Google 広告のコンバージョン トラッキングにグローバル サイトタグを使用する

さまざまな Google サービスでウェブサイト コードをより効率的にお使いいただけるよう、グローバル サイトタグを使って Google 広告のコンバージョンをトラッキングできるようにいたしました。Google 広告リニューアル版でウェブサイトのコンバージョン アクションを作成すると、以前のコンバージョン トラッキング タグの代わりにグローバル サイトタグが表示されます。このタグは、ウェブサイトのすべてのページに実装してください。トラッキングするコンバージョンの種類によっては、サイトの特定のページに別のコード(イベント スニペットまたは電話番号スニペット)も実装する必要があります。これらのスニペットは、コンバージョンを測定する際にグローバル サイトタグと連携して機能します。

この記事では、グローバル サイトタグを使うメリットと、適切に実装する方法を説明します。

従来のコンバージョン トラッキング タグをウェブサイトに設定している場合はそのまま使用できますが、より正確にコンバージョンを測定するには、新しいコンバージョン タグを使うことをおすすめします。

メリット

  • 他の Google サービスと迅速かつ簡単に連携できる: グローバル サイトタグは、Google 広告だけでなく、Google アナリティクスなど他の Google サービスでも使用します。これらのサービスを使用する場合、いずれも 1 つのタグでトラッキングできるため、ウェブサイトへの実装が容易になります。
  • コンバージョン トラッキングの精度が向上: グローバル サイトタグを使用すると、広告主様のドメインに新しい Cookie が設定されます。この Cookie には、ユーザーまたはユーザーをサイトに導いた広告クリックの一意の ID が保存されます。これにより、Google 広告でコンバージョンをより正確に計測できるようになります。グローバル サイトタグでは、Google 広告コンバージョンとしてカウントする、ウェブサイトでのユーザー行動を具体的に指定できます。
  • すべてのコンバージョンを漏れなく測定: 以前のコンバージョン トラッキング タグでは、ピクセルのみ実装するよう変更した場合、Google 広告ですべてのコンバージョンを測定することができませんでした。グローバル サイトタグを使用すると、すべてのコンバージョンを測定することができます。

Google 広告のコンバージョン トラッキング タグは、ドメインに設定される新しい Cookie のクリック情報を使用します。データ収集に関する明確で包括的な情報をユーザーに開示し、法律的に必要な場合は、データ収集への同意を得なければならないことにご注意ください。

グローバル サイトタグの仕組み

グローバル サイトタグは、別のコード(イベント スニペットか電話番号スニペット)と連携してコンバージョンをトラッキングします。

  • ウェブサイトのコンバージョンをトラッキングする際は、イベント スニペットによって、コンバージョンを測定するタイミングがグローバル サイトタグに知らされます。
  • ウェブサイト経由の電話問い合わせをトラッキングする場合は、電話番号スニペットによって、ビジネスの電話番号が Google 広告専用転送電話番号に置き換えられます。

お客様のアカウント用のグローバル サイトタグとこのタグとともに使用するスニペットは、ウェブサイトのコンバージョン トラッキングを設置する際に発行されるので、それをコピーします。以下のコード スニペットはサンプルなので、お客様のウェブサイトでは使用できません。

グローバル サイトタグ

グローバル サイトタグ スニペットを、ウェブサイトのすべてのページ(HTML ページの <head> セクション)に追加します。以前に同じ Google 広告アカウントから別のコンバージョン アクションを作成した際にそのグローバル サイトタグをすでに追加した場合(または、アカウントで別のコンバージョン アクションを作成した際にクライアント センター(MCC)アカウントにそのタグを実装した場合)は、グローバル スニペットを再度追加しないでください。ウェブサイトへのグローバル サイトタグの設置を Google の別のサービス(例: Google アナリティクス)や別の Google 広告アカウントから行った場合、手順に沿って Google 広告アカウントで動作するようにタグを修正してください。

以下は、グローバル サイトタグのサンプルです。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Ads: CONVERSION_ID -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-CONVERSION_ID"></script>
  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());

    gtag('config','AW-CONVERSION_ID');
  </script>

イベント スニペット

ウェブサイト コンバージョンをトラッキングするには、イベント スニペットをコンバージョン ページに実装する必要があります。グローバルタグのスニペットの後であれば、コード内の任意の場所に挿入できますが、最適なトラッキング精度を得るには <head> セクション内に配置することをおすすめします。

イベント スニペットの例を以下に示します。

    <!-- Event snippet for Example conversion page -->
    <script>
      gtag('event', 'conversion', {'send_to': 'AW-CONVERSION_ID/CONVERSION_LABEL',
        'value': 1.0,
        'currency': 'USD'
      });
    </script>

電話番号スニペット

お客様のウェブサイトでトラッキングする電話番号が表示されているページに電話番号スニペットを実装します。電話番号スニペットは、グローバル サイトタグの直後に配置してください。

電話番号スニペットの例を次に示します。

<script>
  gtag('config', 'AW-CONVERSION_ID/CONVERSION_LABEL', {
    'phone_conversion_number': '1-650-555-5555'
  });
</script>

Google 広告アカウントに既存のグローバル サイトタグを適用する方法

ウェブサイトの各ページにグローバル サイトタグをすでに実装している場合は、複数の Google 広告アカウントや Google アナリティクス アカウントにデータを送信するように、そのタグを設定できます。たとえば、Google アナリティクス アカウントから取得したグローバル サイトタグは、次のようになります。

  <!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script>

  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());

    gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
  </script>

このグローバル サイトタグを Google 広告アカウントでも使えるようにするには、ハイライト表示された行を追加して、「AW-CONVERSION_ID」の部分を、コンバージョン トラッキング タグの設置を行った時に取得した一意の ID に置き換えます。

  <!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID">   </script>

  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());

    gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
    gtag('config','AW-CONVERSION_ID');
  </script>

To disable the collection of remarketing data, add the highlighted gtag('set') command below to your global site tag:

  <!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
  <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID">       </script>

  <script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('set', 'allow_ad_personalization_signals', false);
    gtag('js', new Date());

    gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
    gtag('config', 'AW-CONVERSION_ID');
  </script>

Once you’ve made this change, you don’t need to add the global site tag snippet obtained from your Google Ads account to your website. Just add the event or phone snippet. Note that you can re-use the same global snippet for multiple Google Ads or Google Analytics accounts. For each additional Google Ads or Google Analytics account you want your tag to support, add a new ‘config’command that contains the ID of the account (as demonstrated in the sample code above, which has separate ‘config’commands for Google Analytics and Google Ads). 

新しいコンバージョン トラッキング タグの使用方法

手順に沿って、Google 広告リニューアル版でコンバージョン トラッキングを設置します。

ウェブサイトのトラッキングにおけるセキュリティーとプライバシー

Google では、厳格なセキュリティ基準を設けています。このツールでのトラッキングの対象となるのは Google のコンバージョン タグを含むページに限られます。また、データの暗号化とセキュリティで保護されたサーバーを導入しています。

ウェブサイトで収集するデータに関しては、ユーザーに明快かつ包括的な情報を開示し、法律上必要な場合はデータ収集への同意を得なければならないことにご注意ください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。