Google 広告を使用してディスプレイ キャンペーンを計画する

Google 広告では、ディスプレイ キャンペーン プランナーはスタンドアロン ツールとしてご利用いただけなくなりました。代わりに、その機能(キャンペーンの計画と予測)はキャンペーンの作成とターゲティングのオプションに組み込まれ、ディスプレイ キャンペーンの成果が把握しやすくなりました。

この記事では、Google 広告で強化された計画と予測の機能について、そしてより少ない労力で目標を達成する上でこれらの機能がどのように役立つかについて、説明します。

Google 広告における計画と予測の機能のメリット

  • 情報が必要になったらすぐ入手でき、Google 広告とディスプレイ キャンペーン プランナーを切り替える必要はありません。
  • 広告フォーマットとターゲティング方法が豊富にサポートされているため、質の高い予測データを取得できます。

変更点

  • ターゲティング オプション: Google 広告では、ターゲット候補の生成に際して、オーディエンス ターゲティング、トピック ターゲティング、プレースメント ターゲティング、キーワード ターゲティングのそれぞれの方法で、単語、フレーズ、URL を使ってターゲットを設定することができます。
  • 広告枠の詳細: Google 広告では、新しい広告グループや新しいキャンペーンを作成する際とターゲット設定を編集する際に、広告枠の詳細が見つけやすくなりました。
  • 掲載結果の予測: Google 広告では、キャンペーン作成プロセスで、キャンペーンの成果を判断するための掲載結果の予測を確認できます。
  • 上位プレースメントや手動プレースメント候補の検索: これらはディスプレイ キャンペーンにおいては最適な機能ではないと判断されたため、Google 広告では利用できなくなりました。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。