スマート アシスト キャンペーンの検索フレーズについて

検索フレーズとはユーザーが検索に使用した語句で、設定されたキーワードと一致すると広告が表示される可能性があります。スマート アシスト キャンペーンのダッシュボードでは検索フレーズとその成果を確認できます。この記事では、スマート アシスト キャンペーンで使用する検索フレーズの仕組みについて説明します。

検索フレーズの仕組み

スマート アシスト キャンペーンの申し込み時や作成時に、キーワードのテーマを選択するよう求められます。キーワードのテーマとはお客様が入力する語句で、Google で検索された内容に合った広告を表示するために使用されます。広告が表示された時にユーザーが Google で入力した語句が、検索フレーズとして広告主様にレポートされます。

たとえば、「パン屋」というキーワードのテーマでは、ユーザーが Google でその関連語句を検索したときに広告が表示されます。この場合、検索フレーズのリストには「近くのパン屋」、「地元のパン屋」、「ケーキ屋」などの語句が含まれます。

検索フレーズは、広告掲載が少なくとも 1 回発生するまでは [検索フレーズ] カードに表示されません。このため、通常はキャンペーンの作成直後の検索フレーズカードは空になっています。

選択したキーワードのテーマは、広告が表示される検索結果に影響するため、確認して更新することをおすすめします。

広告に検索フレーズを追加することはできません。ただし、割り当てられた検索フレーズの中で、お客様のビジネスに適していないものがある場合は削除できます。詳しくは、検索フレーズを有効または無効にするをご覧ください。

お店やサービスの名前

お店やサービスの名前が検索フレーズとして自動的に追加されるので、名前で検索している見込み顧客にも広告が表示されます。お店やサービスの名前を検索フレーズとして使うことにより、オーガニック検索結果と広告枠の両方に情報が表示され、露出を増やすことができます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。