Google 広告で支払いが不承認になった場合の対応

  • お支払いが不承認となった場合は、その原因を特定していただく必要があります。
  • その原因は多くの場合、お取引先の銀行やクレジット カード会社にお問い合わせいただくことで特定できます。
  • そのうえで、お支払い期限の過ぎた料金を清算すると、広告掲載を再開していただけます。

お支払いが不承認になると、お支払いが処理されるまで広告掲載が停止される場合があります。不承認の原因と、それに応じた対処方法をご紹介します。

クレジット カードの不承認

1. 不承認の理由を特定する

不承認となったお支払い情報を表示するには、ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] の [料金概略] を選択します(今すぐ確認)。このページには、不承認となった日付、金額、理由(お取引先の銀行やクレジット カード会社から Google に情報が届いた場合)が表示されます。なお、お支払いの不承認は Google ではなく、クレジット カード会社やお取引先の銀行の判断です。不承認の理由が表示されていない場合、Google では理由がわかりませんので、お取引先のクレジット カード会社か銀行にお問い合わせください。

2. クレジット カード会社や銀行に問い合わせる

お支払いが不承認になった理由がわからない場合や、理由となった問題を解決できない場合は、クレジット カードを発行した銀行にお問い合わせください。不承認となったお支払いの問題を Google 広告でサポートすることはできません。お支払いの不承認を判断するのが、Google ではなく銀行であるためです。詳細についてはお取引先の金融機関にお問い合わせください。

  1. クレジット カード会社のサポート窓口に連絡します(連絡先については、カードの裏などをご確認ください)。
  2. Google 広告に対するオンラインでの支払いが不承認となったことを伝え、不承認となった日付と金額を伝えます。
  3. 不承認の理由を確認し、必要な対処を行います。
  4. 問題が解決したら、下記を参考に改めてお支払いください。
お支払いが不承認となる一般的な原因の解決策
  • 口座に十分な残高がない
    口座に十分な資金を入金したうえで、クレジット カードでの支払いを再度試してみます(以下のオプション A)。
  • クレジット カードのご利用限度額か 1 回の取引金額の上限を超えている
    クレジット カード会社に限度額の引き上げを依頼したうえで、クレジット カードでの支払いを再度試してみます(以下のオプション A)。
  • クレジット カードの有効期限が切れている
    新しいクレジット カードの情報を入力します(以下のオプション B)。
  • 入力したカード番号や CVV / CVN 番号が間違っている クレジット カード情報を間違えないように、改めて入力します(以下のオプション B)。
  • ご利用のクレジット カードではオンライン取引や国際取引が認められていない
    これらの取引を認めてもらうようにクレジット カード会社に依頼したうえで、クレジット カードでの支払いを再度試してみます(以下のオプション A)。または、オンライン取引や国際取引で利用できるクレジット カードを新たに登録します(以下のオプション B)。
  • 一定期間にクレジット カードに請求可能な上限回数を超えている
    クレジット カード会社に相談して問題を解決したうえで、クレジット カードの支払いを再度試してみます(以下のオプション A)。または、新しいクレジット カード情報を入力します(以下のオプション B)。
  • お客様の銀行が「強力な顧客認証」に対応していない場合があります。
    カードまたは EU 域内におけるお支払いの認証には「強力な顧客認証」が必要です。お客様の銀行が「強力な顧客認証」に対応しているかどうか、お客様の銀行に直接ご確認ください。対応していない場合は、別のお支払い方法を使用する必要があります。

3.広告の掲載を再開する

下記のいずれかの方法で、広告掲載を再開します。

  • クレジット カードの問題を解決したか、もう一度試したい場合は、Google 広告アカウントで改めてお試しください。
  • これまでのクレジット カードで問題を解決できない場合は、新しいクレジット カードをご登録ください。

注: お客様のカード発行会社または銀行が欧州経済領域にある場合、本人確認のために、スマートフォンにワンタイム コードが送信されるなどの追加の認証手続きが必要となる場合があります。お支払いの際、新しいクレジット カードまたはデビットカードを追加する際、あるいはカード発行会社や銀行の裁量でこのような追加の認証手続きを求められることがあります。

Google は、欧州経済領域の Payment Services Directive 2(PSD2)により銀行や決済代行業者に課せられる新しいセキュリティ要件に準拠しています。ご不明な点がありましたら、カード発行会社または銀行に直接お問い合わせください。

オプション A: 既存のクレジット カードでのお支払いを再度試す

既存のクレジット カードでのお支払いを再度試す場合:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] で [料金概略] を選択します。今すぐ確認
  3. [お支払い方法] をクリックします。
  4. [修正] と表示されているクレジット カード情報を見つけます。
  5. すべてのカード情報が正しいことを確認します。必要に応じて、お取引先の銀行かクレジット カード会社にご連絡いただき、カードが Google 広告 で利用可能かどうかを確認してください。
  6. お支払い方法に問題がないことを確認したら、そのクレジット カード情報の上にある [修正] をクリックします。

