広告とランディング ページを最適化する

広告の最適化

広告は、商品やサービスをユーザーにアピールする手段です。ユーザーが求めている情報をタイミングよく提示すれば、より高い成果を得られます。

広告の掲載結果をすばやく確認するには、キーワードの場合と同様に、クリック率やコンバージョンの指標で掲載結果を並べ替えます。これにより、次のような広告を簡単に把握できます。

  • クリック数の多い広告
  • コンバージョン数の多い広告
  • コンバージョン率が高い広告
  • コンバージョン単価の低い広告

広告はユーザーを引き付け、提供する商品やサービスを正確に伝えるものにすることをおすすめします。広告を最適化する際は、次のおすすめの方法を参考にしてください。

広告とキーワードを一致させる

ユーザーは検索内容と関連性が高い広告に関心を示す傾向があります。このため、広告文(特に広告見出し)はキーワードと関連性の高いものにします。検索したキーワードと同じ語句が広告に記載されていれば、ユーザーがその広告をクリックする可能性が高くなります。

すべてのキーワードを 1 つの広告グループに設定するのではなく、テーマ別や商品別にキーワードを分けて、別々の広告グループに設定することが重要です。そうすることで、特定のテーマに沿った具体的な広告を作成できるようになります。広告とキーワードとの関連性が高いほど、ユーザーを引き付ける可能性が高くなります。

異なるパターンの広告を作成する

1 つのテキスト広告に伝えたい情報をすべて詰め込むことは困難です。そこで、別パターンの広告をいくつか作成して、この問題に対応します。

1 つの広告グループに 3~5 個の広告パターンを作成することをおすすめします。1 つの広告グループに複数の広告を設定すると、デフォルトでは、掲載結果の高いものが優先的に表示されるようになります。

それぞれの広告で、さまざまな見出しや説明文を使用し、次のようなことを試してみましょう。

  • 異なる広告タイトルや行動を促すフレーズを試す
  • 特定のキーワードやブランドを含める
  • 特定の価格やプロモーションを含める

効果的な行動を促すフレーズを使用する

広告文を使って、ある特定の行動をとるようユーザーを誘導できます。サイトでできることを力強く明確なフレーズで伝えて、ユーザーに期待する行動を促しましょう。

行動を促すフレーズが具体的であるほど(キーワードやランディング ページの内容に近いほど)、コンバージョンにつながる可能性も高まります。また、的確なフレーズを選択すれば、ビジネスにつながる可能性の低いクリックを減らして、無駄な費用を抑えることができます。

独自のセールス ポイントを強調する

特別なサービスや割引を実施している場合は、ユーザーにはっきりと知らせましょう。たとえば、夏の 10% 割引セール、その場でのキャッシュ バック、無料ギフトサービスなどを行っている場合、具体的な価格やキャンペーン情報を記載し、クリックを促します。他社との違いを明確にするほど、見込み顧客へ強くアピールすることができます。

広告表示オプションを使用する

より多くのユーザーにアプローチする方法の 1 つとして、広告表示オプションがあります。広告表示オプションは、広告にビジネス情報(住所、電話番号、ショップの評価、ウェブページへの追加のリンクなど)を加えて表示する機能です。広告表示オプションを追加すると、広告の認知度とクリック率が上がる傾向があります。

ランディング ページを最適化する

ランディング ページは、クリックを売り上げにつなげるうえで大きな役割を果たします。広告をクリックするとき、ユーザーは広告で目にした情報に関連するページが表示されることを期待しますが、期待する内容がすぐに見つからないと、他のサイトに移動してしまうかもしれません。

ランディング ページが広告とキーワードに一致していることを確認する

広告の内容やキーワードと密接に関連しているランディング ページを選択します。たとえば、キーワードが「割引 シューズ」で、広告文が「シューズ 20% オフ」なら、ユーザーはその割引価格でランディング ページからシューズを購入できる必要があります。

ランディング ページも、広告文に含まれる行動を促すフレーズを反映するものでなければなりません。たとえば、広告で無料ツアーへの参加を呼びかけている場合は、ランディング ページの目立つ場所にツアーの参加申し込みフォームを用意しておきます。広告とランディング ページのつながりは、購入を検討しているユーザーと購入を橋渡しするものです。広告とランディング ページのつながりが強いほど(両者の関連性が高いほど)、コンバージョンにつながる可能性は高くなります。

ウェブサイトをモバイル フレンドリーになるようにする

多くのユーザーはモバイル デバイスでウェブサイトにアクセスします。小さな画面では、目的の情報を見つけにくいことがあります。

サイトのモバイルへの対応度と読み込み速度の評価、サイトの改善方法をご確認ください。サイトをテスト

効果的なモバイルサイトを作成する方法は次のとおりです。
  • スピードを重視
  • 問い合わせを簡単に
  • 操作をシンプルに

ランディング ページを操作しやすくする

ユーザーが希望する行動(商品の注文、電話番号に発信、問い合わせの送信など)をすばやく簡単に実行できるようにします。サイト内をあちこち探さなくても、必要な情報がすぐに見つかるようにします。広告やポップアップの多用を控え、サイトをすっきりさせます。

重要な情報は、ページの上部に配置することをおすすめします。そうすれば、ユーザーがページを表示したときに、スクロールしなくてもすぐにその情報が目に入ります。

役に立つ独自のコンテンツを提供する

ランディング ページには、宣伝する商品やサービスについての有益な独自性のある情報を掲載するようにします。商品やサービスに関する情報をオープンにします。たとえば、他のユーザーの率直な意見を伝えるクチコミを追加するのもよいでしょう。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false
false
false