一括アップロード機能で変更を加える

一括アップロードを使用すると、Google 広告アカウントのキーワード、広告、広告グループ、キャンペーン、商品グループ(ショッピング キャンペーン用)を効率的に変更できます。この機能では、ダウンロードしたスプレッドシートをオフラインで編集し、変更したスプレッドシートを AdWords にアップロードすることで、一括変更を簡単に加えることができます。この方法を使えば、データで確認された問題点や最適化案に関する変更を、一度にまとめて適用できます。この記事では、スプレッドシートのダウンロード、編集、アップロードの方法を説明します。

スポーツ用品を販売するオンライン ショップの例で説明しましょう。このショップでは、数多くの広告グループに大量のキーワードを設定しています。これまではスプレッドシートと独自の計算式で入札単価を変更し、それを手動で入力していました。これに対して、一括アップロードを使用すると、ダウンロードしたキーワードのスプレッドシートに独自の計算式を適用し、そのスプレッドシートを Google 広告にアップロードすることで入札単価を変更できます。

編集したスプレッドシートをアップロードした後は、変更のプレビュー、起こりうるエラーの確認、変更の適用をすべて同じタブ上で行えます。プレビューの結果を同僚に共有し、意見を求めることもできます。

編集するスプレッドシートをダウンロードする

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ナビゲーション メニューから [すべてのキャンペーン] を選択します。
  3. 編集する内容に応じて [キーワード]、[広告]、[広告グループ]、[キャンペーン]、または [商品グループ] のいずれかを選択します。
  4. ダウンロード アイコン Download をクリックします。
  5. スプレッドシートの形式を選択します。
実際に試す

レポートをダウンロードしても、そこに編集できる項目のすべてが含まれるわけではありません。

ダウンロードした元のスプレッドシートを保存する

一括アップロードを送信した後は、自動的に変更内容を取り消したり、元に戻したりすることはできません。そのため、変更を加える前の設定を後でいつでも確認できるように、ダウンロードした元のスプレッドシートのコピーを必ず保存しておくことをおすすめします。

編集可能な広告表示オプション テンプレートをダウンロードする
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. 管理画面の右上にあるツールアイコン をクリックします。
  3. [一括操作] で、[アップロード] をクリックします。
  4. 青いプラスアイコン をクリックします。
  5. [テンプレートを表示] をクリックします。
  6. テンプレートを CSV または Excel スプレッドシートとしてダウンロードします。

スプレッドシートの編集

スプレッドシートの編集の基本ルール

キーワード、広告、広告グループ、キャンペーン、商品グループを追加する

キーワードや広告などの項目を追加するには、ダウンロードしたスプレッドシートで新しい行を作成します。

次に、新しい項目の値(入札単価、予算、ステータスなど)を入力します。[Status] 列の値が未指定の場合、その項目はデフォルトで有効になります。サポートされている項目と設定できる値のリストをご確認ください。

ダウンロードしたスプレッドシートで広告を編集することはできません。広告に変更を加えるには、スプレッドシートでその広告を削除してから、必要な編集を加えた新しい広告を作成してください。

キーワード、広告、広告グループ、キャンペーン、商品グループを削除する

キーワードや広告などの項目を削除するには:

  1. ダウンロードしたスプレッドシートで、該当の項目が含まれている行を探します。
  2. その行の [Status] 列に「Remove」と入力します。
  3. スプレッドシートをアップロードします。