次の手順

既存のクレジット カードが再度有効になると、未払い残高に対する請求が自動的に行われます。お支払いの処理にかかる時間は数時間程度です。1 営業日以内にお支払い処理が完了しない場合は、手順は次のとおりです。

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] で [料金概略] を選択します。今すぐ確認
  3. [お支払い] ボタンをクリックします。
  4. 今回の使用するお支払い方法を選択します。具体的には、すでにアカウントに登録してあるお支払い方法を選択するか、新しいお支払い方法を追加します。
  5. お支払い額を入力します。広告掲載に必要な最小金額が [(最小お支払い額)] の横に表示されます。[お支払い] をクリックします。
  6. お支払い情報に間違いがないことを確認し、[お支払い] をクリックします。

新しいお支払い方法で未払い残高を清算された場合も、それとは別にメインのお支払い方法を有効にしておく必要があります。そうしていただかないと、その後の費用が新しいお支払い方法に請求されたり、広告掲載が再び停止されたりすることがあります。

オプション B: 新しいお支払い情報を入力する

メインのお支払い方法として別のクレジット カードを指定する、あるいはクレジット カード情報を入力し直す場合:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] で [料金概略] を選択します。今すぐ確認
  3. [お支払い方法] をクリックします。
  4. クレジット カード番号以外の情報を編集する場合は、対象のクレジット カード情報を探して [編集] をクリックします。
  5. クレジット カード番号の編集や新しいクレジット カード情報の追加を行う場合は、[お支払い方法を追加] をクリックして新しい情報を入力します。
  6. [保存] をクリックします。
  7. 今入力したクレジット カード情報を探し、[メインのお支払い方法に設定] をクリックします。これで、入力したクレジット カード情報がメインのお支払い方法となります。

お支払い情報の入力が完了すると、未払い残高の請求が行われます。

ヒント

広告の掲載が中断されないように、予備のクレジット カードを登録しておくことをおすすめします。予備のクレジット カードに対しては、メインのお支払い方法が不承認となった場合に限って請求が行われます。

口座振替(銀行口座)での不承認

銀行口座によるお支払いがアカウントで [不承認] と表示された場合は、お取引先の銀行口座に対する Google の請求が許可されなかったことを示しています。この場合、広告掲載を再開するには次の手順を行ってください。

1. 不承認の理由を特定する

不承認となったお支払いに関する情報は [料金の履歴] ページでご確認いただけます(今すぐ確認)。このページには、不承認となった日付、金額、理由(お取引先の銀行から Google に情報が届いた場合)が表示されます。なお、お支払いの不承認は Google ではなく、お取引先の銀行の判断です。不承認の理由が表示されていない場合、Google では理由がわかりませんので、お取引先の銀行にお問い合わせください。

2. 銀行に問い合わせる

お支払いが不承認になった理由がわからない場合や、問題を解決できない場合は、お取引先の銀行にお問い合わせのうえ、不承認の理由と解決方法を教えてもらってください。お支払いが不承認になった場合、Google 広告サポートチームではサポートいたしかねます。お支払いの不承認とする判断は、Google ではなく銀行が行うためです。

お取引先の銀行へのお問い合わせ方法:

  1. お取引先の銀行のサポート窓口に電話します(通常は銀行のウェブサイトに連絡先が記載されています)。
  2. Google 広告のお支払いをオンラインで行おうとしたが不承認となったことを伝え、不承認となった日付と金額を伝えます。
  3. 不承認の理由を確認し、必要な対処を行います。
  4. 問題が解決したら、下記を参考に改めてお支払いください。
お支払いが不承認となる一般的な原因の解決策

3. 広告の掲載を再開する

下記のいずれかの方法で、広告掲載を再開します。

オプション A: クレジット カードまたはリアルタイム銀行振込で支払う

クレジット カードでお支払いを行うと、最も迅速に広告掲載を再開できます。一部の国(オーストリア、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン)では、リアルタイムの銀行口座振込(電子決済)もご利用いただけます。通常の銀行口座振込は、これらのお支払い方法よりも処理に時間がかかるためおすすめしません。

クレジット カードかリアルタイムの銀行口座振込でお支払いいただくと、通常は 1 営業日以内にお支払いが処理され、その後 24 時間以内に広告掲載が始まります。

メインのお支払い方法として今後も口座振替をご希望の場合は、まとめ払いで未払い残高をお支払いのうえ、下記のオプション B の方法で口座振替をもう一度有効にしてください。

