テキスト広告の広告カスタマイザを作成する

重要
  • 2022 年 6 月 30 日より、拡張テキスト広告の作成および編集はできなくなります。
  • ただし、以降も拡張テキスト広告の配信は継続され、掲載結果のレポートも確認できます。
  • また、拡張テキスト広告の一時停止や再開、必要に応じて削除も行うことができます。
  • Google では、レスポンシブ検索広告への移行を強くおすすめしています。
  • 拡張テキスト広告の今回の変更について詳しくは、こちらのページをご覧ください。

広告カスタマイザを使用すると、ユーザーの検索語句、閲覧状況、使用デバイス、広告閲覧時間など、状況に応じてリアルタイムに広告の文面を変更することができます。

この記事では、テキスト広告の広告カスタマイザを作成する方法について説明します。また、レスポンシブ検索広告の広告カスタマイザを作成することもできます。

: 広告カスタマイザの形式はレスポンシブ検索広告によって異なります。

手順

1. ビジネスデータを開く

まず、ビジネスデータを開きます。

  1. Google 広告にログインします。
  2. ツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックします。
  3. [その他のツール] で [ビジネスデータ] を選択します。

アカウントで開く

2. 広告カスタマイザを作成する

次に、広告カスタマイザを作成し、カスタマイズする情報の種類に関する詳細を追加します。これらの詳細を「属性」と呼びます。

  1. プラスボタン をクリックします。
  2. [テキスト広告の広告カスタマイザ データ] を選択します。
  3. [広告カスタマイザのデータ テンプレート(CSV をダウンロード)] をクリックして、テンプレートをダウンロードします。
    1. スプレッドシートで 3 種類の列に詳細を入力し、カスタマイザの動作を決定します。
      • 広告コンテンツ: 広告文に表示されるコンテンツです。これらの列の名前は自由に指定できます。かっこを使って、このコンテンツの文字や属性のデータ型(数字、テキスト、日時、価格など)を指定します。広告コンテンツを確定する際は、属性のデータ型の表をご覧ください。
      • 期間とデバイス: これらの列では、広告を表示する日時や、表示するデバイスなどを指定します。標準の属性リストを使って、列に名前を付けてください。
      • ターゲット設定: これらの列では、広告カスタマイザを発動する条件や、対象となるキャンペーンや広告グループを指定します。カスタマイザを表示する場所に影響を与えたくない場合は、これらの列の一部を空白のままにできます。こちらのターゲット設定の属性から選択してください。

        モデル (text)

        容量 (number)

        タイプ (text)

        開始価格 (price)

        セール終了日 (date)

        Target campaign

        Target ad group

        Target location

        Target keyword

        プロウィップ 300

        5

        チルトヘッド

        199 米ドル

        2014/05/15 20:00:00

        プロウィップ キャンペーン

        プロウィップ 300 広告グループ

        Mountain View, CA

        プロ用ミキサー

        プロウィップ 300

        7

        ボウルリフト

        399 米ドル

        2014/05/31 20:00:00

        プロウィップ キャンペーン

        プロウィップ X 広告グループ

        米国

        デラックス ミキサー

    2. 列の詳細の入力が完了したら、スプレッドシートを CSV に変換します。
    3. Google 広告アカウントに戻り、カスタマイザに名前を付けて、[パソコンからファイルを選択] をクリックし、作成したスプレッドシートを選択します。
    4. [適用] をクリックします。
    5. これでビジネスデータに新しいカスタマイザが表示されるようになります。カスタマイザをクリックすると、追加した詳細が表示されます。
  4. 鉛筆アイコン 鉛筆アイコン / 編集アイコン の近くにある [パソコンからファイルを選択] オプションをクリックします。
ヒント
  • [Target campaign] 列と [Target ad group] 列のテキストが、アカウント内の広告グループとキャンペーンの名前に完全に一致するようにしてください。一致しない場合、データはアップロードされません。
  • 列見出し名にはできるだけスペースを含めないようにしてください。
  • 標準の属性ターゲット設定の属性の列名が、指定した名前と一致していることを確認してください。

3. 広告テキストにカスタマイザを配置する

カスタマイザを作成したら、広告をカスタマイズします。

  1. 左側のパネルで [広告と広告表示オプション] をクリックし、[広告] を選択します。また、広告カスタマイザでターゲットに設定しているキャンペーンと広告グループで広告を作成することもできます。
  2. 鉛筆アイコン 鉛筆アイコン / 編集アイコン をクリックして、編集する既存の広告を選択します。
  3. 広告文内でカスタマイザを表示する位置に波かっこ「{」を入力します。
  4. プルダウン メニューから [広告カスタマイザ] を選択します。
  5. 広告文のこの部分に表示するカスタマイザを選択します。
  6. かっこ内のカスタマイザのフォーマットは「{=カスタマイザ名.列名/属性名}」です。プルダウンからカスタマイザを選択することも、このフォーマット内にカスタマイザ名と属性を直接入力することもできます。
広告は以下のようになります。カスタマイズされるテキストはすべて黄色でハイライト表示されています。
CookieKing スタンド ミキサー
広告 www.example.com
ミキサー 15% オフポートランド店限定セール開催中。6 月 1 日まで。

