「モバイル広告」理解度テストの学習ガイド

Google 運用ガイド: 電話問い合わせを促進する

電話専用広告と電話番号表示オプションを改善するための公式ガイド


ユーザーとのやり取りは、オンライン、店舗内、電話といったさまざまな場で発生します。この記事では、Google 広告の電話専用広告や電話番号表示オプションでさらに成果を上げるためのヒントをご紹介します。

 

1. 電話による問い合わせの促進が最も大事な目標であるかどうかを見極める

  • クリックと電話問い合わせを並行して促進するか、電話問い合わせのみを促進するかを決定する

理由: クリックと比べて電話問い合わせの価値が十分に高い場合は、電話問い合わせの促進のみに注力しても良いでしょう。

適切な通話広告の種類を見極める方法

2. 電話促進型の広告を効果的に設定する

  • 自社が提供する価値を伝え、ユーザーによる電話問い合わせを促進する広告文を作成する

理由: ユーザーには電話をかけたくなるような動機付けが必要です。

  • 営業時間内に電話問い合わせを促進できるように広告のスケジュール設定を行う

理由: スタッフが不在の時間帯に問い合わせが発生しても、お金とユーザーの時間の浪費になります。

  • 通話レポートの分析情報をもとに、電話応対スタッフの稼働スケジュールをより効果的に調整する

理由: 電話問い合わせの通話時間や頻度のデータは、コールセンターのスタッフ配置や運営を考えるうえで有効な材料となります。

電話専用広告の設定のヒント

3. 発生した電話問い合わせを測定する

  • 通話レポートで広告由来の電話問い合わせをトラッキングする

理由: この機能を利用すると、発生した電話問い合わせをコンバージョンとして計測し、理解を深められるようになります。

  • 電話問い合わせをコンバージョンとして計測する

理由: コンバージョン トラッキングにより、価値の高い電話問い合わせにつながっているキーワードやキャンペーンなどを割り出すことができます。こういった情報は、ターゲティング、入札単価設定、予算などの最適化に役立ちます。

  • ウェブサイト経由の通話コンバージョンを計測する

理由: 広告を目にしたユーザーがすぐに電話をかけるとは限りません。人によっては問い合わせの前にウェブサイトでさらに情報を収集します。どのようなタイミングでユーザーが電話をかけてきても、コンバージョンとして確実に捉えましょう。

電話問い合わせを測定する方法

4. 電話促進型の広告のパフォーマンスを最適化する

  • Google 広告のキャンペーンやキーワードがどのようなコンバージョンにつながっているかを把握する

理由: コンバージョンの傾向に応じて、戦略に変更を加える必要があります。電話問い合わせが多いキャンペーンやキーワードは、単価設定やメッセージを調整して電話問い合わせの促進に特化させることで、さらに成果が出る可能性があります。

  • 電話問い合わせがもたらす価値に応じて入札単価を設定する

理由: 電話問い合わせがもたらす価値を把握することで、費用対効果を効率よく最大限に高めることができます。

  • 電話問い合わせの促進を念頭にウェブサイトを最適化 - PC 向けサイトでは電話番号を目立たせ、モバイルサイトでは Click-to-Call 機能を有効にする

理由: サイトを改善すると、全体的な問い合わせ件数に多大な影響を及ぼす可能性があります。モバイル端末からのアクセスが多いサイトの場合は特に影響が大きくなります。

  • 電話問い合わせがあった際の応対の質を高める

理由: サイトのランディング ページと同様に、電話問い合わせの内容に対して的確な対応ができるよう体制を整えておけば、コンバージョン率の向上や顧客獲得につながります。

電話専用広告の掲載結果を改善する方法

 

運用ガイド ニュースレターに登録すると、Google 広告の上級者向けのヒントやサービスの最新情報がメールで届きます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。