地域や距離に関するレポートを表示する

Google 広告では、地域レポート、ユーザーの所在地レポート、距離レポートという 3 種類のレポートを使用して、さまざまな地域での広告の掲載状況を把握できます。

はじめに

地域に関するレポートには次の種類があります。

  • 地域レポート: ユーザーの物理的な所在地や、ユーザーが関心を示した地域が表示されます。
  • ユーザーの所在地: ユーザーの物理的な所在地のみが表示されます。関心を示した地域は考慮されません。
  • 距離: 広告表示につながった地域と、その地域と最も近い店舗との距離が表示されます。

Google 広告の地域レポートとユーザーの所在地レポートには、見込み顧客がいる可能性が高い地域や、頻繁に訪れている地域のほか、関心を示している地域が表示されます。広告の掲載結果を店舗からの距離別に確認できる距離レポートは、住所表示オプションをご利用の場合に役立ちます。距離レポートは、検索ネットワーク キャンペーンとショッピング キャンペーンでご利用いただけます。

この記事では、キャンペーンに関する地域レポートと距離レポートを表示する方法について説明します。これらのレポートの詳しい背景については、Google 広告の地域別の掲載結果の測定に関する詳細をご覧ください。

手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

地域レポートの表示方法

  1. [キャンペーン] タブをクリックします。
  2. 左側のパネルで、表示するキャンペーンまたは広告グループを選択します。アカウント全体の掲載結果データを表示する場合は、[すべてのキャンペーン] をクリックします。
    複数のキャンペーン
  3. ページの右上にある期間選択メニューをクリックして、表示する期間を選択します。
  4. [設定] タブをクリックします。
  5. [設定] タブ内の [地域] をクリックします。
  6. [ターゲット地域のレポートを表示] をクリックして、プルダウン メニューから [広告表示につながった地域名] または [ユーザーの場所] を選択します。データが地域別に表示されます。
  7. より細かい単位でデータを表示するには、分析したい地域にチェックを入れ、[... 個の地域のビューを選択] をクリックします。すると、選択した地域について、別の地域単位でデータを表示できるようになります。レポートをさらに絞り込むには、目的の地域を選択して、[... 個の地域のビューを選択] をクリックします。
  8. レポートのデータをダウンロードするには、表の上にあるダウンロード ボタン をクリックします。
実際に試す
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。