4. 広告カスタマイザを編集する

カスタマイザの詳細はビジネスデータで編集できます。

  1. ツールアイコン Google 広告 | ツール [アイコン] をクリックし、[その他のツール] で [ビジネスデータ] を選択します。
  2. 編集する広告カスタマイザを選択します。[タイプ] 列で [広告カスタマイザ データ] を探します。
  3. 行を編集するには、更新するセルをクリックします。
  4. 新しい行を追加するには、プラスボタン をクリックして、既存の属性の項目に詳細を入力します。
  5. 新しい列を追加するには、[設定] をクリックし、[属性] セクションを開きます。新しいターゲット設定の属性を追加するには、新しいカスタマイザを作成する必要があります。
  6. 新しい属性の追加をスケジュール設定するには、[スケジュール] をクリックし、[ 新しいスケジュール] オプションをクリックします。プルダウン リストからソースを選択し、ソース URL、ユーザー名、パスワードのセクションに入力します。プルダウン リストから頻度を選択します。
  7. [保存] をクリックします。

5. カスタマイザ データの仕様

広告カスタマイザのデータを作成して更新する際は、必要に応じて属性と言語コードを使用できます。

言語コード
言語 コード
アラビア語 ar
ブルガリア語 bg
カタロニア語 ca
中国語(中国) zh-CN
中国語(香港) zh-HK
中国語(台湾) zh-TW
クロアチア語 hr
チェコ語 cs
デンマーク語 da
オランダ語 nl
英語(オーストラリア) en-AU
英語(イギリス) en-GB
英語(アメリカ) en-US
エストニア語 et
フィリピン語 fil
フィンランド語 fi
フランス語 fr
ドイツ語 de
ギリシャ語 el
ヘブライ語 iw
ヒンディー語 hi
ハンガリー語 hu
インドネシア語 id
イタリア語 it
日本語 ja
韓国語 ko
ラトビア語 lv
リトアニア語 lt
マレー語 ms
ノルウェー語 no
ポーランド語 pl
ポルトガル語(ブラジル) pt-BR
ポルトガル語(ポルトガル) pt-PT
ルーマニア語 ro
ロシア語 ru
セルビア語 sr
スロバキア語 sk
スロベニア語 sl
スペイン語(ヨーロッパ) es
スペイン語(ラテンアメリカ) es-419
スウェーデン語 sv
タイ語 th
トルコ語 tr
ウクライナ語 uk
ベトナム語 vi
属性のデータ型(カスタム属性用)
属性のデータ型 一般的な用途 使用できる文字 値の例
text 商品名 文字、数字、記号 ハイキング靴
number 在庫数 整数 11
price 金額 数字(小数を含む)と有効な通貨記号 $24.99
date タイムスタンプ yyyy/MM/dd hh:mm:ss 2014/08/14 17:01:00
注: 属性名にスペース、記号、句読点、特殊文字(ウィングディング、矢印、縦棒、その他の記号など)を含めることはできません。<3、=>、<=、⇐、⇍、->、⇒、»、:-)、:)、∞、⋇、Ξ、****、| などの特殊文字を使用すると、広告が不承認となる場合があります。
標準の属性
属性 機能 有効な値
Device preference データ行をスマートフォン(タブレット、コンピュータ以外)で表示する広告に制限 mobile または all
Scheduling 広告カスタマイザを表示する曜日と時間 曜日、開始時間 - 終了時間。月曜日の午前 9 時~午後 5 時までの時間をスケジュール設定する場合は、「Monday, 09:00 AM - 05:00 PM」と入力します。複数の曜日の時間をスケジュール設定する場合は、曜日をセミコロンで区切ってください。月曜日と火曜日の両方に設定する場合は、「Monday, 09:00 AM - 05:00 PM; Tuesday, 09:00 AM - 05:00 PM」と入力します。
Start date フィード アイテムの掲載を開始する日 yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間形式)
End date フィード アイテムの掲載を停止する日 yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間形式)
Custom ID データ行を識別する一意の値。各行に自動的に "Item ID" と呼ばれる値が指定されますが、独自の custom ID 値を作成して Google 広告から認識させることもできます。 文字と数字の任意の組み合わせ
Target location restriction "Target location" に記載されている地域に適用されているターゲット設定の種類 Physical location または空のセル
ターゲット設定の属性
属性 機能 有効な値
Target keyword この行をトリガーするキーワード キーワードとマッチタイプ記号(例: 完全一致の場合は [花])。詳しくは、キーワードのマッチタイプについてをご覧ください。
Target keyword text この行をトリガーするキーワード。キーワードのマッチタイプは [Target keyword match type] 列で指定 マッチタイプ記号を付けないキーワード
Target keyword match type [Target keyword text] 列の対象キーワードに適用するマッチタイプ broad または phrase または exact
Target ad group この行のデータを使用する広告グループ 既存の広告グループ名
Target campaign この行のデータを使用するキャンペーン 既存のキャンペーン名
Target location ユーザーの現在地や関心のある地域にマッチした場合に、この行をトリガーする場所 地名(言語は自由)
Target location restriction "Target location" に記載されている地域に適用されているターゲット設定の種類 Physical location または空のセル

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false