広告掲載の対象地域を絞り込む

Google 広告の地域ターゲティング機能は、広告の表示地域を指定できるだけでなく、費用対効果(ROI)を高める最適化ツールとしても使用できます。

掲載結果を地域ごとに確認することで、最も高い成果を上げている地域に予算を集中的に配分し、オンライン広告の配信を増やすことができます。

ここでは、地域ターゲティングの精度を向上させるためのヒントをいくつかご紹介します。

: ホテル広告キャンペーンでは、国または地域別でのみターゲットの設定や除外が可能です。

掲載結果を地域別に表示する

地域別の掲載結果データを参照すると、地域ごとの広告の表示状況を確認できるほか、地域別に掲載結果を比較することもできます。地域別のデータを比較すれば、重点を置くべき地域を特定したり、地域ごとに広告の効果を高める戦略を取ったりすることも可能です。

海外が拠点の広告主が、日本全国をターゲットにしたキャンペーンを運用しているとします。地域別の掲載結果データを参照することで、日本全国の都市でインプレッションを獲得していることが確認できます。東京と京都の掲載結果が高い場合は、その 2 つの都市に絞った新しい広告戦略を打ち出すこともできます。

地域別に予算の割り当てを調整する

地域によってキャンペーンの掲載結果に差がある場合は、掲載結果が優れている地域のみを掲載対象に設定したキャンペーンを作成することで、掲載結果が優れている地域でキーワードの入札単価や予算を引き上げ、表示回数を増やすことができます。同様に、成果の低い都市についても、そうした地域をターゲットにした専用のキャンペーンを作成することをおすすめします。この場合、キーワードは他のキャンペーンと同じものを使用しますが、キーワードの入札単価は低めに設定します。

シュノーケル用品の広告キャンペーンで全国をターゲットにしていたものの、売り上げの多くが沖縄に集中していることがわかったとします。この場合、沖縄のみをターゲットとするキャンペーンを作成すれば、沖縄での掲載結果を容易に確認し、必要に応じて予算を調整できます。

特定の地域で効果の高い広告テキストを作成する

その地域のユーザーの関心を引きそうな商品やサービスなど、独自のセールス ポイントを強調します。また、地域限定のプロモーションを実施するのも効果的です。

衣料品のオンライン販売で、赤い手袋の売り上げが福井県で突出していることがわかったとします。この場合は、福井県を掲載対象にした赤い手袋の広告を掲載することで、福井県のユーザーを引き付けることができます。

地域限定のランディング ページを使用する

ビジネスの対象地域別に複数のランディング ページを使い分けている場合は、各ユーザーの地域に合ったランディング ページを表示するようにします。これにより、ユーザーは最も関連性の高い情報をすぐに見つけることができます。

不動産を扱う広告主が、ウェブサイトに千葉県全域の分譲マンションのリスティングを掲載しているとします。このとき、千葉市内のマンションを探しているユーザーには、浦安市ではなく千葉市のマンションの情報を掲載したランディング ページを表示するようにします。

住所表示オプションでビジネス拠点の場所をアピールする

ビジネス拠点の場所をユーザーに知らせるには、広告に住所表示オプションを追加すると効果的です。住所表示オプションでは、ビジネス拠点の住所と電話番号を自然な形で広告に組み込むことができます。

住所表示オプションで指定したビジネス拠点がすべて日本国内にある場合は、そのビジネス拠点を中心とした一定の範囲内にいるユーザーに広告を表示できます。単価調整比を使用すると、その地域ごとに異なる入札単価を設定できます。

横浜市内で自転車修理店を経営しているとします。住所表示オプションを使用すれば、店舗の近くで修理店を検索したときに住所と電話番号付きで広告が表示され、急なパンクで困っているユーザーを店舗に招き入れることができます。

掲載結果の低い地域を除外する

クリックのコンバージョン率が常に低い地域や、広告を表示したくない地域は、ターゲットから除外できます。

全国をターゲットに設定していたものの、岡山県で発生するクリックのコンバージョン率が低いことがわかった場合は、広告の掲載対象から岡山県を除外できます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。