ラベルの作成、使用、管理

ラベルを使用すると、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードをグループにまとめることができます。ラベルはカスタマイズでき、いつでも変更可能です。

この記事では、掲載結果データの表で使用できるラベルの作成と管理方法について説明します。

はじめに

ラベルの仕組みについて不明点がある場合は、Google 広告用ラベルについて確認することをおすすめします。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの各タブからラベルを適用または削除する

  1. [キーワード](または [広告グループ]、[広告]、[キャンペーン])タブをクリックします。
  2. [表示項目を変更] をクリックし、掲載結果データの表に [ラベル] 列を追加します(この列が表示されていない場合)。
  3. ラベルを適用するキーワードを選択します。
  4. [ラベル] のプルダウン メニューをクリックします。
  5. 適用するラベルを選択するか、プルダウン メニューに新しいラベルを作成します。
  6. [適用] をクリックします。
ラベルを一括して適用する

表のすべての項目(2 ページ目以降に表示されるものも含む)にラベルを適用する手順:

  1. [キーワード](または [広告グループ]、[広告]、[キャンペーン])タブをクリックします。
  2. [表示項目を変更] をクリックし、掲載結果データの表に [ラベル] 列を追加します(この列が表示されていない場合)。
  3. 表の左上にあるチェックボックスをオンにします。これにより、表の中のすべてのキーワード(または広告、広告グループ、キャンペーン)が選択されます。
  4. 表の上部に表示される [すべてのページのすべての行を選択] をクリックします。
  5. 表の上にある [ラベル] ボタンをクリックして、適用するラベルを選択するか、新しいラベルを作成します。
  6. [適用] をクリックします。
  7. ラベルを適用していることを示すメッセージが表示されます。適用対象が多い場合は、この処理に時間がかかる場合があります。そのままの状態で別のページに移動するには、[バックグラウンドで実行] をクリックします。この処理(リクエスト)の進捗状況をチェックするには、[一括操作] をクリックして [一括編集] を選択すると、すべての一括編集の進捗が表示されます。一括編集の詳細
[キャンペーン]、[広告グループ]、[広告]、[キーワード] タブからラベルでフィルタを設定する
  1. [キーワード](または [広告グループ]、[広告]、[キャンペーン])タブをクリックします。
  2. [フィルタ] のプルダウン メニューで、[ラベルによるフィルタ] を選択します。
  3. 新たに追加されたプルダウン メニューを使って、フィルタに設定するラベル(複数可)を選択します。
  4. [適用] をクリックします。
  5. 掲載結果データの表に、選択したラベルが適用されているすべてのキーワード(または広告グループ、広告など)が表示されます。また、各キーワードについて、他に適用されているラベルがあれば、そのラベルも表示されます。
ラベルの管理ページの利用方法

AdWords アカウントの左側のパネルにある [ラベル] をクリックすると、ラベル管理のための専用ページに移動します。このページには、すべてのラベルと、各ラベルが適用されているキャンペーン、広告グループ、広告、キーワードの数が表示されます。ラベルの適用数をクリックすると、該当のラベルが適用されている項目(キャンペーン、広告グループ、広告、キーワード)に関する情報が表示されます。

ラベルを追加、削除できるほか、名前や説明、色を編集できます。

ラベルの名前や色の変更、説明の追加や編集を行うには、ラベル名か色のサンプル(四角)をクリックします。

掲載結果データの表示(ラベル別)

[詳細分析] タブで掲載結果データをラベル別に表示する方法は次のとおりです。

  1. [詳細分析] タブをクリックします。
  2. [表示] をクリックします。
  3. プルダウン メニューから [ラベル] を選択します。
  4. 表示するラベル データのレベル(キーワードや、広告、広告グループ、キャンペーン)を選択します。
  5. 掲載結果データの表に、指定期間における掲載結果データが選択したレベルで表示されます。最後の [その他] 行には、表の中でラベルが適用されていない要素の掲載結果がまとめて表示されます。

ヒント

[その他] 行には、表の中で該当のラベルが適用されていない要素の掲載結果がまとめて表示されます。フィルタを適用していないラベルレポートの場合、[その他] 行にはラベルのないすべてのキーワードの掲載結果の合計が表示されます。なお、レポートにフィルタを適用し、5 つのラベルのうち 2 つのラベルのデータのみを表示した場合、[その他] 行にはその 2 つのラベルに関連しないすべてのキーワードの掲載結果が表示されます。

[その他] 行は、ブランド関連キーワードとそれ以外のキーワードをラベル分けする場合に役立ちます。ブランド関連のキーワードは通常 10~20 個程度ですが、ブランド関連以外のキーワードは膨大な数に上る場合があるため、[その他] 行を参照すれば、ブランド関連以外のキーワードにラベルを適用する手間をかけずに、そうしたキーワードの掲載結果を簡単に確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。