広告品質の改善

Google 広告では通常、ユーザーが最も関連性が高いと感じる広告で、最も優れた掲載結果が得られます。自分でウェブ検索やウェブ サーフィンを行う場合について考えてみると、関心のない情報は無視し、自分にとって関連性のある情報に集中しているはずです。たとえば、チョコレート チップ クッキーを探しているときは、ブラウザの Cookie についての広告が表示されても無視するでしょう。

ユーザーが何を探しているかわかっている場合は、ユーザーにとって関連性の高いキャンペーン、キーワード、広告、リンク先ページの提供に注力することで、ユーザーが広告をクリックする可能性を高めることができます。

以下は、広告をユーザーにとってより関連性の高いものにするためのヒントです。

1. テーマを絞り込んだ広告グループを作成する

ユーザーにとってより関連性の高い広告を表示するため、キャンペーン内の各広告グループのテーマは、1 つの商品やサービスに絞り込みます。クッキー好きのユーザーがクリックする可能性が高いのは、食品一般に関する広告よりも、クッキーについての広告です。関連性は広告の品質向上につながる要素ですが、メッセージを具体的にすることは関連性を高める方法の一つです。

焼き菓子の専門店でクッキーの詰め合わせを何種類か販売している場合、それぞれについて個別の広告グループを作成することを検討します。たとえばある広告グループは季節物のクッキー詰め合わせ専用に、別の広告グループは誕生日用のクッキー詰め合わせ専用にします。

2. キーワードを慎重に選択する

広告グループとリンク先ページのテーマに直接関係する、具体的なキーワードを使用します。通常は、1 語だけのキーワードよりも、2~3 語で構成されるキーワードのほうが効果的です。

クッキーの詰め合わせを販売している場合は、「クッキー ギフト パック」、「クッキー ギフト バスケット」などのキーワードが考えられます。「クッキー」や「ギフト」といったキーワードは一般的すぎるため、あまり効果が期待できません。

キーワードのアイデアが必要な場合は、キーワード ツールをお試しください。リストに追加すると効果のありそうなキーワードの候補をご提案します。

3. 広告テキストにキーワードを含める

キーワードを広告テキスト(特に広告タイトル)に含めることで、検索内容に直接関連性のある広告であることをユーザーにアピールできます。広告テキスト内に自分の検索クエリが含まれていれば、ユーザーはその広告が目的に関連するものであると考えます。

ギフト用のクッキーの詰め合わせを販売していて、「クッキー ギフト パック」というキーワードを使用している場合、広告テキストでも「クッキー ギフト パック」という表現を使用すると効果的です。

4. 特長を際立たせたわかりやすい広告を作成する

競合他社と比較して商品やサービスの優れた点、こういった差別化要素を広告で強調すると効果的です。送料無料サービスを実施している場合やセール中の商品がある場合、その他固有の機能や販促内容がある場合などは、必ずそのことを明記します。

5. 行動を促す具体的な表現を使用する

広告テキストには行動を促す具体的なフレーズを使用します。行動を促すフレーズにより、ユーザーに広告のクリックを促し、リンク先ページで何ができるかを示すことができます。行動を促すフレーズに使用できる語句としては、「購入」、「販売」、「注文」、「検索」、「お申し込み」、「見積もりを依頼」などがあります。

6. 複数の広告をテストする

広告テキストの表現や行動を促すフレーズをいくつか試して、目標を達成するうえでどれが最も効果的か分析します。Google 広告システムでは、広告グループ内の広告が自動的にローテーションで表示され、成果の高い広告がより多く表示されます。しばらくすると、広告によって掲載結果に差が生じ、どの広告テキストが効果的かがわかってきます。

7. キャンペーンの掲載結果を定期的に確認する

最適な結果を得られるようにキャンペーンをテスト、調整します。目標の達成に最適な方法を割り出すため、広告の掲載結果に注意を払います。継続的に広告の様子を見守ることで、クリック率コンバージョン率の変化にも気づきやすくなります。たとえば、ある広告テキストの行動を促すフレーズがあまりユーザーの反応につながっていないことがわかれば、その広告を削除して別の広告を試すことができます。ぜひさまざまな設定をお試しください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。