Gmail キャンペーンの自動更新について

必要に応じて自動的に次の変更が行われます。

次の設定は、新しい Gmail キャンペーンのサブタイプと互換性がないため、変更されます。この変更により、費用が増えるなど、キャンペーンに影響を与える可能性があります。

  • フリークエンシー キャップ: Google 広告ユーザーによるフリークエンシー キャップの指定がなくなります。すべての Gmail キャンペーンのフリークエンシー キャップは Google 広告によって決定されます。
  • モバイルおよびタブレット カテゴリ(アプリ、インタースティシャル、ウェブ): Gmail での広告配信サービスはトップレベル カテゴリ(例: モバイル)のみをサポートしており、サブカテゴリ(例: モバイルアプリのインタースティシャル)はサポートしていません。サブカテゴリを選択した場合は、トップカテゴリが使用されます。
  • Gmail アプリは、「GMob モバイルアプリ(インタースティシャル以外)」コンテンツ タイプには含まれなくなります。この設定を有効にしている場合、Gmail キャンペーンで Gmail アプリのトラフィックが表示されるようになる可能性があります。今後 Gmail アプリを除外するには、キャンペーンの [設定] の [デバイス] で [端末ごとにターゲティングを指定] オプションを使用します。: この変更は、アップグレードできないものを含め、すべての Gmail キャンペーンに適用されます。

キャンペーンに影響を及ぼさず、新しい Gmail キャンペーンのサブタイプと互換性がない次の設定やターゲットが削除されます。

  • ロケーション オプション(AOI)
  • コンテンツの除外(GMob モバイルアプリ(インタースティシャル以外)、上記を参照)
  • カスタム アフィニティ
  • プレースメント
  • コンテンツ キーワード
  • サードパーティのリマーケティング リスト
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。