広告経由の通話数を計測する

コンバージョン トラッキングを設定すると、電話番号アセットまたは住所アセット付きの電話専用広告と広告が、どの程度電話での問い合わせにつながっているかを把握できます。

コンバージョン トラッキングでは、通話時間が設定した時間を超えた電話問い合わせをコンバージョンとしてトラッキングできます。これにより、販売成立などのビジネス価値が高い行動につながっていないとみられる、通話時間の短い電話を除外できます。

他のシステムを使って販売成立などのコンバージョンにつながった電話問い合わせをトラッキングしている場合は、通話コンバージョン アクションのデータをインポートすると効果的です。すべての通話コンバージョン アクションの詳細については、通話コンバージョン トラッキングについてをご確認ください。

: 通話レポートを有効にすると、新しい通話はデフォルトのコンバージョン アクション「広告経由の通話数」でカウントされます。「広告経由の通話数」コンバージョン アクションは自動的に [コンバージョン] 列に含まれます。独自の通話コンバージョン アクションを設定する方法は次のとおりです。

メリット

このツールを活用することで、各キーワード、広告、広告グループ、キャンペーンが生み出している価値を把握できるため、より効果的に投資対象を見定めて投資収益率(ROI)を高めることができます。また、コンバージョン トラッキングを使用すれば、目標コンバージョン単価(CPA)や目標広告費用対効果(ROAS)などの自動入札戦略を利用することも可能で、ビジネスの目標に合わせてキャンペーンを自動的に最適化することができます。

この記事では、広告経由の通話数を計測する方法について説明します。


要件

広告経由の通話数のコンバージョン トラッキングを設定する前に、以下の点をご確認ください。


手順

注: 以下の手順は、Google 広告のユーザー エクスペリエンスの新しいデザインのものです。以前のデザインを使用するには、[デザイン] アイコンをクリックして [以前のデザインを使用する] を選択してください。Google 広告の以前のバージョンを現在もご使用の場合は、機能早見表を確認するか、Google 広告の上部にあるナビゲーション パネルの検索バーを使って、お探しのページを検索してください。
  1. Google 広告の管理画面で目標アイコン 目標アイコン をクリックします。
  2. セクション メニューで [コンバージョン] プルダウンをクリックします。
  3. [概要] をクリックします。
  4. [新しいコンバージョン アクション] をクリックします。
  5. [電話件数] をクリックします。
  6. [電話番号表示オプションを使用した広告や電話専用広告経由の通話数] を選択し、[続行] をクリックします。
  7. [目標とアクションの最適化] プルダウンで、コンバージョン アクションをグループ化する目標カテゴリを選択します。デフォルトで、[目標] は [電話のリード] に、[コンバージョン アクションの最適化] は [メインのアクション] に設定されています。
  8. 半角 100 文字(全角 50 文字)以内の「コンバージョン名」を追加します。
  9. [値] で、[すべてのコンバージョンに同一の価値を割り当てる] を選択して各通話コンバージョンの値を入力するか、[このコンバージョン アクションでは値を使用しない] を選択します(推奨されていません)。
  10. [カウント方法] の横で、1 回の広告クリックから発生したコンバージョンをすべてカウントするか、1 回としてカウントするかを選択します。「すべて」は購入や販売に、「1 回」は販売促進に最適です。
  11. [通話時間] をクリックします。通話をコンバージョンとしてカウントするために必要な最短通話時間を秒単位で入力します。
  12. [クリックスルー コンバージョン計測期間] プルダウンで、このコンバージョン アクションの計測期間(広告がクリックされてからコンバージョンを計測する期間)を選択します。最短で 1 日、最長で 60 日間の期間を選択できます。
  13. (高度な設定)[アカウントのデフォルトのコンバージョン目標] をクリックします。
    • この設定を有効にすると(デフォルトでは有効になっています)、このコンバージョン アクションのデータが [コンバージョン] 列に含まれるようになります。この設定を無効にした場合でも、データは [すべてのコンバージョン] に含まれます。
    • [コンバージョン] 列のデータは、目標広告費用対効果、拡張クリック単価、目標コンバージョン単価などの自動入札戦略で使われます。「コンバージョン重視で最適化」の自動入札戦略をご利用で、特定のコンバージョン アクションを入札戦略に「含めたくない」場合は、この設定を無効にします。含める場合は、オンのままにしておきます。
  14. [アトリビューション モデル] をクリックします。ここでは、各コンバージョンの貢献度をラストクリック(コンバージョンの直前に発生したクリック)、ファースト クリック、その組み合わせのどれに割り当てるかを選択します。各オプションとこの設定の仕組みについて詳しくは、アトリビューション モデルについてをご覧ください。
  15. [作成して続行] をクリックします。
ビジネス プロフィールから発信された通話のトラッキング

ご利用の Google 広告アカウントがビジネス プロフィールにリンクされていて、通話履歴機能がオンになっている場合、ビジネス プロフィールで発生した通話(広告インタラクションから発生する場合もある)については、Google 広告アカウントで「広告経由の通話数」コンバージョン アクションとしてレポートされます。

ビジネス プロフィールから発信された通話をトラッキングするには、以下が必要となります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー