ レポートでランディング ページを評価する

[ランディング ページ] ページは、不適切なユーザー エクスペリエンスを提供している可能性のあるランディング ページを特定するうえで役立ちます。ユーザー エクスペリエンスが不適切なランディング ページは、訪問ユーザーがコンバージョンを達成しにくくなるだけでなく、広告の掲載結果にも影響する可能性があります。また、ランディング ページの利便性はオークション式の課金モデルでも重要な要素となるため、ページを評価することは重要です。

このレポートには、すべての検索キャンペーン、ディスプレイ キャンペーン、動画キャンペーンのランディング ページ URL が表示されます。

このレポートでは、コンバージョンのデータなど、通常の掲載結果の指標を確認できます。また、このレポートには、モバイル端末での利便性に改善の余地があるランディング ページを特定するうえでお役立ていただける、3 つの指標があります。

  • モバイル速度スコア: モバイル端末で、ページがどの程度の速度で読み込まれるかを示す 10 段階のスコアです。
  • モバイル フレンドリーなページのクリックの割合: Google のモバイル フレンドリー テストに基づく、ページのモバイル対応度を示します。
  • 有効な AMP ページのクリックの割合: ユーザーが広告をクリックしたときにページが有効な AMP ページとして読み込まれる頻度を示します(ページが Accelerated Mobile Pages(AMP)の基準に対応している場合)。この評価は AMP 検証ツールテストに基づいています。

速度の重要性を理解する

モバイル広告の成果を容易に高める方法の 1 つとして、ランディング ページの速度を改善することをおすすめします。小売業では、モバイルでの読み込みが 1 秒遅くなると、最大 20% のモバイル コンバージョンに影響することがわかりました。

ただし、実際のランディング ページの読み込み時間や、読み込み時間が掲載結果に与える影響は、評価することが難しい場合があります。このため、多くの時間を費やしてキーワードやクリエイティブを最適化しても、ランディング ページの読み込みが遅ければ、コンバージョンの機会を提供する前に訪問ユーザーを逃してしまいます。

モバイル速度スコアは、モバイル端末で理想的なユーザー エクスペリエンスを提供できていないページはどれかを確認するうえで役立ちます。このスコアは、実際のユーザー エクスペリエンスに関するデータに基づいて算出され、ページの速度と見込まれるコンバージョン率との関係など、数多くの要素が考慮されます。

なお、速度スコアを作成するには最低限の量のデータが必要となるため、訪問ユーザー数が少ない一部のページについては、スコアが算定されない場合があります。特定の URL の速度スコアが表示されない場合は、レポートの期間を延ばしてみてください。

モバイル速度スコアを改善するには

ページのモバイル速度スコアが全般的に低い場合は、モバイルでの読み込み時間を改善する方法をウェブマスターにお問い合わせください。ユーザーのランディング ページへの不要なリダイレクトは、すべて削除してください(モバイルページのサーバーサイド リダイレクトや、Google Ads で設定した最終ページ URL からのリダイレクトなど)。

AMP ページと Google Ads キャンペーンを併用することもご検討ください。AMP ランディング ページは瞬時に読み込まれます。また、AMP は Google Ads でネイティブにサポートされており、モバイルサイトの速度の飛躍的な向上を容易に図ることができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。