表やグラフをカスタマイズする

広告掲載の機会を逃さないために、掲載結果データを定期的に確認することをおすすめします。表やグラフを活用することで、全体的な掲載結果の傾向を確認したり、細かな疑問への答えを見つけることができます。

この記事では、表やグラフをカスタマイズして、ビジネスにとって最も重要なデータをわかりやすく表示する方法と、アカウントを管理しやすくする方法について説明します。

始めに

最初に、目標に向けた進捗を測定する際に、最も重要な統計情報を決定します。選択した統計情報は、カスタマイズした表やグラフでハイライト表示されます。詳しくは、広告掲載の目標に基づいてトラッキングする情報を決定するをご覧ください。

設定手順

ほぼすべてのお客様は、新しい Google 広告でのみアカウントを管理できます。Google 広告(AdWords)の従来版をご使用の場合は、下記で「従来版」を選択します。詳細

表示項目を追加または削除する方法

表示項目を追加したり削除したりすることで、さまざまな掲載結果データの中から表に表示する項目を選択できます。表示できる項目は、掲載結果表の種類によって異なります。表示する項目を選択したら、ご希望の順序に並べ替えて保存できます。

表示項目を変更するには、表の上にあるツールバーで [表示項目] ボタン、[表示項目を変更] の順にクリックします。表示項目を選択したら、設定を保存します。この設定は記憶され、同じキャンペーン タイプの同じ掲載結果の表に次回アクセスする際にも、同じ項目が表示されます。他にもいくつかの方法で、表示項目の設定をカスタマイズできます。

表示項目に名前を付けて保存する方法

後で同じタブを開いたときに同じ表示項目を使えるように、表示項目のセットに名前を付けて保存できます。名前を付けて保存した表示項目は、後で同じタブを開いたときに [表示項目の変更] プルダウン メニューに表示されます。

既定の表示項目を使用する方法

1 つのキャンペーンまたは同じタイプの複数のキャンペーンのデータを表示している場合は、既定の表示項目を使用できます。これらの表示項目を使用すると、特定のキャンペーン タイプに最も関連性の高い項目を簡単に表示できます。詳しくは、既定の表示項目を追加する方法をご覧ください。

表示項目を使ってデータを並べ替える

列の項目名をクリックすると、その項目を基準にしてデータを並べ替えることができます。たとえば、[広告グループ] 列の項目名をクリックすると、データが広告グループの名前順に並べ替えられます。また、[表示回数] 列の項目名をクリックすると、表示回数の多い順に広告グループを並べ替えることができます。もう一度クリックすると今度は表示回数の少ない順に並び替わります。

分割項目を適用してデータを分割する方法

分割項目を使うと、データを分割して表示できます。データに適用できる分割項目は、端末、クリックタイプ、ネットワーク、期間などさまざまです。

分割項目を使用するには、掲載結果データの表の上にあるツールバーの [分割] ボタンをクリックして、表内のデータに適用する分割項目を選択します。

分割

表示している表(キーワード、広告グループ、キャンペーン)に応じて、選択できる分割項目が変わります。

以下の 2 つの例は、分割項目を使って洞察を深める方法です。

  1. モバイル端末とパソコンのどちらの端末で投資収益率が高いか判別するには、キーワードを端末ごとに分割します。必要に応じて、入札単価を適切な額に調整します。
  2. 広告グループの掲載結果をパターンで分けるには、表を時間(日、週、曜日、月、四半期、年)ごとに分割します。特定の曜日に掲載結果が最も高くなる場合は、その曜日の入札単価を変更することで、そのパターンを増やせる可能性があります。

データ分割の詳細については、掲載結果データをさらに細かく分割表示する方法をご覧ください。

データをフィルタリングする方法

キーワード テキスト、入札単価、クリック率などの条件でフィルタリングして、条件に当てはまる項目のみを表示できます。

フィルタを作成するには、掲載結果の表の上にあるツールバーで [フィルタ] をクリックします。設定したフィルタを保存して、後で利用することもできます。

データのフィルタリングの詳細については、掲載結果データにフィルタを適用して表示する方法をご覧ください。

削除済みの項目を表示または非表示にする方法

掲載結果データの表の削除済みのキャンペーン、広告グループ、広告、キーワード、ネットワークは、非表示と表示を切り替えられます。表の上にあるツールバーの左端のメニューボタンを使って、削除済みの項目の表示と非表示を切り替えます。

  1. 削除済みの項目を非表示にする: ツールバーの左端のボタンをクリックし、[削除済みを除くすべて] を選択します。
  2. 削除済みの項目を表示する: ツールバーの左端のボタンをクリックして [すべて] を選択し、すべての項目(有効、一時停止中、削除済み)を表示します。
  3. 有効な項目のみを表示する: キャンペーンと広告グループの表で [有効のみ] を選択し、アクティブな項目のみを表示することもできます。
キャンペーンにフィルタをかける

掲載結果の概要グラフを表示して指標を比較する方法

データ表の上に掲載結果グラフが表示されない場合は、表の上にあるツールバーのグラフアイコン 掲載結果グラフ をクリックしてグラフを表示します。(アイコンをもう一度クリックすると、グラフが非表示になります)。

2 つの指標を比較するには、左側のグラフの上にあるメニューをクリックして比較対象とする指標を選択します。たとえば、表示回数とクリック数を同時に表示して、特定のキーワードの掲載結果を確認することができます。

指標の 2 つのデータ範囲を比較するには、画面右上にあるデータ範囲のプルダウン メニューから [期間比較] を選択します。たとえば、今週と先週の全クリック数と全表示回数のグラフを並べて表示することができます。

グラフの上にあるメニューで [日別]、[週別]、[月別]、[四半期別] から選択して、グラフを表示する単位を変更することもできます。

レポートをダウンロードする方法

ツールバーのダウンロード ボタン download icon をクリックすると、掲載結果データの表に表示されたデータをさまざまな形式でレポートとしてダウンロードできます。

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。