視認性とアクティブ ビュー レポートの指標について

アクティブ ビューは広告が視認可能かどうかを判断する技術で、YouTube や一部のディスプレイ ネットワークのウェブサイトとアプリに実装されています。アクティブ ビューの指標は、動画キャンペーンやディスプレイ ネットワーク キャンペーンにおいて、ウェブページや端末、アプリのユーザーが視認できる位置に広告が表示された頻度を把握する際に役立ちます。

視認可能な広告とは

アクティブ ビューの指標は、Media Rating Council(MRC)によって、オンライン広告の視認性を測定するための業界標準に準拠する形で策定されています。MRC のガイドラインでは、視認性の測定における広告の標準仕様を次のように定めています。

  • ディスプレイ広告は、面積の 50% 以上が画面に 1 秒以上表示された場合に視認可能と見なされます。
    • 注: 242,500 ピクセル以上の大きなサイズのディスプレイ広告の場合は、面積の 30% 以上が画面に 1 秒以上表示されると視認可能と見なされます。
  • 動画広告は、面積の 50% 以上が画面に表示され、2 秒以上再生された場合に視認可能と見なされます。

アクティブ ビューを使った視認性の測定

YouTube や Google ディスプレイ ネットワークに表示される大半の広告は、アクティブ ビュー技術で測定できます。アクティブ ビューによって測定可能な位置に広告が表示されると、Google 広告アカウントに視認性の統計情報が記録されます。なお、アクティブ ビューは広告が視認可能かどうかを示す技術であり、その時点でユーザーが画面を見ていることを保証するものではありませんのでご注意ください。

キャンペーンのアクティブ ビューの指標を表示するには、適切なアクティブ ビューの項目を掲載結果データの表に追加してください。まず、編集する [表示項目] ボタンまたは表の上にあるアイコン 列 をクリックし、[表示項目を変更] を選択します。次に、Google 広告リニューアル版では [視認性]、Google 広告従来版では [掲載結果(アクティブ ビュー)] を選択し、目的の項目を追加します。

表示項目をカスタマイズして特定の掲載結果データを確認する

アクティブ ビューを使った広告の視認性の分析を始めたばかりの場合は、まず以下の主要な指標について理解することをおすすめします。

  • 視認可能率 - 広告が、アクティブビューで測定可能かつユーザーによって視認可能だった頻度を示す指標です。
  • 測定可能率 - 広告がアクティブ ビューで測定可能だった頻度を示す指標です。

これらの指標の詳細については以下をご覧ください。

アクティブ ビューの指標について

動画キャンペーンとディスプレイ キャンペーンで使用可能な指標

  • 測定可能なインプレッション - インプレッションは、広告が配信されるたびにカウントされます。測定可能なインプレッションは、アクティブ ビュー技術で測定可能なウェブサイトまたはアプリの広告枠に広告が表示された回数を示しています。すべてのインプレッションがアクティブ ビューで測定可能として見なされるわけではありません。なんらかの要因により、データが収集されないこともあります。この指標を使用すると、アクティブ ビューで測定可能な広告枠に広告が表示された頻度を把握できます。
  • 視認範囲のインプレッション - 広告のインプレッションが視認可能と見なされた回数を示す指標です。ディスプレイ広告の場合は 1 秒以上、動画広告の場合は 2 秒以上にわたって 50% 以上の範囲が表示された広告は、視認可能と見なされます。この指標では、視認可能な場所に広告が表示された頻度を把握できます。
  • 視認可能率 - 広告の視認可能率は、アクティブ ビューが有効なサイトまたはアプリに広告が表示された回数のうち、その項広告が視認可能だった割合です。この割合を基に、測定可能なインプレッションのうち、見込み顧客が実際に視認可能だったインプレッションの回数を見積もることができます。
  • 測定可能率 - インプレッションの合計数に対する測定可能なインプレッションの割合、つまり、アクティブ ビューで測定されたインプレッションが合計インプレッション数に対して占める割合を示します。合計インプレッション数には、測定可能なインプレッション数と測定不能なインプレッション数の両方が含まれます。この指標では、アクティブ ビュー技術で測定可能な広告枠に広告が表示された頻度を把握できます。
  • 配信された視認範囲のインプレッション - 広告の合計インプレッション数のうち、視認可能だったインプレッションが占める割合を示す指標です。合計インプレッション数には、測定可能なインプレッション数と測定不能なインプレッション数の両方が含まれます。なお、これは広告の視認可能率とは異なります。中には視認性を測定できないインプレッションもあります。こうしたインプレッションは、測定不能なインプレッションと呼ばれます。アクティブ ビュー視認範囲のインプレッションとアクティブ ビュー測定可能なインプレッションの割合が、広告の視認可能率となります。
  • 測定不能なインプレッション - アクティブ ビューの視認性情報を取得できないサイトやアプリ、または端末に広告が表示された回数を示します。広告が視認された回数または視認されなかった回数ではなく、アクティブ ビューで測定できないサイトやアプリ、端末に広告が表示された回数がわかります。
  • 視認範囲外のインプレッション - ディスプレイ広告の場合は 1 秒以上、動画広告の場合は 2 秒以上にわたって、広告の 50% 以上の範囲が表示されなかった回数を示します。この指標を使用すると、ユーザーが視認できない位置に広告が表示された回数を把握できます。
  • 配信された視認範囲外のインプレッション - 広告の合計インプレッション数のうち、視認不可能と見なされたインプレッションが占める割合を示す指標です。合計インプレッション数には、測定可能なインプレッション数と測定不能なインプレッション数の両方が含まれます。この指標では、ユーザーが視認できない位置に広告が表示された頻度を把握できます。
  • 配信された測定不能なインプレッション - 合計インプレッション数のうち、視認性を測定できなかったインプレッションが占める割合を示す指標です。広告が視認された回数または視認されなかった回数ではなく、アクティブ ビューで測定できないサイトやアプリ、端末に広告が表示された回数がわかります。
  • 視認範囲のクリック率 - 視認可能となった広告がクリックされた頻度がわかります。広告がクリックされた回数を、ウェブサイトまたはアプリでその広告が視認可能となった回数で割った値が、視認範囲のクリック率となります。
  • 視認範囲の平均インプレッション単価 - 視認範囲のインプレッション 1,000 回に対して発生した料金の平均額がわかります。この指標を使用すると、視認範囲外のインプレッションを含めずに、インプレッションにかかった費用を詳しく分析できます。
  • 測定可能な費用 - アクティブビュー技術で測定可能な広告枠で発生したすべてのインプレッションにかかった合計費用です。この指標では、測定可能なインプレッションにかかった費用を把握できます。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。