編集の基本ルール

  • 列名が表示されているヘッダー行は変更または削除しないでください。
  • 変更内容を書き留めたり通知したりする必要はありません。編集し終えたスプレッドシートをアップロードすると、そのスプレッドシートと現在のオプションが自動的に比較され、変更箇所が特定されます。変更を適用する前に、プレビューで確認することもできます。
  • 無関係な列や合計行を削除する必要はありません。
  • スプレッドシートは対応している形式(.xls、.xlsx、.tsv、.csv)で保存してください。
キーワードのスプレッドシートを編集する際のヒント
  • [Keyword] 列にキーワードを入力します。完全一致やフレーズ一致のキーワードを指定する場合は、角かっこ([ ])や引用符("")で囲みます。
  • [Ad group] 列には広告グループ名を入力します。
  • 既存のキーワードについては、キーワードやマッチタイプを編集することはできません。キーワードやマッチタイプに変更を加えると、既存のキーワードが削除されて新しいキーワードが作成されますが、これは一括アップロードの場合も同じです。このため編集可能なレポートでキーワードやマッチタイプを編集する場合は、既存のキーワードを削除し、変更を加えた新しいキーワードを作成する必要があります。
広告のスプレッドシートを編集する際のヒント

既存の広告の広告文は編集できません。広告に変更を加えると、既存の広告が削除されて新しい広告が作成されますが、これは一括アップロードの場合も同じです。このためスプレッドシートを使ってオフラインで広告を編集する場合は、既存の広告を削除し、変更を加えた新しい広告を作成する必要があります。

キャンペーンのスプレッドシートを編集する際のヒント

一部の列はキャンペーンを作成する間だけ使われるため、編集できないことがあります。スプレッドシートには以下の必須列を含めるようにしてください。すべて編集可能です。

  • Bid strategy type(入札戦略タイプ)
  • Budget(予算)
  • Campaign(キャンペーン)
  • Campaign ID(キャンペーン ID)
  • Campaign state(キャンペーンの状態)
  • Campaign type(キャンペーン タイプ)

以下の列は任意で含めることができます。

  • Ad rotation(広告のローテーション)
  • Campaign subtype(キャンペーン サブタイプ)
  • Tracking template(トラッキング テンプレート)
  • Start date(開始日)
  • End date(終了日)
  • Custom parameter(カスタム パラメータ)
広告表示オプションを編集する際のヒント

広告表示オプションを追加する

広告表示オプションを新しく追加するには:

  • [Campaign](キャンペーン)列に広告表示オプションを追加するキャンペーン名を入力します。
  • 広告グループに広告表示オプションを追加する場合は、[Ad group](広告グループ)列に広告グループ名を入力します。
  • アプリリンク表示オプションを追加するには、次の項目を設定します。

    • [Mobile OS](モバイル OS): ターゲット ユーザーが使用しているオペレーティング システムを入力します。「android」または「ios」のいずれかを入力できます。
    • [Package name](パッケージ名): アプリの一意の ID を入力します。Android の場合、パッケージ名はアプリの Google Play の URL の「id=」以降の部分です。

      http://play.google.com/store/apps/details?id=com.example.appname

      iOS の場合は、アプリの iTunes の URL の「id」の後に表示されるアプリ ID を入力します。

      http://itunes.apple.com/us/app/example-app-name/id#########

    • [App link text](アプリのリンクテキスト): アプリにアクセスするためにユーザーがクリックするテキストです。たとえば、「アプリをダウンロード」などです。
    • [Final URL](最終ページ URL): アプリのユーザーに表示する URL です。たとえば、Google Play ストアでのアプリの URL などです。
  • 電話番号表示オプションを追加するには、次の項目を設定します。

    • [Phone number](電話番号): ユーザーが電話番号表示オプションをクリックするとかかる電話番号です。
    • [Country code](国コード): 電話番号の所在国です。たとえば、アメリカの電話番号の場合は US と指定します。
    • [Use forwarding number](AdWords 専用転送電話番号を使用)(オプション): 広告に AdWords 専用転送電話番号を使用するかどうかを選択します。「yes」(はい)または「no」(いいえ)のいずれかを入力できます。デフォルトは「no」(いいえ)です。
  • レビュー表示オプションを追加するには、次の項目を設定します。

    • [Source name](ソース名): レビューを投稿する個人または組織の名前です。
    • [Source URL](ソース URL): 個人または組織がレビューを投稿した URL です。
    • [Text](テキスト): レビューのテキストです。
    • [Is exact quote](完全な引用)(省略可): テキストでレビューを完全に引用するかどうかを選択します。「yes」(はい)または「no」(いいえ)のいずれかを入力できます。デフォルトは「no」(いいえ)です。
  • サイトリンク表示オプションを追加するには、次の項目を設定します。

