Google 広告アカウントへのアクセス権を管理する

Google 広告 アカウントへのアクセス権を共有することで、組織内の他のユーザーと協力して同一のアカウントを管理することができます。アクセス権を付与した後で、ユーザーのアクセス権を編集したり、いつでも削除したりできます。

この記事では、Google 広告 アカウントへのアクセス権を付与、承認、削除、編集する詳しい手順を紹介します。

始める前に

招待したユーザーが AdWords アカウントにアクセスするには、Google アカウントが必要になります(保有していない場合は Google アカウントを作成していただく必要があります)。

留意点

以下では、個々の Google 広告 アカウントに他のユーザーを招待する方法を説明しています。Google 広告 クライアント センター(MCC)アカウントについては、MCC アカウントと Google 広告 アカウントをリンクする方法をご覧ください。

手順

アクセス権を付与する方法

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[設定] で [アカウントのアクセス権] をクリックします。
  3. プラスボタン をクリックします。
  4. 招待するユーザーのアクセスレベルを選択し、メールアドレスを入力します。
  5. [招待状を送信] をクリックします。
  6. 対象のユーザーが招待を受理すると、アカウントに通知が表示されます。招待を取り消す場合は、[アクション] 列で [取り消し] をクリックします。

アクセス権を承認する方法

Google 広告アカウントへの招待状が送信されると、確認メールが届きます。招待を受理するには、リンクをクリックし手順に従ってください。

予備のメールアドレスでアクセスを承認

Google 広告アカウントへの招待状が、お客様の Google アカウントに登録されている予備のメールアドレスに送信された場合、お客様はその予備のメールアドレスか、ご自分の Google アカウントに関連付けられているメインのメールアドレスで、招待状を承認することができます。

ただし、予備のメールアドレスで Google 広告にログインする場合は、Google アカウントのパスワード(メインのメールアドレスへのログインに使用するパスワード)を使用する必要があります。

承認した後は、予備のメールアドレスとメインのメールアドレスに関連付けられたユーザーが、Google 広告の [アカウントのアクセス権] ページに表示されます。

アクセス権を削除する方法

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[設定] で [アカウントのアクセス権] をクリックします。
  3. 削除するユーザーを探し、[アクション] 列で [アクセス権を削除] をクリックします。

アクセス権を編集する方法

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックし、[設定] で [アカウントのアクセス権] をクリックします。
  3. [アクセス権] 列で、ユーザーのアクセス権にカーソルを合わせ、表示された矢印をクリックしてユーザーの新しいアクセス権を選択します。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。