未適用のお支払いや調整額、失われたお支払いの解決方法

 

新しい Google 広告をご利用の場合、歯車アイコン は表示されません。代わりに、画面右上にあるツールアイコン をクリックし、[設定] の [ご請求とお支払い] を選択してください。

 

お支払い額や調整額をアカウントに適用できない場合があります。これは、お支払いや調整の対象となるアカウントや請求書の情報が不足し、対象を特定できないためです。また、Google への送金過程でお支払いが失われることもあります。

アカウントに適用されていないお支払いまたは調整額がある場合は、[料金] ページの [未払い額] の横に通知が表示されます。このページにアクセスするには、歯車アイコン をクリックして、[請求とお支払い] を選択します。お支払いが紛失した場合は、毎月の請求書(または下記のリスト)に記載のある Collections Team にお問い合わせください。

未適用の調整額

未適用の調整額(請求書に適用されていないクレジットなど)がある場合、次のいずれかの方法で適用することができます。

  • 次回の請求で、請求額から未適用の調整額を差し引いてお支払いください。たとえば、5,300 円の調整額が未適用で、次回の請求額が 20,000 円だった場合は、その差額である 14,700 円をお支払いください。Google でその請求書を決済いたします。適切にクレジットを適用するには、請求額から正しい金額を差し引きます。
  • お客様の地域の Google 広告 Collections Team にメールで連絡し、未適用の調整額を適用する方法をご確認ください。たとえば、調整額を 2 等分して未決済の請求書 2 件に適用するようリクエストできます。この際、必ず請求書番号と請求書ごとの適用金額を明記してください。

Collections Team に問い合わせる

Collections の共通エイリアス: collections@google.com

お支払いが失われた場合

お支払いが失われた場合は、お支払い証明書を添付したメールをお住まいの地域の Google 広告 Collections Team までお送りください。お支払い証明書には、銀行振込の領収書、銀行やクレジット カードの明細書などをスキャンした画像か、オンライン銀行やクレジット カードの口座のスクリーンショットを使用できます。

なお、お支払い証明書では次の情報を確認できるようにしてください。

  • お支払いの日付。可能な場合は、お支払いの前後 5 日間のお取り引きもすべて確認できるようにする
  • お支払い金額と通貨
  • 送金先の受け取り人(例: Google 広告)
  • 送金を行った銀行の名前

また、セキュリティ上、銀行やクレジット カードの明細書にある個人情報(特に銀行口座番号全体やクレジット カード番号の真ん中の 8 桁)は塗りつぶしてください。

次のステップ

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。