広告経由の通話数を計測する

コンバージョン トラッキングを設定すると、電話番号表示オプションや住所表示オプション付きの電話専用広告や広告が、どの程度電話での問い合わせにつながっているかを把握できます。

このタイプのコンバージョン トラッキングでは、通話時間が設定した時間を超えた電話問い合わせをコンバージョンとしてトラッキングできます。これにより、販売成立などのビジネス価値が高い行動につながっていないとみられる、通話時間の短い電話を除外できます。

他のシステムを使って販売成立などのコンバージョンにつながった電話問い合わせをトラッキングしている場合は、通話コンバージョン アクションのデータをインポートすると効果的です。すべての通話コンバージョン アクションの詳細については、通話コンバージョン トラッキングについてをご確認ください。

: 通話レポートを有効にすると、新しい通話はデフォルトのコンバージョン アクション「広告経由の通話数」でカウントされます。「広告経由の通話数」コンバージョン アクションは自動的に [コンバージョン] 列に含まれます。独自の通話コンバージョン アクションを設定する方法は次のとおりです。

メリット

この無料ツールを活用すると、各キーワード、広告、広告グループ、キャンペーンが生み出している価値を把握し、より的確に投資対象を見定めることができます。また、コンバージョン トラッキングを使用すれば、目標コンバージョン単価(CPA)や目標広告費用対効果(ROAS)などの自動入札戦略を利用することも可能で、ビジネスの目標に合わせてキャンペーンを自動的に最適化することができます。

この記事では、広告経由の通話数を計測する方法について説明します。

要件

広告経由の通話数のコンバージョン トラッキングを設定する前に、以下の点をご確認ください。

  • Google 広告アカウント: お持ちでない場合は、https://ads.google.com からご登録ください。
  • 有効な電話番号表示オプション、通話オプション付きの住所表示オプション、または電話専用広告: 電話番号表示オプション、住所表示オプション、または電話専用広告が少なくとも 1 つ必要です。
  • アカウント設定で、通話レポートを有効にします。
  • 対象国の対応状況: 現在、通話レポートが利用できる国については、対象国のリストをご確認ください。

手順

  1. Google 広告にログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [測定] で、[コンバージョン] をクリックします。
  4. プラスボタン をクリックします。
  5. [電話件数] をクリックします。
  6. [電話番号表示オプションを使用した広告や電話専用広告経由の通話数] を選択し、[続行] をクリックします。
  7. [カテゴリ] の横のプルダウン メニューから、そのコンバージョン アクションに当てはまるカテゴリを選択します。ここで指定したカテゴリを使ってレポートのコンバージョン データを分割すれば、同じカテゴリのコンバージョン データをまとめて確認できます。
  8. [値] の横で [通話 1 回あたりの価値] を選択して通話 1 回の価値を入力します。値を計上しない場合は、[値を使用しない] を選びます。
  9. 1 回の広告クリックに対して、発生したコンバージョンをすべてカウントするか、1 回のみカウントするかを選択します。「すべて」は購入や販売に、「1 回」は新規顧客の開拓に最適です。
  10. [通話時間] をクリックします。通話をコンバージョンとしてカウントするために必要な最短通話時間を秒単位で入力します。
  11. [計測期間] をクリックします。広告がクリックされた後、コンバージョン アクションを計測する期間を選択します。最短で 1 日、最長で 60 日間の期間を選択できます。
  12. (高度な設定)[コンバージョンに含める] をクリックします。この設定を有効にすると(デフォルトでは有効になっています)、このコンバージョン アクションのデータが [コンバージョン] 列に含まれるようになります。この設定を無効にした場合でも、データは [すべてのコンバージョン] に含まれます。
    [コンバージョン] 列のデータは、目標広告費用対効果、拡張クリック単価、目標コンバージョン単価などの自動入札戦略で使われます。「コンバージョン重視で最適化」の自動入札戦略をご利用で、特定のコンバージョン アクションを入札戦略に「含めたくない」場合は、この設定を無効にします。含める場合は有効のままにしておきます。
  13. [アトリビューション モデル] をクリックします。ここでは、各コンバージョンの貢献度をラストクリック(コンバージョンの直前に発生したクリック)、ファースト クリック、その組み合わせのどれに割り当てるかを選択します。各オプションとこの設定の仕組みについて詳しくは、アトリビューション モデルについてをご確認ください。
  14. [作成して続行] をクリックします。

電話番号表示オプションの編集

既存の電話番号表示オプションを利用する場合は、以下のステップに進みます。電話番号表示オプションを新しく作成する場合は、まずこちらの手順に従って設定を行ってから、以下のステップに進みます。

  1. 編集する電話番号表示オプションにカーソルを合わせ、電話番号の横の鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  2. [通話レポート] で [オン] を選択して、通話を計測できるようにします。
  3. [コンバージョン数をレポート] で、[コンバージョン対象] の横にあるチェックボックスをオンにし、プルダウンから作成したばかりのコンバージョン アクションの名前を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

電話専用広告の編集

既存の電話専用広告を利用する場合は、以下のステップに進みます。

電話専用広告を新しく作成する場合は、まずこちらの手順に従って設定を行ってから、以下のステップに進みます。

  1. 使用する電話専用広告にカーソルを合わせ、鉛筆アイコン 編集 をクリックします。
  2. 通話時間などの詳細を計測する場合、[通話レポート] で [オン] を選択します。指定した通話時間を満たした場合にコンバージョンとしてカウントするようにするには、通話レポートを有効にする必要があります。
  3. [コンバージョン数をレポート] で、[コンバージョン対象] の横にあるチェックボックスをオンにし、プルダウンから作成したばかりのコンバージョン アクションの名前を選択します。
  4. [新しい広告を保存] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。