競合状況の分析機能とは

[最適化] タブのサイドパネルには [競合状況の分析] リンクがあります。この機能を使用すると、他の広告主様と比較したご自身の実績を確認できます。このデータで競合広告主様と比較した相対的な実績を把握すると、より多くの情報に基づいてご自身のアカウントに合った最適化候補のタイプを決定することができます。

この機能についての動画を見る

競合状況のデータからは次のようなメリットが得られます。

  • 同じ規模(競争力が同じレベル)の他の広告主様と比べて、掲載結果に問題がないかどうかを把握できます。
  • 最適化によって改善できる可能性がある掲載結果の項目を特定できます。
  • 新しい最適化の候補を探すことで、アカウントを拡大し、市場での競争力を高めることができます。

仕組み

[競合状況の分析] ページで、同じ規模(競争力が同じレベル)の他の広告主様の掲載結果と比較して、ご自身の掲載結果が平均値と比べてどうなのかを確認することができます。この機能の使用方法は次のとおりです。

1. 指標を選択します。
掲載結果は、表示回数、クリック数、クリック率(CTR)に基づいて比較できます。まず、これらの指標のうちで重視する項目を 1 つ選択します。ただし、掲載結果について総合的に判断するために最終的にはすべての指標を検証することをおすすめします。詳しくは、これらの掲載結果の指標に関する記事をご覧ください。

2. 各カテゴリを確認します。
キーワードやその他の要因に基づいて、広告内容に当てはまると思われるカテゴリのリストが表示されます。カテゴリを使用すると、Google 広告の掲載結果を、類似の商品やサービスを宣伝する他の広告主様の掲載結果と比較できます。表示されるカテゴリごとに、該当のトピックに関する検索語句に対して広告が表示されます。カテゴリが青色の場合、そのカテゴリをクリックすると、該当トピック内のサブカテゴリを表示できます。詳しくは、比較対象のユーザーに関する記事をご覧ください。

 

各カテゴリでの検索語句を表示

アカウント内の最も限定的なサブカテゴリごとに、広告を表示した Google の検索語句を確認できます。カテゴリ名をクリックすると、より限定的なサブカテゴリが表示されます。カテゴリ名がリンクになっていない場合、そのカテゴリ名は最も限定的なサブカテゴリです。その場合、[検索カテゴリを表示] リンクが表示され、このリンクで、該当のカテゴリに関連付けられる実際の検索語句のリストが表示されます。カテゴリが適切ではないと思われる場合は、除外キーワードを追加するか、既存のキーワード リストを見直して、関連性の低い検索に対して広告が表示されないようにすることを検討してください。
 

3. 選択した指標についてデータを確認します。
データに関するセクションが 2 つがあり、それぞれ独自の方法でデータを比較できます。

  • [比較範囲] では、そのカテゴリの他のすべての広告主様の掲載結果と比較した掲載結果が表示されます。掲載結果は 5 段階の分布範囲に分けられ、上位 20%、下位 20%、中間層など、ご自身の相対的な位置を把握することができます。

  • [棒グラフ] は、選択した指標に対して、同じ範囲で広告を掲載している広告主様の掲載結果との比較が示されます。

これらの比較の詳細

より詳細に分析するために、表示するデータをさらに絞り込む方法がいくつかあります。

  • カテゴリ名をクリックして、表示しているカテゴリを絞り込む。
  • 端のパネルのリストからキャンペーンまたは広告グループの 1 つを選択して、そのデータのみを表示する。
  • 特定の地域をターゲットに設定している競合他社様のデータを表示する。表の上の [競合状況をフィルタ] ボタンをクリックし、データを表示する場所を選択して、[適用] をクリックします。その場所をターゲットに設定している競合広告主様の広告と比べて、ご自身がどのような位置にあるかが表示されます。

4. 改善すべき点を検討します。
このデータを他のレポートや統計情報と併用し、変更内容がキャンペーンに適切であるかどうかを把握します。キーワードや、入札単価、予算を変更することで競争力を高められると思われる場合には、[候補を探す] ボタンをクリックすると、広告グループとキャンペーンごとにカスタマイズされた提案が表示されます。

特定の指標について競合他社様よりも劣っていることは必ずしも悪いことではありません。広告掲載の目標に応じて、成功の度合を最もよく反映する指標に注目してください。データに対する解釈と対処の方法に関するヒントも併せてご覧ください。

データについて

このデータの詳細については別の記事で説明していますが、ここでは、基本的な内容について説明します。

- 匿名データ: 競合広告主様の掲載結果データは集約して平均化されるため、すべての掲載結果データは匿名性を持ちます。同じオークションでの参加者を特定することはできませんが、同じカテゴリの競合広告主様と比べて、掲載結果の相対的な実績を把握することができます。

- 検索の掲載結果のみ: 分析では、Google 検索と検索ネットワークでの掲載結果データのみが使用されます。Google ディスプレイ ネットワークでの掲載結果は考慮されません。

- 期間: 比較分析で使用されるデータは、週に 1 回更新されるため、常に比較的最新のデータを確認できます。表の上部にある期間は、掲載結果データに含まれる期間を表しています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

false
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
73067
false