エンゲージメントのレポートについて

掲載結果データの表の [エンゲージメント] 列では、ユーザーがライトボックス広告、動画広告、アプリ訴求動画広告、またはショーケース広告をどのように操作したかを把握できます。

ユーザーが広告タイプで次の操作を行った場合にエンゲージメントが発生したと見なされます。

  • ライトボックス広告: 広告を展開する。

  • 動画広告: 外部サイトへの移動を伴わない要素を操作(ティーザーやアイコンのクリックによるカードの展開など)する。

  • アプリ訴求動画広告: 動画広告を 10 秒間(または 10 秒未満の場合は動画広告を最後まで)視聴するか、動画広告をクリックする。

  • ショーケース広告: 広告を展開し、広告内に 10 秒間滞在するか、10 秒経過前にクリックする。

エンゲージメントに関する指標

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

主なエンゲージメント関連の指標:

  • エンゲージメント: ユーザーが広告を操作すると、クリック数としてカウントされます。
  • エンゲージメント率: ユーザーが広告を操作した回数を広告が表示された回数で割った値です。ユーザーがどの程度の頻度で関心を示したのかを測定するための指標となります。
  • 平均エンゲージメント単価: 広告内に 10 秒間滞在するか、広告をクリックした場合に支払う平均費用です。
  • クリック数: ランディング ページへのクリックの回数です。クリックの種類別にレポートのデータを分割表示している場合、このクリック数は [エンゲージメントからのクリックスルー] 行に分割されます。クリック率は [クリック率] 列、平均クリック単価は [平均クリック単価] 列で確認できます。アプリ訴求動画広告の場合、この列には、ユーザーが Call-to-Action(CTA)オーバーレイ、カード、コンパニオン バナーをクリックするなど、ユーザーが広告を操作した回数が表示されます。
  • 「料金が発生しないクリック」レポート: ライトボックス広告のランディング ページへのクリック数は、これまで「料金が発生しないクリック」レポートに表示されていましたが、[クリック数] 列に表示されるようになりました。

一部の表示項目は、掲載結果データの表に追加しないと表示されない場合があります。表示項目を追加する方法についての詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。