    • [Sitelink text](サイトリンクのテキスト): サイトリンクでクリック可能なリンクとして表示されるテキストです。
    • [Final URL](最終ページ URL): サイトリンクのリンク先 URL です。

    [Description](説明)欄は省略可能ですが、入力すると見込み顧客により関連性の高い広告を表示できます。入力する場合は、2 つある説明欄の両方を使用してください。説明は通常、サイトリンクの下に表示されます。

    詳しくは、サイトリンクへの詳細情報の追加をご覧ください。

  • コールアウト表示オプションを追加する場合は、次の項目を指定します。
    • Callout text(コールアウト テキスト): コールアウトとして表示する文です。
  • 構造化スニペット表示オプションを追加するには、次の項目を指定します。
    • Structured snippet header(構造化スニペットのヘッダー): こちらの既定ヘッダーのリストから選択します。各ヘッダーの最初の文字は大文字にしてください。このリストにあるヘッダーしか使用できませんのでご注意ください。
    • [Structured snippet values](構造化スニペットの値): ヘッダーに関係する、ユーザーに伝えたい詳細情報です。

    すべての広告表示オプションで利用できる任意の設定

    一括アップロードでは、各レポートで必須の列以外に、デバイス、開始日と終了日、スケジュールの設定も追加できます。こうした項目を指定するには、スプレッドシートに新しい列を追加し、次の名前と情報を含めます。

    • Start time(開始時間): 広告表示オプションの表示を始める日付です。mm/dd/yyyy 形式で指定してください。たとえば 2014 年 7 月 1 日であれば、「07/01/2014」となります。
    • End time(終了時間): 広告表示オプションの表示を終える日付です。mm/dd/yyyy 形式で指定してください。たとえば 2014 年 7 月 1 日であれば、「07/01/2014」となります。
    • Device preference(デバイス設定): 広告表示オプションを表示するデバイスです。「all」または「mobile」を指定できます。
    • Scheduling(スケジュール設定): 広告表示オプションを表示する曜日と時間帯です。これは Day, start time - end time の形式で指定します。 たとえば、月曜日の午前 9 時から午後 5 時まで表示したい場合は、「Monday, 09:00 AM - 05:00 PM」と入力します。複数の曜日に表示する場合は、セミコロンで区切ります。たとえば、月曜日と火曜日の両方に表示する場合は、「Monday, 09:00 AM - 05:00 PM; Tuesday, 09:00 AM - 05:00 PM」と入力します。
     

    広告表示オプションを削除する

    広告表示オプションを削除するには、該当する広告表示オプションの行の [Action] 列に「Remove」と入力します。これで、キャンペーンや広告グループから広告表示オプションが削除されます(他のキャンペーンや広告グループで使用している広告表示オプションは削除されません)。その行や行の内容を削除しても、実際に広告表示オプションが削除されるわけではありませんのでご注意ください。

商品グループ スプレッドシートを編集する際のヒント

具体的な手順については、ショッピング キャンペーンの一括アップロードに関する情報を参照してください。

スプレッドシートのアップロードと変更の適用

その他メニューからアップロードする方法
  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ナビゲーション メニューから [すべてのキャンペーン] を選択します。
  3. 編集する内容に応じて [キーワード]、[広告]、[広告グループ]、[キャンペーン]、または [商品グループ] を選択します。
  4. その他アイコン 3 dot icon をクリックします。
  5. アップロード アイコン Import をクリックします。
  6. アップロードするスプレッドシートを選択します。
  7. [開く] をクリックします。
  8. アップロードする前に内容を確認するには、[プレビュー] をクリックします。
  9. [適用] をクリックします。
[一括処理] からアップロードする方法

スプレッドシートをアップロードするには:

