ディスプレイ ネットワーク用のキーワードを改善する

ディスプレイ ネットワーク キャンペーンの運用を開始したら、キーワードの成果を測定し、成果が低いキーワードに対する改善策を講じます。キーワードの成果は、広告掲載の目標に照らして分析する必要があります。ウェブサイトへのトラフィックを増やすことが目的なのか、販売などのコンバージョン数を増やすことが目的なのかを考慮し、以下の方法でターゲット設定を改善してください。

ウェブサイトへのトラフィックを増やす

吹きガラスの花瓶を製作しているアーティストが新作をウェブサイトで販売することにしました。できるだけ多くのユーザーをウェブサイトに誘導し、作品を見てもらいたいと考えています。

より一般的なキーワードを追加する

さまざまなウェブサイトに広告を表示したい場合は、より一般的なキーワードをキャンペーンに追加します。上記の例では、「手作りの吹きガラス 花瓶」といった具体的なキーワードではなく、「花瓶」など一般性の高いキーワードを選択しましょう。キーワードを追加、編集、削除する方法をご確認ください。

新しいタイプのキーワードを追加する

独特の語句、アイディア、概念の新しいキーワードを追加すると、広告のクリック率を高めてトラフィックを増やすことができます。たとえば、「花瓶」の代わりに、「フラワージャー」や「ピッチャー」などあまり一般的でないキーワードを追加すると、広告の掲載対象となるページが多くなり、広告の表示回数が増える可能性があります。

成果の高いキーワードの入札単価を引き上げる

成果を上げているるキーワードのクリック単価(CPC)を引き上げると、広告掲載の頻度が増え、より多くのユーザーをウェブサイトに誘導できます。キーワードの入札単価を調整する方法をご確認ください。

キーワードの挿入機能を使用する

キーワードの挿入は、広告掲載につながったキーワードを広告文に動的に挿入する機能です。関連性の高い情報を探しているユーザーに広告を表示できるので、クリック率(CTR)が向上します。キーワードの挿入機能の詳細をご確認ください。

キーワード リストを見直して費用を削減する

手作りの花瓶を販売している自分のウェブサイトに、多くのユーザーが訪れているとします。そこで、花瓶を購入してくれる可能性が高いユーザーにターゲットを絞って広告を表示したいと考えています。たとえば、一部のキーワードは、ユーザーが広告をクリックしても、花瓶の購入につながっていません。このような場合は、キーワード リストを見直し、購入してくれる可能性が高いユーザーに広告が表示されるようにします。クリック数が少なければ、合計費用も少なくてすみます。

より具体的なキーワードを追加する

より効果的にユーザーにアピールするには、宣伝する商品やサービスに直接関連している具体的なキーワードを使用します。たとえば、吹きガラスの花瓶を販売している場合、「花瓶」などの一般的なキーワードではなく、「吹きガラス」のように具体的なキーワードを選択します。ただし、具体性の高いキーワードを使用すると、多くのユーザーにアピールできない場合もありますのでご注意ください。キーワードを追加、編集、削除する方法をご確認ください。

成果の低いキーワードの入札単価を下げる

他と比べて十分な成果が得れらないキーワードについては、クリック単価(CPC)を引き下げることをおすすめします。その分の予算を、高い成果を上げているキーワードに割り当てることができます。クリック単価とインプレッション単価を編集する方法をご確認ください。

成果の低いキーワードを一時停止する

成果の低いキーワードのクリック単価(CPC)を既に引き下げている場合、それらのキーワードを一時停止または削除すると、キャンペーンの実績をさらに改善できます。一時停止または削除したキーワードは、その後、必要になったとき、いつでも元に戻すことができます。

関連性の低いウェブサイトに広告が表示されないようにする

キャンペーンで除外キーワードを設定し、宣伝する商品やサービスと関連性のないウェブサイトに広告が表示されないようにすると、コンバージョンにつながる可能性が低いクリックに予算を使わずにすみます。たとえば、新品の靴を販売している場合、「中古」や「リサイクル」を除外キーワードとして設定すれば、中古品やリサイクル品に関するウェブサイトに広告が表示されるのを防ぐことができます。ただし、あまり多くのキーワードを除外すると、対象となるユーザーが少なくなってしまうのでご注意ください。特定のウェブページやモバイルアプリを除外する方法をご確認ください。

コンバージョン オプティマイザーを使用する

コンバージョン オプティマイザーは、Google 広告のコンバージョン トラッキング データを使用し、少ない費用でより多くのコンバージョンを達成するための機能です(キャンペーンでこの機能を使用するには一定の条件を満たしている必要があります)。この機能を使用すると、収益性の低いクリックを減らしつつ、高い成果が見込めるクリックを増やすことができます。コンバージョン オプティマイザーの設定方法をご確認ください。

キーワードのランディング ページ URL を使用する

キーワードごとにランディング ページ URL を指定すると、キーワードに直結するランディング ページへのトラフィックを増やすことができます。既に、検索キャンペーンでキーワード単位のランディング ページ URL を使用している場合は、ディスプレイ ネットワークでも同じ手法を使用できます。キーワードごとにランディング ページ URL を設定する方法をご確認ください。

ヒント

  • ディスプレイ ネットワークではすべてのキーワードが部分一致と見なされるため、誤字、類義語、表記のゆれなど、キーワードの類似パターンを追加する必要はありません。
  • ディスプレイ キャンペーン プランナーを使用すると、ディスプレイ ネットワーク キャンペーンのキーワード候補を検索できます。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。