動的リマーケティングの導入手順

広告主様のサイトを訪問したことがあるユーザーに動的広告を表示するには、グローバル サイトタグと動的リマーケティング イベント スニペットを追加します。グローバル サイトタグは、Google 広告で基本的なリマーケティングを可能にする機能を持ち、サイト内の各ページにそのまま貼り付けて使用できます。イベント スニペットは、広告主様の商品やサービスに関連する具体的なアクションについてのデータを収集します。集まったデータは、データフィードと突き合わせたうえで、動的リマーケティング用の広告の作成に使用されます。イベント スニペットで収集されるデータは、広告主様の業種によって異なります。

動的リマーケティングの設定ガイド(ウェブ用)の一項目であるこの記事では、動的リマーケティング用タグの設定方法を詳しく説明します。アプリでの設定については、アプリ向け動的リマーケティングについての説明をご覧ください。

注: 動的リマーケティング キャンペーンから最大限の成果を引き出すには適切なタグ設定が不可欠ですが、そのためにはウェブサイトのコードをカスタマイズして動的データを Google 広告に返せるようにするなど、やや込み入った作業が必要です。サイトのタグ設定をスムーズに行うには、ウェブページのコード編集に抵抗がない程度のスキル(またはそういった技術スキルを持つ方のサポート)が必要となりますので、あらかじめご了承ください。

はじめに

リニューアル版の Google 広告でリマーケティング用の Google 広告タグを設定している場合は、グローバル サイトタグとオプションのイベント スニペットで構成される新しい Google 広告タグが表示されます。JavaScript を使用してウェブサイトに従来の AdWords タグをインストールしている場合はそのまま使用できますが、新しい Google 広告タグを使用することをおすすめします。詳しくは、Google 広告 リマーケティング タグの変更点をご覧ください。

 

ウェブサイトのコードに詳しくない場合は、ウェブ開発者など技術的な知識のある人のサポートを受けることをおすすめします。コードの形式に関するよくある問題もご確認ください。

Google 広告では、ポリシーで制限された特典に関連するページにタグを実装することはできません。パーソナライズド広告ポリシーの詳細

手順

動的リマーケティング イベント スニペットによって、広告主様のウェブサイトでユーザーが閲覧した商品やサービスの ID、商品アイテムの合計金額などのデータが収集されます。このデータを使ってカスタマイズされた広告が生成され、訪問したサイトについて思い起させる広告が、サイトを訪問したユーザーに表示されます。この設定を行う方法については、以下をご覧ください。

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で [従来版] をご選択ください。詳細

  1. Google 広告にログインします。
  2. [共有ライブラリ] をクリックします。
  3. [ユーザーリスト] の [表示] をクリックします。
  4. リマーケティング リストを初めて作成する場合は、リマーケティング用の項目がいくつか表示されます。[ウェブサイト訪問者] で [動的リマーケティング] を選択し、業種を選ぶと、リマーケティング タグ コードに必要なイベント パラメータが追加されます。「小売」を選択した場合は、指示に従って Merchant Center と Google 広告アカウントをリンクしてください。
  5. [タグの詳細] をクリックします。
  6. リマーケティング タグのコードをコピーします。このタグは、PC 向けサイトとモバイル向けサイトの両方で使用できます。
  7. カスタムのタグをすべてのページに挿入します(終了タグ </body> の直前)。ウェブサイトのフッター用に同じファイルを使用している場合は、リマーケティング タグのコードをそのファイルに挿入するだけで済みます。すべてのウェブページに挿入する必要はありません。Google アナリティクスをご利用の場合は、Google 広告のリマーケティング タグの代わりに、サイトにすでに追加されている Google アナリティクス トラッキング コードを使用できます。
  8. ウェブページを保存して、公開します。
  9. Google Tag Assistant を使用して、タグが正しく挿入されていることを確認します。Tag Assistant は、Google のコードを検証し、必要であればエラーを修正できる Chrome の拡張機能です(英語のみ)。または、1 週間程度待ってからデータの収集状況をチェックします。
  10. ウェブサイトにタグを追加したら、各ウェブページに対応するリマーケティング リストを作成できるようになります。ウェブサイト全体にタグを追加できない場合でも、サイトの特定のセクションにタグを追加し、そのセクションのリマーケティング リストを作成できます。

タグを更新する

サイトにグローバル サイト タグをすでに追加していて、動的リマーケティングを使い始める場合は、リマーケティング イベント スニペットを追加するだけです。イベント スニペットは、商品ページやショッピング カートなど、リマーケティング イベントをトラッキングするページに設置する必要があります。グローバル サイトタグの後であれば、コード内の任意の場所に挿入できます。以下に小売業のタグの例を示します。この例では、グローバル サイトタグは青色イベント スニペットとイベント パラメータは緑色動的な固有値は黄色のハイライトで示しています。

 

重要

イベント パラメータや値の名前は翻訳せず、英語のまま使用してください。たとえば「cart」は「カート」とは訳さず、そのまま使用します。

イベント スニペットの動的パラメータとイベント パラメータには、JSON(JavaScript Object Notation)を使用してください。これは、ネットワーク接続で構造化データを送信するための形式です。グローバル サイトタグ(gtag.js)は、Google のサイト測定、コンバージョン トラッキング、リマーケティング製品用のウェブのタグ付けライブラリです。

以下の例は業種が「小売」(Retail)の場合のパラメータを示したものです。実際の運用時には、広告主様ご自身の業種に応じたイベント パラメータ名(ecomm_prodid など)をお使いください。業種別のイベント パラメータ一覧

<!-- グローバル サイトタグ(gtag.js) - Google 広告: 123456789 -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-123456789"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments)
;}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'AW-123456789');
</script>
<!-- サンプルの動的リマーケティング ページ用のイベント スニペット -->
<script>
 gtag('event', 'add_to_cart', {
    value: 345.89, 
   items: [{
      origin: 'NYC'
      destination: 'PAR',
      google_business_vertical: 'flights'
    },
    {
      origin: 'PAR'
      destination: 'LON',
      google_business_vertical: 'flights'
    }, 
    {
      id: '123456',
      location_id: 'LON',
      google_business_vertical: 'hotels'
    }]
});

</script>

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。