地域ターゲティングの詳細設定

世帯収入に基づく地域ターゲティングは、自動的に年齢や性別によるターゲティングに移行されます。世帯収入によるターゲティングに変更を加えたり、レポートを表示したりするには、Google 広告アカウントの [ユーザー属性] セクションを使用してください。

地域ターゲティングの設定では、以下のいずれかを指定してユーザーをターゲットに追加または除外することができます。

  • ユーザーがいる可能性が高い地域
  • ユーザーが関心を示している地域

デフォルトでは、地域ターゲティングにはユーザーがいる地域と関心を示している地域の両方が含まれますが、上級者の方は上記の設定を使用して、ターゲティングをいずれかのカテゴリの一部の地域に絞り込むことができます。この記事では、地域ターゲティング除外地域の詳細設定について説明します。なお、地域ターゲティングの詳細設定は、検索ネットワークとディスプレイ ネットワークで掲載される広告にのみ適用されます。

地域によるターゲティング オプションの比較

デフォルトでは、ターゲット地域にいる可能性が高いユーザーや、ターゲット地域を頻繁に訪れているユーザーのほか、その地域に関心を示しているユーザーにも広告を表示できます。ユーザーの関心を判断する材料のひとつは検索語句です。また、ユーザーが最近その地域にいた場合や、その地域に関連するコンテンツ(ページやサイトなど)を閲覧した場合にも、関心があるとみなされます。

ユーザーが関心を示している地域は「関心対象地域」とも呼ばれ、Google 検索のどのドメインでも識別されます。詳しくは、ユーザーの所在地と関心対象地域を判別する方法の説明をご覧ください。

別のターゲティング方法に切り替えることもできます。次に、Google 広告で使用可能なターゲティング オプションについて確認しましょう。

ターゲット地域にいるユーザーと、ターゲット地域に関心を示しているユーザーに広告を表示する

このデフォルトのオプション(推奨)を使用すると、ターゲット地域にいる可能性が高いユーザーや、ターゲット地域を頻繁に訪れているユーザーのほか、その地域に関心を示しているユーザーにも広告を表示できます。

ほとんどのキャンペーンでは、デフォルトのターゲティング オプションから別のオプションに切り替えると、インプレッション数が減少します。ターゲティング オプションは、キャンペーンのトラフィックを絞り込みたい場合にのみ変更することをおすすめします。

ターゲット地域にいるユーザー、またはターゲット地域を定期的に訪れているユーザーにリーチする

このオプションでは、ターゲット地域にいる可能性が高いユーザーや、ターゲット地域を頻繁に訪れているユーザーに広告を表示できます。ターゲット地域に関する情報を検索したものの、検索時の所在地がターゲット地域以外の場所であり、ターゲット地域に頻繁に訪れることがないユーザーは、広告の表示対象にはなりません。

ターゲット地域に関する情報を検索しているユーザーに広告を表示する

このオプションでは、Google でターゲット地域に関する情報を検索しているユーザーに広告を表示できます。検索に特定の地域が使用されていない場合は、ユーザーの所在地に基づいて広告が表示されます。

地域による除外オプションの比較

デフォルトでは、除外地域にいるユーザー、または除外地域に関心を示しているユーザーが除外されます。

除外地域にいるユーザーのみを除外するようデフォルト設定を変更することもできます。使用可能な除外オプションと仕組みについて、サンプル キャンペーンで確認しましょう。

除外地域にいるユーザー、または除外地域に関心を示しているユーザーに広告を表示しない

このオプションでは、除外地域にいる可能性が高いユーザー、または除外地域に関心を示しているユーザーに広告が表示されなくなります。

除外地域にいるユーザーに広告を表示しない

このオプションでは、除外している地域にいる可能性が高いユーザーに広告が表示されなくなります。これらの地域以外のユーザーは、引き続き広告の表示対象となります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。