電話キャンペーンについて

店舗やオフィスへの電話による問い合わせを増やすには、電話キャンペーンがおすすめです。ユーザーは広告をクリックまたはタップするだけで、電話をかけることができます。電話に応対できる時間にのみ電話番号を表示するよう設定できるため、ユーザーにアプローチする機会を逃しません。

この記事では、電話キャンペーンの概要について説明します。手順については、電話キャンペーンの作成方法をご覧ください。既存のテキスト広告に電話番号を追加する場合は、電話番号表示オプションについての説明をご覧ください。

仕組み

電話キャンペーンの広告は、電話を発信できるモバイル端末のみに表示されます。電話キャンペーンの広告は、ケースに応じて柔軟に表示方法が変わります。モバイルに合わせて広告を最適化して掲載結果を高めるため、キャンペーン設定で入力した広告文もすべての行が表示されるとは限りません。同様に、モバイル デバイスの画面スペースを最大限に活用するために、電話キャンペーンで利用できる一部の広告表示オプションが非表示になる場合があります。

広告表示オプションを使うと広告に追加情報が表示されるため、検索結果ページでの視認性が大幅に高まり、目立ちやすくなります。追加費用はかからないため、ビジネスに関連するすべての広告表示オプションを追加することをおすすめします。広告(広告表示オプションを含む)がクリックされた場合には、通常の費用が発生します。広告表示オプションについて詳しくは、広告表示オプションについての説明をご覧ください。

電話キャンペーンをご利用の際には、次の点をご確認ください。

  • 広告に表示する電話番号は、広告グループやキャンペーン全体で共有できます。
  • 電話に応対できる時間帯に限って、電話番号を表示するよう設定できます。
  • かかってきた電話はコンバージョンとしてカウントできます。詳しくは、通話コンバージョン トラッキングについて通話レポートについてをご覧ください。
  • 電話番号のクリックでは、広告見出しのクリックと同じ費用(通常のクリック単価)が発生します。
  • 電話キャンペーンは、ディスプレイ ネットワークを掲載先としたキャンペーンではまだご利用いただけません。
  • 電話キャンペーンで新しい広告を作成する際、店舗やオフィスの電話番号の入力が求められます。また、広告と電話番号を確認させていただくため、確認用 URL の入力も求められます。この URL は、お客様の電話番号が記載されたページの URL にしてください。詳しくは、電話広告の要件をご覧ください。
  • インドのユーザーは、直接電話による問い合わせを行うか、折り返し電話を受けるオプションを選ぶことができます。ユーザーが折り返し電話オプションを選択した場合、Google 広告によって広告主様とユーザーの両方に電話がかけられ、広告主様とユーザーの両方が電話に出た時点で通話が接続されます。折り返し電話オプションは自動的に設定されるため、電話を受けるための広告主様側での対応は不要です。詳しくは、折り返し電話オプション(インド向け)についてをご覧ください。

入札単価設定とレポート

電話キャンペーンでは、広告をクリックすると電話発信が行われます。そのため、入札単価はウェブサイトへのクリックではなく電話に対し、お問い合わせ電話 1 回あたりの価値に基づいて設定します。デフォルトの入札戦略は「クリック数(この場合は、電話数)の最大化」になります。電話に対してコンバージョン トラッキングを設定すると、コンバージョンの最大化、あるいは目標コンバージョン単価に基づく入札戦略を利用できます。

広告からの通話は、各通話キャンペーンのレポート表の「クリック数」列に表示されます。

最終ページ URL を指定した場合は、入札単価は通話クリックとウェブサイト クリックの両方に適用され、広告からの通話 1 回あたりの価値を表します。デフォルトの入札戦略は「クリック数の最大化」です。通話に対してコンバージョン トラッキングを設定すると、コンバージョンの最大化、あるいは目標コンバージョン単価に基づく入札戦略を利用できます。広告からの通話とウェブサイトへのクリックは、電話キャンペーンごとにレポートの表の「クリック数」列に一緒に表示されます。通話クリック数とウェブサイト クリック数を個別に表示するには、[クリックタイプ] を選択します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。