クリック単価制でのキーワードの選定: Google がおすすめする実践的な手法

除外キーワードによるトラフィックの絞り込み


除外キーワードの追加をアカウント管理のルーティンに加える

バランスの取れたキーワード戦略には、除外キーワードが不可欠です。除外キーワードを十分に活用することで、収益性を高め、トラフィックの流れをより適切にコントロールできます。効果的な除外キーワードを見つけるには、キーワード プランナーと検索語句レポートを使用します。

 

適切な除外キーワードの選定

広告主様にとって価値の低いユーザーや、広告主様の商品やサービスに関心のないユーザーであっても、単純な語句のレベルでは検索内容がキーワードと一致することがあります。こういったユーザーへの広告の表示を防ぐことが、除外キーワードの基本的な役割です。

除外キーワードを探す際は、キーワード プランナーと検索語句レポートという 2 つのツールが便利です。実際にトラフィックが発生した検索語句や、プランニングの段階で提案されたキーワードの中から、ビジネスモデルに一致しない語句を見つけましょう。これらのレポートで表示されるデータを確認するだけでなく、検索内容の背景にあるユーザーの意図を推し量ることが重要です。

除外キーワードを検討する際、現在使用しているキーワードと一致する可能性の低い語句まで追加しようとする必要はありません。通常、関連性が低い検索語句に対しては広告は表示されません。

Guide me in my account ガイド付きヘルプを使って、除外キーワードを追加します

おすすめの方法

ビジネスモデルと合致しないキーワードの傾向を見つけましょう。たとえば、高級品の販売店の場合「安い」、「割引」といった語句を含むフレーズは除外することが一般的です。ただし、1 語のみの除外キーワードを追加する際は慎重に検討する必要があります。たとえば「無料」という語を除外してしまうと、商品を無料で手に入れたいユーザーだけでなく、送料無料で購入したいユーザーも除外することになります。

 

除外キーワードのマッチタイプ

通常のキーワード(非除外キーワード)と同様、除外キーワードでも部分一致、フレーズ一致、完全一致を使用できます。各マッチタイプの挙動も概ね同様ですが、重要な相違点もいくつかあります。

最も大きな違いは、除外キーワードの部分一致では、指定した語句の類義語や近似パターンは除外対象にならない点です。指定したキーワードのすべての語句が順不同で含まれる検索語句だけが除外対象となります。

また、フレーズ一致または完全一致で指定した除外キーワードの近似パターンが除外対象にならない点にも注意が必要です。このため、通常のキーワードの近似パターンに当たる語句を除外するには、その語句を明示的に除外キーワードとして指定する必要があります。


通常のキーワードと同様に除外キーワードでも、大きな効果が見込まれる部分以外には労力をかけない

除外キーワードでも通常のキーワードでも、管理のスタンスは同様です。最も効果の大きい部分(つまり最も節約効果がある部分)に労力を集中しましょう。

除外キーワードの効率的な管理

成果につながっていない検索語句に共通する傾向がないか検討し、不要なトラフィックにつながる要素の分析に時間をかけます。広告が表示された検索語句をひとつひとつ確認するよりも、十分な頻度で登場する語句の除外に注力したほうが効果的です。

除外キーワードを探す際は、共有ライブラリに除外キーワード リストを作成しておきましょう。自社のブランドには絶対に一致しない語句があれば、共有のリストに追加することで、全キャンペーンでまとめて除外できます。

 

まとめ

キーワードへの理解を深めることで、アカウント内に隠れていた新たなポテンシャルを解放できる可能性があります。注意深く選んだキーワードでユーザーの検索語句を捕捉することは、Google 広告の検索広告の醍醐味と言えます。常時オンラインな今日のユーザーがたどる多種多様な購入経路を、的確なキーワードで余さず捉えましょう。

 
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。