構造化スニペット表示オプションについて

構造化スニペット表示オプションを使えば、商品やサービスに関する特定の側面をアピールすることができます。構造化スニペットは、広告テキストの下にヘッダー(例: 到着地)とリスト(例: ハワイ、コスタリカ、南アフリカ)の形式で表示されます。この記事では、構造化スニペット表示オプションの概要をご紹介します。詳しい手順は、構造化スニペットの設定方法でご確認ください。

表示の仕組み

構造化スニペット表示オプションが広告とともにパソコンに表示される場合、一度に最大 2 つのヘッダーを表示できますが、モバイル端末とタブレット端末に表示される広告には 1 つのヘッダーのみ表示されます。Google 広告では、アルゴリズムによって最適なヘッダーまたは組み合わせが決まるため、広告主様のビジネスとの関連性が高いヘッダーをできるだけ多く設定することをおすすめします。

以下は、パソコンでの構造化スニペットの表示例です。

アマノ電気店 - フルサービス、フルサポート
広告 www.example.com
ノートパソコン、スマートフォン、ビデオゲーム各種取り揃えております。
サービス: 技術サポート、PC 廃棄、PC リサイクル、PC 修理

メリット

  • 提供する商品やサービスの詳細を伝えることができる: 広告をクリックしなくても、商品やサービスの特性や種類がわかります。
  • 費用対効果の向上が見込める: 広告に追加情報が表示されることにより、広告の関連性とクリック率が向上します。商品やサービスに高い関心を持つユーザーからクリックを獲得できるため、費用対効果の向上につながります。
  • カスタマイズできる: アカウント、キャンペーン、広告グループ単位で構造化スニペットを追加できます。構造化スニペットを表示する期間、曜日、時間帯も指定可能です。

構造化スニペットの仕組み

構造化スニペットはアカウント、キャンペーン、広告グループ単位で追加できます。追加先を選択し、見込み客が商品やサービスを検討するときにどのような項目を重視するかを考えて、表示のスケジュールを設定します。また、商品やサービスを検討し、デフォルトのヘッダーリスト(「商品」や「サービス カテゴリ」など)から選択してから、特定の補足情報を値として追加します。

ヘッダーの一覧:

  • おすすめのホテル
  • コース
  • サービス
  • スタイル
  • タイプ
  • ブランド
  • モデル
  • 学位プログラム
  • 周辺地域
  • 設備
  • 到着地
  • 番組
  • 保険の保障

ヘッダーと値が一致していることを、必ず確認してください。一致していないとスニペットの不承認につながる可能性があります。値は、対応するヘッダーの例として考えることもできます。たとえば、「コスタリカ」は到着地、「WiFi」は設備、「ダウンタウン」は周辺地域に当たります。スタイル ヘッダーの値は、サンダルやハイヒールのように具体的なカテゴリのバリエーションにする必要がありますが、タイプヘッダーの値は、照明器具や靴のようにより広いカテゴリーのバリエーションで問題ありません。

構造化スニペット表示オプションを追加しても費用はかかりませんが、広告がクリックされた場合には通常の費用が発生します。

運用の指針

ヒント: 構造化スニペットを作成または最適化する際は、以下の点にご注意ください。

  • 必要な情報を提供する: ヘッダーごとに少なくとも 4 つの値を含めるようにします。
  • モバイル ユーザー向けに最適化する: モバイル ユーザーにアピールするため、短いスニペットを作成します。
  • オプションを増やす: ヘッダー値は少なくとも 1 つ以上指定します。構造化スニペットを複数設定すると、より多くのオプションが提供され、関連する広告表示オプションが広告に表示される可能性が高くなります。
  • 適切な形式を選択する: ビジネスに固有の特徴をいくつかの単語でアピールするコールアウト表示オプションとは異なり、構造化スニペットでは、ビジネスで提供している一連の商品やサービスを余すことなく伝える必要があります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。