オーダー ID を使ってコンバージョンの重複を抑える

オーダー ID をコンバージョン トラッキング タグに追加することで、コンバージョンを重複してカウントすることを避けることができます。

注文確認ページなどのコンバージョン ページにコンバージョン トラッキング タグを設定する場合は、ユーザーがウェブサイトで期待される行動を果たしたときに、コンバージョンを 1 回だけカウントする必要があります。しかし、ユーザーがコンバージョン ページに戻ったり、そのページを再読み込みしたりすると、同じタグが再び呼び出され、同じ注文に対して 2 回目のコンバージョンがカウントされてしまう可能性があります。

こうした重複コンバージョンの発生を防ぐには、各注文に固有のオーダー ID(オーダー確認番号などが一般的)を取得するようにコンバージョン トラッキング タグを編集します。同じオーダー ID のコンバージョン アクションが 2 回発生している場合、2 回目のコンバージョンは重複とわかるため、カウント対象から除外されます。

この記事では、注文ごとに固有のオーダー ID をコンバージョン トラッキング タグに追加する方法をご説明します。

はじめに

コンバージョン トラッキング タグにオーダー ID を追加するには、事前に次の準備が必要です。

  • ウェブサイトにコンバージョン トラッキングを設定以下の手順を行うには、事前に Google 広告アカウントでコンバージョン アクションを設定し、ウェブサイトにコンバージョン タグを追加しておく必要があります。
  • 各トランザクションに固有のオーダー ID(注文確認番号など)。オーダー ID は、数字、文字、特殊文字(ダッシュやスペースなど)を使った半角 64 文字以下のものであれば自由に設定できます。オーダー ID は注文ごとに固有のものにします。個々のユーザーの識別に利用可能な情報は一切含めないでください。
  • サイトのコードを編集するスキルと権限。ご自身で行うかウェブマスターに依頼して、コンバージョン トラッキング タグを編集する必要があります。

手順

各注文に固有のオーダー ID を取り出して、タグと一緒に送信するには、コンバージョン トラッキング タグにコードを追加する必要があります。Google 広告アカウント側で設定などを変更する必要はなく、タグの編集だけで対応できます。

留意点

  • オーダー ID が動的な値であることをご確認ください。複数のトランザクションに対して同じ ID が Google 広告に送信されている場合は、コンバージョンが本来の値よりも少なくカウントされている可能性があります。
  • 以下の手順では、例としてアクティブ サーバー ページ(ASP)を使用しています。実際のコードは、ご利用のサーバー言語に応じて異なります。必ずウェブサイトに合った言語のコードをご利用ください。
 

 

2017 年 10 月より、Google 広告リニューアル版でウェブサイトのコンバージョン アクションを作成すると、新しいコンバージョン トラッキング タグ(グローバル サイトタグとイベント スニペット)が発行されます。従来のコンバージョン トラッキング タグをウェブサイトに設定している場合は、そのまま使用することもできますが、新しいコンバージョン トラッキング タグを使うことをおすすめします。詳しくは、新しいウェブサイト コンバージョン トラッキング タグのメリットをご確認ください。

従来のコンバージョン トラッキング タグを使ってウェブサイトでのクリックをコンバージョンとしてトラッキングする場合は、こちらの手順で行ってください。

  1. コンバージョン ページの ASP ファイルを開きます(別のサーバー言語をご利用の場合は、それに該当するファイルを開きます)。1 つのファイルで複数のページを生成している場合は、ASP ファイル内のコンバージョン確認ページを生成するセクションに移動します。

  2. サイトのオーダー ID が変数の場合は、その情報を保存している ASP コードを特定します(例: <%= orderId %>)。

  3. コンバージョン ページの HTML を開き、イベント スニペットを見つけます(このスニペットを変更してから、コンバージョン ページに追加することもできます。その場合は、以下の手順でスニペットを編集したうえで、コンバージョン トラッキング タグをウェブサイトに設置する手順に沿ってスニペットを設置してください)。

  4. イベント スニペットの script セクションの <script></script> タグ間の <%= orderId %> を、上記のステップ 2 で指定された ASP コードで置き換えます。

    イベント スニペットの例:
        <!-- Event snippet for Example conversion page --> <script>   gtag('event', 'conversion', {'send_to': 'AW-123456789/AbC-D_efG-h12_34-567',     'value': 1.0,     'currency': 'USD',     'transaction_id': '<%= orderId %>',   }); </script>
    

    Note

    The event snippet only includes the transaction_id parameter by default if you selected the category “Purchase/Sale” while setting up the conversion action.
  5. 追加したコードをテストするため、サイトでコンバージョンを達成してコンバージョン ページを表示します。

  6. ウェブブラウザでページのソースを表示します(ほとんどのブラウザでは、ページを右クリックして [ページのソースを表示] を選択するとソースが表示されます)。ページの <head> タグと </head> タグの間にあるコンバージョン トラッキング コードの中で、編集した ASP コードが実際のオーダー ID に置き換えられます。

オーダー ID と「カウント」設定の違いについて

イベント スニペットにオーダー ID を追加することは、広告の 1 回のクリックについてコンバージョンを 1 回のみカウントするように [カウント] 設定を変えることとは意味が違います。

オーダー ID を追加すると、同じコンバージョンを重複カウントする事態(ユーザーが購入確認ページを 2 回表示して、1 回の購入が 2 回のコンバージョンとしてカウントされるような事態)を避けることができます。

一方、[カウント] 設定を「1 回」に変更すると、広告の 1 回のクリックについて複数の異なるコンバージョンが発生しても、カウントされるコンバージョンは 1 回のみになります。

[カウント] 設定とオーダー ID の用途の違い

  • 広告の 1 回のクリックについて 1 人の見込み顧客を計測する場合は、カウント設定を「1 回」に設定します。
  • 広告の 1 回のクリック経由で発生した購入をすべて計測しながら、同じ購入を重複カウントしないようにする場合は、イベント スニペットにオーダー IDを追加します。購入を計測する場合は、オーダー ID を追加する方法をおすすめします。

  • オーダー ID は Google 広告のレポートに表示されません。
  • スニペットにオーダー ID を追加しても、ビュースルー コンバージョンの重複は解消されません。
  • ウェブサイトでコンバージョンの重複を防ぐソリューションをすでに導入されている場合は、コンバージョン データの精度を確保する補完策として、オーダー ID を追加することをおすすめします。
  • Google タグマネージャをご利用の場合は、オーダー ID を使用できます。オーダー ID は静的な文字列ではなく、変数として入力してください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。