ビジネスデータを最新情報に保つ

重要
  • 2022 年 6 月 30 日より、拡張テキスト広告の広告カスタマイザの作成と編集はできなくなります。これは、新しい拡張テキスト広告の作成がサポートされなくなるためです。
  • また、拡張テキスト広告のビジネスデータのアップロードと編集もできなくなります。
  • 拡張テキスト広告の既存の広告カスタマイザは、2022 年 12 月 31 日まで引き続き提供されます。
  • Google では、レスポンシブ検索広告への移行を強くおすすめしています。
  • 拡張テキスト広告の今回の変更について詳しくは、こちらのページをご覧ください。

ビジネスデータ フィードを設定したら、定期的にビジネスデータを最新の状態に保つ必要があります。データを変更する頻度に基づいて、ビジネスデータ フィードを自動的に更新するようにスケジュール設定できます。ビジネスデータ フィードを最新の状態に保つために、別のデータの追加(フィードへの項目の追加)、データに関する情報の更新(フィード内の項目の編集)、新しい情報列を追加してフィード内の既存データの補強(属性を追加)を行うことができます。

留意点

  • フィードの終了時間を深夜 0 時に設定しないでください。
  • スケジュールに基づくアップロードは、15 分単位(0 分、15 分、30 分、45 分)でのみ実施されます。

始める前に

必須のフィード属性に細心の注意を払い、データが Google の広告掲載のポリシーとターゲット地域の関連する法律を遵守していることを確認してください。

この記事では、ビジネスデータ フィードの更新について説明します。事前にフィードやビジネスデータについてをお読みください。

項目をデータに追加または編集する

Google 広告では、1 回に 1 個の項目をデータソースに追加したり、編集したり、変更したスプレッドシートをアップロードしたりできます。

手順

Google 広告で項目を追加する
  1. ツールメニュー Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[設定] で [ビジネスデータ] を選択します。
  2. [名前] で、項目を追加するデータソースをクリックします。
  3. プラスボタン Open Create menu icon をクリックします。
  4. 新しい項目の詳細情報を入力します。
  5. [保存] をクリックします。
Google 広告で項目を編集する
  1. ツールメニュー Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[設定] で [ビジネスデータ] を選択します。
  2. [名前] で、編集するデータソースをクリックします。
  3. 編集する値にカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 鉛筆アイコン / 編集アイコン をクリックします。
  4. [保存] をクリックします。
Google 広告で属性を追加する
  1. ツールメニュー Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[設定] で [ビジネスデータ] を選択します。
  2. [名前] で、属性を追加するフィードまたはデータセットをクリックします。
  3. [設定] をクリックし、[属性] を選択します。
  4. タイプを選択し、名前を入力して、[追加] をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。
注: レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザ属性を追加する場合は、[広告カスタマイザ属性] を選択してください。レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザの作成についての詳細
Google 広告内で新しい属性を確認する
  1. ツールメニュー Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[設定] で [ビジネスデータ] を選択します。
  2. [名前] で、新しい属性を追加したフィードまたはデータをクリックします。
  3. [] をクリックします。
  4. [表示項目の変更] で、[属性] をクリックします。
注: 動的ディスプレイ広告のフィードに追加する属性は、決められた仕様に従う必要があります。カスタム属性は使用できません。

スプレッドシートでデータを編集する

スプレッドシートで一括編集を行うと、データセットやフィードの複数の行を同時に更新できます。この操作では、すべての行の置換や一部の行の更新が可能です。[更新] オプションを選択した場合、各機能に固有の [Action] 列と ID 列を含める必要があります。

変更内容は、Google スプレッドシート、.xlsx、.xls、.csv、.tsv などさまざまなファイル形式でアップロードできます。ファイルのサイズ制限は、.csv ファイルと .tsv ファイルでは 500 MB、.xlsx ファイルと .xls ファイルでは 50 MB です。

スプレッドシートですべての値を置換する
  1. データセットまたはフィードの更新先のスプレッドシートを作成します。Google スプレッドシートから直接インポートしたり、.xls、.xlsx、.csv、.tsv 形式のファイルをアップロードしたりすることができます。
  2. 既存のデータセットまたはフィードに含まれているのと同じ列を追加します。このとき、列の名前を完全に一致させてください。
  3. ツールメニュー Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[設定] で [ビジネスデータ] を選択します。
  4. [名前] で、置換するデータソースをクリックします。
  5. その他メニュー 3 dot menu icon をクリックし、[アップロード] を選択します。
  6. [ファイルを参照]、[開く] の順にクリックします。
  7. [プレビュー] をクリックするか、準備が完了している場合は、[適用] をクリックします。
スプレッドシート内の特定の行を更新する
  1. データセットまたはフィードの更新先のスプレッドシートを作成します。Google スプレッドシートから直接インポートしたり、.xls、.xlsx、.csv、.tsv 形式のファイルをアップロードしたりすることができます。
  2. [Action] 列を追加します。ここで定義できる操作は [Set]、[Add]、[Remove] のいずれかです。
  3. ID 列を追加します。
    • 広告カスタマイザで、Google 広告が作成する [Item ID] 列、または広告主様が追加した [Custom ID] 列を追加します。
    • 動的ディスプレイ広告で、広告主様の業種に合わせて ID 列を追加します。詳しい仕様はこちらをご覧ください。
  4. ツールメニュー Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[設定] で [ビジネスデータ] を選択します。
  5. [名前] で、一括編集するフィードまたはデータセットをクリックします。
  6. その他メニュー 3 dot menu icon をクリックし、[アップロード] を選択します。
  7. [更新] をクリックします。既存の項目と同一の項目がファイルに含まれている場合、その項目の掲載結果は保持されます。
  8. [ファイルを選択]、[開く] の順にクリックします。
  9. [プレビュー] をクリックするか、準備が完了している場合は、[適用] をクリックします。
注: フィードやデータセットに新しい列を追加するときには、スプレッドシートでそのデータをアップロードする前に Google 広告の管理画面で属性を追加する必要があります。また、一括編集は既存の列でのみ行えます。

自動更新スケジュールを設定する

広告カスタマイザと動的ディスプレイ広告のビジネスデータが毎日、毎週、または毎月 1 日に自動的に更新されるように、Google 広告を設定できます。設定方法は次のとおりです。

  1. ツールメニュー Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[設定] で [ビジネスデータ] を選択します。
  2. [名前] で、自動更新するフィードまたはデータセットをクリックします。
  3. 左側のメニューから [スケジュール] をクリックします。
  4. データのフォーマットを [ソース] メニューから選択します。
  5. 必須項目すべてを入力して、ファイルをリンクします。
    1. Google ドライブ: [ファイルを選択] をクリックして、ビジネスデータが含まれるファイルを選択します。ファイルがリンクされたら、画面に表示されるメールアドレスでファイルを共有し、[保存] をクリックします。ファイルを共有する方法についてをご覧ください。
    2. HTTP: ファイルの URL を [URL] 欄に入力して、[保存] をクリックします。
    3. HTTPS: ファイルの URL、ファイルにアクセスするのに必要なユーザー名とパスワードを入力して、[保存] をクリックします。
    4. FTP / SFTP: ファイルの URL、ファイルにアクセスするのに必要なユーザー名とパスワードを入力して、[保存] をクリックします。
      1. SFTP URL の例: sftp://mserver.com/path/to/my/file.csv
      2. FTP URL の例: ftp://mserver.com/path/to/my/file.csv
  6. データを更新する頻度を [頻度] メニューから選択します。
  7. [保存] をクリックします。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

true
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false
false