ValueTrack の活用方法

広告掲載の目標に応じて ValueTrack を使用することで、広告の掲載結果をより詳細に分析できます。たとえば、広告が最も多くのトラフィックを獲得している場所や、最も多くクリック数を獲得している広告やキーワードなどを調べることができます。ここでは、数ある ValueTrack の活用例の一部をご紹介します。

活用方法は、以下で紹介する以外にもさまざまなケースが考えられます。この記事で紹介した ValueTrack パラメータはすべて自在に組み合わせることができ、広告についての詳しい情報収集に役立ちます。

例 1: ネットワーク

目的

Google 検索ネットワークからの広告トラフィックと、Google ディスプレイ ネットワークからの広告の表示回数を比較します。

利用する ValueTrack パラメータ

ValueTrack では、各キーワードに 2 つのトラッキング URL を設定できます。{ifsearch:[value]} が検索ネットワーク、{ifcontent:[value]} がディスプレイ ネットワークを表します。

トラッキング テンプレートの例

広告がクリックされた際に実際に使用されるパラメータは 1 つだけなので、データに記録される値も 1 つです。このため 2 つの URL パラメータの間に & を入れる必要はありません。URL パラメータは次のようになります。 {ifsearch:[value]}{ifcontent:[value]}

この例では、[value] を ifsearch 条件では「SearchNetwork」に、ifcontent 条件では「DisplayNework」に置き換え、「source」というラベルを使いました。最終的な ValueTrack URL は次のようになります。
{lpurl}?tracking={ifsearch:1234}{ifcontent:5678}

データの例

ValueTrack は、広告が表示されたネットワークの情報を URL に追加します。

検索ネットワークでクリックされた場合:
http://www.example.com/?tracking=1234
ディスプレイ ネットワークでクリックされた場合:
http://www.example.com/?tracking=5678

例 2: キーワードとマッチタイプ

目的

ユーザーがクリックした広告の表示につながったキーワードと、キーワードのマッチタイプを調べます。

利用する ValueTrack パラメータ

検索キャンペーン: {keyword} パラメータは広告の表示につながったキーワードを示します。

ディスプレイ キャンペーン: {keyword} パラメータはコンテンツと最も関連するキーワードを示します。これは、ディスプレイ ネットワークでのターゲット設定が広告グループ単位で行われるためです。

{matchtype} パラメータは、広告のクリックにつながったキーワードのマッチタイプを記録します。部分一致は「b」、フレーズ一致は「p」、完全一致は「e」と記録されます。

トラッキング テンプレートの例

最終的なトラッキング テンプレート URL は次のようになります。
{lpurl}?keyword={keyword}&matchtype={matchtype}

データの例

ValueTrack により、実際のキーワードとマッチタイプがランディング ページ URL に追加されます。
http://www.example.com/?keyword=socks&matchtype=e
http://www.example.com/?keyword=pink%20socks&matchtype=p

例 3: 広告

目的

実際に表示され、クリックされた広告を特定します。

利用する ValueTrack パラメータ

{creative} パラメータは表示された広告のクリエイティブ ID を記録します。

トラッキング テンプレートの例

最終的なトラッキング テンプレート URL は次のようになります。
{lpurl}?creative={creative}

データの例

ValueTrack により、広告のクリエイティブ ID がランディング ページ URL に追加されます。
http://www.example.com/?creative=599041118

例 4: プレースメント

目的

プレースメント ターゲット キャンペーンで、どのカテゴリに対して広告が表示されたかを調べます。

利用する ValueTrack パラメータ

プレースメント ターゲット キャンペーンの場合は、広告を表示しているウェブサイト(例: example.com/homepage.html)と一致するプレースメントのターゲティング条件が {placement} パラメータによって記録されます。つまり、広告が表示されるウェブサイトの完全な URL ではなく、ターゲットに設定したプレースメントが記録されるということです。

{target} パラメータは、クリックが発生したプレースメントのカテゴリを記録します。

トラッキング テンプレートの例

最終的なトラッキング テンプレート URL は次のようになります。
{lpurl}?target={target}&placement={placement}

データの例

ValueTrack により、プレースメントとプレースメント カテゴリがランディング ページ URL に追加されます。
http://www.example.com/?target=%2Fentertainment%2Fcelebrities&placement=gmail.com

例 5: デバイス

目的

広告が表示されたデバイスを調べます。

利用する ValueTrack パラメータ

{device} は、広告が携帯端末に表示された場合は「m」、タブレット端末の場合は「t」、パソコン(デスクトップやノートパソコン)の場合は「c」に置き換えられます。

トラッキング テンプレートの例

最終的なトラッキング テンプレート URL は次のようになります。
{lpurl}?device={device}

データの例

ValueTrack により、広告が表示されたデバイスの情報がランディング ページ URL に追加されます。

携帯端末でクリックされた場合:
http://www.example.com/?device=m

タブレット端末でクリックされた場合:
http://www.example.com/?device=t

パソコン(デスクトップやノートパソコン)でクリックされた場合:
http://www.example.com/?device=c

例 6: ifmobile と ifnotmobile

目的

広告が表示されたデバイスに応じて、URL に異なる値を追加します。

利用する ValueTrack パラメータ

{ifmobile:[value]} パラメータは、広告が携帯端末に表示された場合は [value] に置き換えられます。

{ifnotmobile:[value]} パラメータは、広告がタブレットまたはパソコン(デスクトップやノートパソコン)に表示された場合は [value] に置き換えられます。

トラッキング テンプレートの例

独自の内部 ID を使用して、掲載結果をデバイス別にトラッキングするとします。キーワード「widgets」の内部 ID として、携帯端末については「1212」を割り当て、タブレットとパソコンには「3434」を割り当てます。最終的なトラッキング テンプレート URL は次のようになります。
{lpurl}?myid={ifmobile:1212}{ifnotmobile:3434}

データの例

ValueTrack により、広告が表示されたデバイスの情報がランディング ページ URL に追加されます。

携帯端末でクリックされた場合:
http://www.example.com/?myid=1212

タブレットやパソコンでクリックされた場合:
http://www.example.com/?myid=3434

例 7: {lpurl}

目的

トラッキング テンプレートを上位の階層で設定することで、トラッキングを最適化します。たとえば、トラッキング テンプレートをキャンペーン単位で設定すると、トラッキング テンプレートはキャンペーン全体で共有できます。

トラッキング テンプレートの例

たとえば、「ppc」という名前のキャンペーンからのすべてのクリックをトラッキングする場合、最終的なトラッキング テンプレート(キャンペーン単位で設定されている)は次のようになります。
{lpurl}?source=ppc

データの例

トラッキング テンプレートをキャンペーンの下位階層(広告単位など)で定義していない場合、ValueTrack により URL パラメータ source=ppc がすべての広告のランディング ページ URL に追加されます。

このキャンペーンに関連するクリックの場合:
http://www.example.com/?source=ppc

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。