検索ネットワーク用キーワードの改善

広告の掲載結果を高めるには、成果の低いキーワードを把握して改善する必要があります。そのためには、キーワードと広告の関連性を高めて品質スコアを向上させる、広告の掲載につながっていないキーワードのマッチタイプを変更する、アカウント内の重複キーワードを削除するなどの対策を実施します。成果の低いキーワードは、掲載結果データにフィルタを適用することで簡単に確認できます。

始める前に

キーワードの改善を図る場合は、事前にキーワードに関するデータの参照方法を確認しておいてください。まずは、重複キーワードを検索して削除することをおすすめします。

キーワードの関連性を改善する

キーワードには、お客様が提供している商品やサービスと関連性の高い語句を設定します。そうすることで、検索ユーザーが広告をクリックする可能性が高まり、クリック率(CTR)品質スコアの改善につながります。たとえば、床のワックス掛けサービスを提供しているのに、ヘアワックスを探しているユーザーの検索結果に広告を表示しても意味がありません。以下に、キーワードの関連性を高めるためのヒントをいくつか紹介します。

  • 1 語のキーワードを複数の語句を使ったキーワードに置き換えます。2~3 語で構成されるキーワードで、ユーザーがお客様の商品やサービスを検索するときに使う可能性が高い語句を選びます。キーワードが一般的すぎる場合は、お客様の商品やサービスを具体的に表すキーワードに変更します。
    一般的なキーワード 具体的なキーワード
    ワックス フローリング用ワックス
    床 ワックス サービス
    クリーニング 床 クリーニング サービス
  • 広告グループの広告と関連性が高い語句を選んでキーワードに設定することも大切です。 たとえば広告グループの中に、パイン材の床専用のワックス掛けサービスに関する広告がある場合は、その広告グループに「パイン材」という単語を含むキーワードを設定します。また、キーワードの挿入機能を使用すると、ユーザーの検索語句と一致したキーワードを広告文に動的に挿入して表示できます。
  • 商品やサービスに基づいてキーワードをテーマ別に分類します。 分類したテーマに合わせて広告を作成します。これにより、特定の商品やサービスを探している見込み顧客により関連性が高い広告を表示できるようになります。キーワードを分類する際は、ご自身のウェブサイトの構成がヒントになります。

キーワードのマッチタイプを変更する

キーワードの掲載結果データを検索語句のマッチタイプ別に分割表示すると、キーワードや検索語句のマッチタイプとして最適なものを確認できるので、すべてのキーワードのマッチタイプを見直し、目的のユーザーだけに広告を表示することができます。

たとえば、キーワード リストに「床 クリーニング」という部分一致キーワードがあるとします。掲載結果データを表示し、検索語句のマッチタイプ別に分割表示すると、設定したキーワードの部分一致、フレーズ一致、完全一致となる検索語句の掲載結果データを確認できます。フレーズ一致の検索語句としては、「床 クリーニング サービス」などが表示される可能性があります。「床 クリーニング」というキーワードは、「床 クリーニング サービス,」などのフレーズ一致パターンで検索しているユーザーからのクリック率(CTR)が最も高いということが判明した場合は、「床 クリーニング」をフレーズ一致キーワードとして追加し、部分一致キーワードを停止します。

ヒント

検索語句のマッチタイプで分割したキーワードの掲載結果データを確認したら、検索語句レポートを作成して、ユーザーが広告をクリックしたときの検索語句を確認してください。

フィルタを使ってキーワードを改善する

フィルタを使用すると、キーワードの掲載結果データを並べ替えて成果の低いキーワードを把握することができます。このデータをステータスでフィルタすると、検索ボリュームが少ないキーワードや、不承認のため広告が表示されていないキーワードがわかります。この結果を基に、検索ボリュームの少ないキーワードをより一般的なものに変更すると、検索トラフィックが増加する可能性があります。あるいは、広告掲載のポリシーに従って、不承認となっているキーワードを修正してください。成果の低いキーワードの確認には、次のフィルタもご利用ください。

  • 品質スコアでフィルタすると、品質スコアの低いキーワードを確認できます。たとえば、品質スコアが 3 未満であるキーワードを把握し、広告やランディング ページとの関連性を高めるような変更を加えると、品質スコアが改善される可能性があります。
  • クリック率(CTR)でフィルタすると、表示回数は多いけれどクリック数は少ないキーワードがわかります。たとえば、クリック率が 1% 未満のキーワードを把握して、広告との関連性が高めるよう変更することができます。
  • First Page Bid の見積もりでフィルタすると、この見積もりを下回っているキーワードを確認できます。これを基にキーワードのクリック単価(CPC)を引き上げることで、広告が Google の検索結果の最初のページに表示されるようになります。また、自動化ルールを使用すると、キーワードの入札単価が First Page Bid の見積もりを下回っている場合に、自動的に入札単価を引き上げることができます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。