  1. AdWords アカウントの左側のナビゲーション ウィンドウで [一括処理] をクリックします。
  2. [一括アップロード] を選択します。
  3. [ファイルを選択] をクリックして、編集して保存したスプレッドシートを選択します。
  4. [アップロードしてプレビュー] をクリックします。
  5. アップロードが完了すると、変更内容のプレビューが表示されます。変更後の状態を確認できるので、エラーがあればスプレッドシートを修正して再度アップロードできます。エラーを無視して [変更を適用] をクリックすることも可能です。
アップロードの結果を表示する

ファイルのアップロードが完了すると、[一括処理] セクションの表の上部に該当するファイルの新しい項目が表示されます。適用した変更の [詳細] をクリックすると、過去の変更内容を確認できます。アップロードしたスプレッドシートをまだ適用していない場合は、[プレビュー]、[適用]、[削除] の中から操作を選択できます。

  • 1,000 行以上あるスプレッドシートをアップロードしてプレビューすると、すべての行がアップロードされますが、プレビューには最初の 1,000 行だけが表示されます。
  • 適用後の変更内容は、アップロードの結果をダウンロードすることですべて確認できます。
  • 過去 90 日間にアップロードされたファイルの詳細のみが表示されます。
  • スプレッドシートは 50 MB 以下、100 万行以下に止めてください。
  • アップロードは 2 時間後にタイムアウトします。その場合は、もう一度お試しください。ただし、スプレッドシート全体を改めてアップロードする必要はなく、アップロードが完了しなかった部分だけでかまいません。
     
マネージャー アカウントから Google 広告アカウントを一括作成する

一括アップロードを使用して、マネージャー アカウントから複数の Google 広告または AdWords Express アカウントを作成できます。CSV テンプレートは次のとおりです。

エラーが検出された場合

エラーを識別する

  1. [一括処理] 表で該当のスプレッドシートを探します。
  2. レポートの該当する行で [ダウンロード] > [エラーのみ] をクリックするか、[詳細] をクリックしてアカウントのエラーを確認します。
  3. スプレッドシートの [Results] 列または [Status] 列(アカウントのエラーをチェックしている場合)で、各行の問題を特定して修正します。
  4. ファイルを保存して [一括操作] からアップロードします。

エラーを修正する

エラー 解決策
競合する変更があります。 別のユーザーが同時に編集をしていないことを確認してから、もう一度お試しください。
ファイルの項目が編集ガイドラインに準拠していません。 ファイル内のすべての項目が Google 広告の編集ガイドラインに従っていることを確認してください。
ファイルにヘッダー行がありません。 アップロードされたファイルの最初の行は、ヘッダー行にしてください。
注: Google 広告からダウンロードしたファイルにはヘッダーが表示されます。
列に入力した情報に間違いがあります。 要件を満たした情報を入力してください。
行に値が入力されていません。 入力が必要なすべての列に値を入力してください。
キーワードに使用できない文字が含まれています。 キーワードから特殊文字(! @ % , *)を削除してください。
ID のいずれかがありません。 要素を追加している場合は、ID 列の値を削除します。要素を変更している場合は、ID が正しいこと、エンティティが削除されていないことを確認してください。
広告グループやキャンペーンに要素を追加する場合は、キャンペーンや広告グループに有効な ID があることを確認してください。
アップグレードされた URL が以前のリンク先 URL と同じではありません。 最終ページ URL とトラッキング テンプレートは、リンク先 URL と同じでなければなりません。同じにしたくない場合は、URL をアップグレードする方法に記載されている手順を行ってください。
最終ページ URL とリンク先 URL を両方使うことはできません。 最終ページ URL とリンク先 URL(サイトリンク用 /SitelinkURL)を両方使うことはできません。最終ページ URL の使用をおすすめします。
データセットまたはデータフィードを更新するには、[Action] 列を設定する必要があります。 一括アップロードを使ってサイトリンクなどのフィードを変更するには、「ACTION」をヘッダー行にした列が必須です(設定可能な値は「SET」、「ADD」、「REMOVE」)。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。