ブランド効果測定について

ブランド効果測定は、一部の Google 広告アカウントではご利用いただけません。ブランド効果測定をご利用の場合は、Google のアカウント担当者までお問い合わせください。Google のアカウント担当者をお持ちでない場合、アカウントでブランド効果測定をご利用いただくことはできません。

ブランド効果測定は、動画広告の効果を測定できる無料ツールです。このツールを使うと、動画キャンペーンの調整や改善を図ることができます。

ブランド効果測定では、クリック数、インプレッション数、視聴回数などの従来の指標ではなく、広告想起、ブランド認知度、比較検討などの指標を重視しながら、マーケティング目標に合わせてキャンペーンを展開できます。テストの方法とサンプルサイズの大きさにより、ユーザーが商品やブランドに対して持つイメージに対して、広告が与える影響を詳細に把握できます。

この記事では、ブランド効果測定の利点とその仕組みについて説明します。

ブランド効果測定の仕組み

ブランド効果測定は、オークションで購入したインストリーム広告やバンパー広告で使用できます。現在、TrueView アウトストリーム キャンペーンと検索キャンペーンではご利用いただけません。

ブランド効果測定を使用するには、まず宣伝対象である商品またはブランドを作成する必要があります。宣伝対象は、共通点を持つすべてのキャンペーンのグループとして考えることができます。ブランド、商品、店舗、サービスなど、宣伝したいものであれば何でもかまいません。宣伝対象に関する詳細情報を提供すると、その情報を使って調査用の質問群が生成されます。これらの質問をターゲット ユーザーに表示して、ブランド効果を測定します。

広告キャンペーンの運用が始まると、動画の再生が開始される前に、YouTube でブランドリフト調査が表示されます。この調査は、次のグループに対して表示されます。

  • 広告を見たユーザー
  • 広告の表示対象だったが広告を見なかったユーザー

ユーザーにさまざまな時間帯に表示されるように、さまざまな指標に対して複数の調査を作成できます。広告を見たグループと見なかったグループの回答の違いにより、広告想起、認知度、比較検討などの重要なブランド指標に広告が与える影響を判断します。

ブランド効果測定データについて

調査の回答数に応じて、ブランド効果について次の集計指標を確認できます。

  • 効果があったユーザー数
  • 効果があったユーザーあたりの費用
  • 絶対的ブランドリフト
  • 余力に関するブランド効果測定
  • 相対的ブランドリフト
  • コントロール グループの肯定的回答の割合
  • 広告表示グループの肯定的回答の割合

宣伝対象に関連付けられたキャンペーンの運用が始まると、ブランド効果に関する次の集計指標を確認できるようになります。

  • 広告表示グループの回答数
  • 基準グループの回答数
  • すべてのアンケート回答数
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false