お支払いの手順:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] で [料金概略] を選択します。今すぐ確認
  3. [お支払い] ボタンをクリックします。
  4. 今回の使用するお支払い方法を選択します。具体的には、すでにアカウントに登録してあるお支払い方法を選択するか、新しいお支払い方法を追加します。
  5. お支払い額を入力します。広告掲載に必要な最小金額が [(最小お支払い額)] の横に表示されます。[お支払い] をクリックします。
  6. お支払い情報に間違いがないことを確認し、[お支払い] をクリックします。新しいお支払い方法を使って未払い残高を清算した場合は、メインのお支払い方法を有効にするよう、引き続きメッセージが表示されます。
  7. まとめ払いの処理が完了したら、メインのお支払い方法を更新するか再度有効にして、今後も使えるようにしてください。

口座振替でのお支払いが不承認となった A さんは、停止された広告掲載をできるだけ早く再開するため取引先の銀行に問い合わせ、口座に十分な資金がなかったことが不承認の理由だったことを確認しました。

そこで A さんは広告掲載を再開するため、[お支払い] ボタンを使ってクレジット カードでまとめ払いを行いました(オプション A)。また今後も口座振替を継続するため、銀行口座を Google 広告で再度有効にしました(オプション B)。そのうえで、常に銀行口座に Google 広告の請求額に対して十分な残高を準備しておくようにしました。

オプション B: 銀行口座によるお支払いを再度有効にする

問題を解決した銀行口座に対する未払い残高の再請求をご希望の場合:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] で [料金概略] を選択します。今すぐ確認
  3. 左側のメニューで [お支払い方法] をクリックします。
  4. [修正] と表示されている銀行口座を見つけます。
  5. 銀行口座情報に間違いがないことを確認します。必要に応じて、ご利用の銀行や金融機関にお問い合わせのうえ、Google 広告 アカウントで使用可能かどうかをご確認ください。
  6. その銀行口座が使用可能であることを確認したら、[修正] をクリックします。
  7. 銀行口座を再度有効にすると、通常は 4 営業日以内にお支払いが処理され、その後 24 時間以内に広告掲載が始まります。通常、クレジット カードによるお支払いの方が広告掲載が再開されるまでの時間は短いため、まずオプション A を試してみることをおすすめします。
Google 広告を開く

銀行口座を再度有効にすると、通常は 4 営業日以内にお支払いが処理され、その後 24 時間以内に広告掲載が始まります。通常、クレジット カードによるお支払いの方が広告掲載が再開されるまでの時間は短いため、まずオプション A を試してみることをおすすめします。

オプション C: 新しい銀行口座を追加する

このお支払い方法で別の銀行口座を使ってメインのお支払い方法とする場合は、メインのお支払い方法を変更したうえで、新しい口座振替の認証をお送りいただくか、新しい銀行口座でテスト デポジットの確認手続きを行ってください。このため、お客様が新しい銀行口座情報を追加してから、その銀行口座に対して未払い残高の請求が行われるまで、通常は 5 営業日程度かかります。

メインのお支払い方法で使用している銀行口座を新しい口座に変更する場合:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] で [料金概略] を選択します。今すぐ確認
  3. [お支払い方法] をクリックします。
  4. 対象のお支払い方法を探して [編集] をクリックします。
  5. 新しい情報を入力します。そのうえで広告掲載を再開するには、新しい口座振替の認証をお送りいただくか、新しい銀行口座の確認手続きを行っていただく必要があります。新しい銀行口座の確認手続きが必要な場合は、アカウントに表示される手順に従ってください。
  6. 完了したら、[保存] をクリックします。お支払い情報を入力し、銀行口座の認証の送付か確認手続きが完了すると、未払い残高に対する請求処理が始まります。

ヒント

広告の掲載が中断されないように、予備のクレジット カードを登録しておくことをおすすめします。予備のクレジット カードに対しては、メインのお支払い方法が不承認となった場合に限って請求が行われます。

毎月の請求書発行によるお支払いの不承認

お支払い設定を自動支払いから毎月の請求書発行に変更したばかりで、未払い残高が残っている場合:

  1. Google 広告アカウントにログインします。
  2. ツールアイコン をクリックし、[請求とお支払い] で [料金概略] を選択します。今すぐ確認
  3. 左側のメニューで [お支払い設定を移行する] をクリックします。
  4. お支払いを行う請求先アカウントをクリックします。
  5. 左側のメニューで [概要] をクリックします。
  6. [お支払い] をクリックし、未払い残高に対するお支払いを行います。

AdWords のご利用を停止される際は、次の点にご留意ください。

  • 最後のお支払いが不承認となった場合は、AdWords の利用を停止する前にその料金をお支払いいただく必要があります。
  • AdWords のご利用を停止すると、その時点での未払い残高がその後 60 日以内に、登録したお支払い方法に請求されます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。